高架下の書店でJRE POINT

株主優待で図書カードをたくさんもらって、本を買わないとなと思っていたところ、

ムックの新刊を買うことにして発売日に市内の書店に行った。

よく行く大型書店にはまだ入ってなかったのだが、別の店にあった。

というわけで図書カードで購入したのだが、「JRE POINTはありますか?」と聞かれた。

そうか。ここJRの高架下のショッピングモールでしたね。


以前、ビックカメラSuicaカードを呈示してダメだった覚えがあるけど……

と思いながら、とりあえずダメ元で出してみるかと思うと、

ICチップで読み取るようでクレジットカードの端末に差し込むように促され、

ちゃんとポイントが積算されたようである。

あれ? できるんだ。


てっきりJRE POINTと紐付けるシステムが変わったのだと思ったが、

この記事を書くために改めてカードを見てみると、当時からカードが更新されて、

JRE POINT番号が記載されたカードになっていたらしい。

JRE POINTカード機能が搭載されていないビューカードをJRE POINT加盟店でおトクにご利用いただくために (ビューカード)

あまり意識していなかったというか、なんぼほど使う機会がなかったのかという話だが。


それにしても会員情報の読み取りでもICチップなんですね。

ただ、最近はそうなのかもなとイトーヨーカドーで8のつく日にセブンカード(だと思う)を挿入して現金払いしている人を見ることを思いだした。

正直煩わしいと思う。大したポイントが貯まるわけでもなし。


あとは最近はJRE POINTをアプリ画面のバーコードで貯めることもできると。

これ登録してればカードの対応状況によらずできるわけですよね。

ただ全ての加盟店が使えるというわけでもないらしい。

だから対応カードがあればカードの方が無難だと。そういうもんなんですね。