Adblock用ブラウザがある

Webサイトの広告にも度が過ぎたものが多いので、

従来からPCではAdblock Plusの拡張機能をChromeに入れて対応してきた。

あんまり意識してないけど、ちゃんと効いてるみたいですね。

全画面表示の広告とかちゃんとブロックできてるみたいだし。


スマートフォン・タブレットは画面サイズに限りがある中で、

画面がほとんど広告に覆われてしまうこともしばしばある。

特に最近はGoogleがページ遷移時に全画面表示でブロックする広告を多用している。

Googleの全画面広告を表示しないように設定する方法 (サイト運営者の設定) (ぱらめでぃうす)

サイト管理者もこれはあんまりだと無効化していることもあるようだが、

こういう広告が出ることでサイトを去る人も多いという悪影響もあるからだ。

しかし意図せずに導入してそのままというサイトも多い。


しかしAndroidのChromeはPCのChromeと同じ拡張機能は入らないのである。

Adblockのためのアプリがあるが導入方法が複雑なこともしばしば。

それで諦めていたのだが、さすがにあまりにひどいだろうと思い調べたら、

Adblock機能が組み込まれたブラウザというのがあるんですね。

Adblockブラウザー (Google Play)

開くとABPというアイコンが表示されている以外はChromeとうり二つの見た目。

それもそのはず。Chromiumベースのブラウザに最小限のカスタマイズをしたものだからだ。


標準のフィルタだといろいろ足りなかったので調べてあれこれ追加。

それでこのブラウザで今まであまりにひどいと思ってたサイトをいくつか見てみたが、

画面の大半が広告で占拠されたり、全画面広告が出てくるようなことはなくなった。

早く導入しとけばよかったと後悔するほどに快適だった。

広告ブロックするとコンテンツが見られないような対抗措置にあうかと思ったが、

今まで煩わしいと思っていたサイトではあまり問題にならないようだ。


ただし、このブラウザはChromeの代わりになるものではないと考えている。

というのもパスワード管理がGoogleとは独立したものが備わっているためである。

アプリによってはGoogleや他のアプリのパスワード入力機能が使えることがあるが、

ブラウザ系のアプリはだいたいダメみたいですね。

なので、ログインが絡むところはChromeを使うのが基本になりそうだ。

広告が煩わしいのと、会員制サイトというのはだいたい両立しないので。

そのため今後も主たるブラウザはChromeである。


こういう機能を備えたAndroid用のブラウザはけっこういろいろあるらしい。

Vivaldiもそうなんですね。この名前を見て気付くかわからないが前身はOperaである。

そういえば昔はOpera使ってる人もちらほらいたよね。

結局のところ、これもChromiumベースであって、付加価値としてAdblockがあると。

しかし、どれを使っても結局はパスワード管理はそれぞれのブラウザで行われる。

そこがGoogleに連動するのがChromeであり、連動しないことが他のブラウザの長所だから。


Adblockが普及することによって広告収入を失うことはサイトの運営者にとっては問題である。

そこで自衛策として、広告が読み込まれなければ、ページを読ませないというような対策が取られることがある。

時々そういうサイトに遭遇しますけどね。でも昔より減った気がするな。

Adblockを有効化してると見られないようにするより、Adblockが普及している現状を受け入れた上で、

Adblockがあっても異常な動作とならないが、できるだけAdblockを回避して広告を出せるようにするという設計が求められているのかも知れない。

確かに取り除けない広告はけっこうある。Adblock Plusの機能不足というのもあるっぽいが。

しかし、目的のコンテンツと巧妙に混ぜられると除去できないのも道理とは思う。


とはいえ、今回の目的としてはこれでとりあえず満足。

あの全画面広告とか何タイプかの広告が除去できればとりあえずはいいや。