線路は同じで会社は2つできっぷは?

成田空港へのアクセス手段として、東京駅からのバスが便利だと思うが、

定時性の面から鉄道に人気があるのは確かであって、

その中でも成田スカイアクセス(京成成田空港線)は速い手段である。

本数とか発着地は課題ではあるんですけどね。

本数については一部区間が単線であることが要因の1つである。

2本の線路を2社で分けたせい


そんな京成成田空港線だが、一部区間は北総鉄道の線路を使っている。

運賃のみで利用できるアクセス特急は北総線の主要駅に停車して、

新線区間の印旛日本医大~成田空港については各駅停車である。

このため、京成のアクセス特急は北総区間の通勤電車としても機能しているし、

もしかするとそっちの利用者の方が多いかも知れない。


さて、電車に乗るにはきっぷが必要である。

ここで北総線と京成成田空港線が同じ線路を走る区間はどちらの会社のきっぷを買うか?

実のところ、この区間ではどちらの会社のきっぷを買うか意識する必要はない。

なぜならば京成成田空港線と北総鉄道の運賃表は同じだからである。

押上~(成田空港線経由)~成田空港のような利用は、通常は全区間京成と考えられるが、

押上~高砂と高砂~成田空港に分けて、前者は京成の従来の運賃表、後者は成田空港線の運賃表を当てはめて運賃を計算して合算する。

成田空港線の運賃表は北総線の区間では北総鉄道の運賃と同額になっている。

このため、押上~千葉ニュータウン中央は高砂~千葉ニュータウン中央を北総と解釈しても京成と解釈しても運賃は同額となり、きっぷは区別しない。

アクセス特急の停車しない駅(ex.白井)は京成の駅はないが、アクセス特急への乗換はできる。

白井~成田空港のようなきっぷは形式上は北総・京成の連絡乗車券だが、実際には全区間を京成成田空港線の運賃表に当てはめた運賃になる。


このように同じ線路で同じ区間を複数の会社の列車が運行するようなケースはしばしばある。

南海・JRの関西空港~りんくうタウンなんかもそうだけど。

ここの場合は関西空港駅の改札口は別だから、どっちに乗ったかはわかる。

ただ、運賃は揃えてあるのと、りんくうタウン駅の改札が共通なので、関西空港駅で出る側については両社のきっぷを受け付けるそう。これは救済措置ですね。

井原鉄道の清音~総社はJR伯備線の線路を走り、この区間の運賃だけは合わせてあるが、改札は分けてるし、厳密に乗る列車の会社のきっぷが必要らしい。

そういう区別も全くない区間はどうなるかという、こんな感じ。

  • 目黒~白金高輪 : 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線
    • 目黒~白金高輪はきっぷの種類によらず、どちらの電車にも乗車可能
    • 白金高輪を挟んで南北線方面は東京メトロ、三田線方面は都営交通のきっぷを買って乗車
    • 目黒~白金高輪だけの場合は両社がともに東京メトロの運賃で販売
  • 高速神戸~新開地 : 阪神・阪急神戸高速線
    • (阪神)三宮~西代・(阪急)三宮~新開地・(神鉄)湊川~新開地は3社共通の運賃表なので区別しない
  • 七尾~和倉温泉 : のと鉄道・JR七尾線(特急のみ)
    • 七尾~のと鉄道各駅は のと鉄道 のきっぷを購入して乗車
    • 和倉温泉~JR各駅はJRのきっぷを購入して乗車、紙のきっぷは のと鉄道の普通列車も利用可能だが、ICカードはJR特急利用時のみ利用可能
    • 七尾~和倉温泉は乗る会社(普通は のと鉄道)のきっぷを買う、運賃はJRの運賃に準ずる
  • 北千住~綾瀬 : 東京メトロ千代田線・JR常磐線
    • 北千住~綾瀬~JR各駅、綾瀬~北千住~JR各駅はJRのきっぷを買う
    • 綾瀬~北千住~東京メトロ各駅、北千住~北綾瀬は東京メトロのきっぷを買う
    • 北千住~綾瀬は東京メトロのきっぷを買うが、運賃はJRに準じる

こうしてみると各区間全く違いますね。

南北線・三田線はどちらも一部は白金高輪折り返しでもう一方の路線からの電車に接続するので、区別するとものすごく使いにくくなるので完全不問なんですね。

(だから、都営まるごときっぷ で南北線の電車に乗っても問題ないらしい)

券売機は分けて設置されているが、この区間に限れば両社とも買えるのは意外に珍しい。

神戸高速線は北総線・京成成田空港線と似ていて各社運賃表が一緒なんだけど、

これは神戸高速鉄道というトンネル会社(トンネルを保有して、車両・乗務員は各社から借りるのに、運賃は徴収するからこう言われた)の名残ですね。

対象区間では境界駅で分けて運賃を計算して合算するルールを引き継いでいる。

(神戸高速以前から阪神本線だった元町~阪神各駅だけは阪神の運賃表で計算する)


JR絡みはどちらも複雑である。

七尾~和倉温泉については、七尾~輪島をのと鉄道に移管したが、特急だけは和倉温泉への乗り入れを継続したため、このようなことになった。

さらにICOCAが七尾線に導入されたが、のと鉄道の列車は対象外ということでさらに複雑化した。

北千住~綾瀬はこの区間の各停の運行は完全に東京メトロ扱いなんですよね。

しかし、北千住~(綾瀬)~取手で見ると、JR常磐線の快速と各駅停車の線路が別にあり、快速線には綾瀬駅のホームはないので、北千住~綾瀬をJRのきっぷで使えないと困るのだ。

それでも北千住~綾瀬が東京メトロ扱いである理由は、北綾瀬駅に車庫があるから。

常磐線に各駅停車の線路を作るときに、北千住~綾瀬~北綾瀬(当初は駅なしで車庫のみ)は当時の交通営団に建設させて、北千住~綾瀬の運行を移管したんですね。

いろいろ難しい事情のある区間だが、どっちのきっぷを買うかは上のようなルール。


成田スカイアクセスは従来から北総線を使っていた人たちによい影響を与えている。

というのも北総鉄道は建設費がかさんだため、運賃が高いということが言われており、しばしば政治問題化した。

しかし、成田スカイアクセスでこの区間の鉄道を利用する人が増えた。

この場合、運賃は京成の収入となるが、京成は線路使用料を北総鉄道に支払うことになる。

しかし、結果的には北総鉄道としての収入が増えることに違いは無い。

北総線と京成成田空港線の運賃表は同じだと書いたが、北総線区間のみの利用であれば、成田空港関係の利用よりも割安な運賃を設定している。

ここには千葉県などからの政治介入もあったわけだが、それが実現できたのは成田スカイアクセスによって、北総線の利用者が実質的に伸びたことが大きい。

この割引額は今年10月よりさらに大きくなる予定である。