複乗できるという意味らしい

昨日、片道きっぷでは基本的に同じ区間を2回乗ってはいけないが、

分岐駅通過の特例や○○市内発着の場合はその限りではないということを書いた。

博多~新下関の新幹線の罠

そんな中、今月開業予定の西九州新幹線で割引きっぷに限ってこういうものがあるらしい。

かもめネットきっぷ (JR九州)

「浦上・長崎」という発着駅表記、そして注意書きにはこういう記載が。

〇きっぷに表示された方向にしたがって使用する場合に限り有効です。 ただし、発着を「浦上・長崎」とする設定区間の場合は浦上~長崎を復乗できます。


そもそも西九州新幹線はどういう路線なのか。

今月の開業時点では、佐世保線の武雄温泉駅から長崎駅に至る区間が開業する。

従来、福岡方面から長崎と佐世保へ向かう列車が分かれていたのは肥前山口駅(新幹線開業日から江北駅に改名)である。

ここからもう少し佐世保方面に進んだ武雄温泉駅が新幹線の当面のスタート地点である。

ここから嬉野温泉・新大村・諫早・長崎と駅が設けられる。

嬉野温泉は新幹線単独、新大村は大村線との乗換駅、諫早は大村線と長崎本線(在来線)の乗換駅、長崎駅も長崎本線の駅である。

この特徴から、諫早~長崎は長崎本線(長崎トンネル経由)と新幹線が同一視されることになる。


新大村~諫早も大村線と完全に平行するが、ここは別路線扱いになる。

偶然、大村線に平行しているだけで、路線の性質が全く違うためだと思う。

また、江北~諫早は長崎本線と佐世保線+新幹線はルートが大きく違うため同一視されない。

この区間の長崎本線は新幹線の並行在来線にあたるということで、JRとしては撤退を申し入れているが、

結果的には設備を一般社団法人佐賀・長崎鉄道管理センターに移管して、JRの路線として運行することになった。

新幹線と在来線のルートが大きく異なるため、沿線の反発が大きく、このような形になったとされている。

一応、福岡方面への直通列車も一部区間では継続して運行される。


さて、それで冒頭の話に戻るわけだが、浦上駅というのは長崎駅の隣の駅である。

現在は特急を含む全ての列車が停車し、利用者数も多い。

浦上駅は長崎駅の隣の駅という以外に、長与経由の旧線との分岐駅という側面もある。

長与~浦上~福岡方面という利用をする利用者も多いそう。これも全列車停車の理由だそう。

しかし、新幹線開業後は新幹線は長崎駅にしか停車しなくなる。

なので、浦上~長崎に分岐駅通過の特例が設定されるようになる。

なので長与~長崎~(新幹線)~武雄温泉は1枚の乗車券で利用できる。

しかし、浦上~長崎~(新幹線)~武雄温泉はそうではない。長崎駅できっぷを分けるのが本来である。

でも、この「浦上・長崎」と書かれた割引きっぷではこういう利用も可能だと。


あくまでも割引きっぷに限ったルールだが、一般の乗車券に似たようなルールが適用されるところがある。

それが大阪~新大阪である。

東海道新幹線の開通時、将来の山陽新幹線との直通も見据えて、淀川右岸に新大阪駅が作られた。

新大阪駅は東海道本線で大阪駅から京都側に1駅行ったところにある。

大阪駅から新幹線を利用する場合、東京方面であれば特に問題はないのだが、

岡山方面となると新大阪駅は大阪駅より1駅遠いところにあるので、いくつかの特例が設けられた。

その1つが新大阪または大阪発着で、姫路より先へ行くきっぷは、大阪駅からの運賃で計算し、きっぷには「大阪・新大阪」と記載するというものである。

「そんなのあったっけ?」と思った人もいるかもしれないが、200km超の場合は大阪市内発着となる規定が適用されるため対象外となる。


このルールは従来、大阪駅から岡山方面の特急を利用していた人が、新大阪駅から新幹線を利用する場合でも不利にならないように設けられたものである。

難波~梅田/大阪~岡山方面と難波~新大阪~岡山方面を移動する場合、JRの運賃部分は同額で利用できるということですね。

同じなのは運賃だけで、地下鉄の運賃や特急料金は従来から変わるわけですけど。

しかし、それだけでなく「大阪・新大阪」と記載されたきっぷは、大阪~新大阪~新幹線 という利用も認めている。

とてもおおざっぱな理解としては大阪~新大阪は市内発着とならないきっぷでも複乗を認めているということですね。


もっともこの区間は新神戸駅の存在により、新幹線と在来線を別扱いできる区間である。

だから「大阪~新大阪」の分岐駅通過の特例は新幹線のためのルールではないんですね。

これは くろしお・はるか(西九条~新大阪の短絡ルートは大阪駅を形式上通過している)を想定したルールである。

とはいえ、実質的には分岐駅通過の特例に近いルールはあって……

旅客営業規則 / 第2編 旅客営業 -第4章 乗車券類の効力 -第2節 乗車券の効力 (JR東日本)

大阪~西明石は新神戸経由(新幹線)・神戸経由(在来線)のどちらかのきっぷで他方も乗車できるが、きっぷに書いてない区間では途中下車できないと。

このため、鶴橋~岡山のようなきっぷは、大阪~西明石は距離が短い在来線経由のきっぷを購入して、新大阪から新幹線を利用することができる。

ただし、新大阪・新神戸では途中下車できない。あまり問題はないかと。


この他、新幹線絡みの折り返し乗車が問題となりやすいのは、京都~山科もあるが、

ここは京都市内発着のきっぷであれば市内での複乗は問題とならない。

山科~京都~名古屋みたいなのは救済されないが、かつて存在した新幹線回数券ではこの距離でも「京都(市内)~名古屋(市内)」として設定されていた。

今はそういう割引きっぷはないと思うけど。


「浦上・長崎」と「大阪・新大阪」については折り返し乗車も想定したルールだが、

一般に乗車券に複数の駅名が書いてあっても、その中で折り返しできるかというと、それはなんとも言えない。

運賃帯が同じ複数駅のきっぷを1枚にまとめたきっぷもあるようだから。

そんなの見ることはまずないですけどね。


あと、これは完全な余談だけど、新横浜駅絡みでこんな特例があるんだね。

旅客営業規則 / 第2編 旅客営業 -第4章 乗車券類の効力 -第2節 乗車券の効力 (JR東日本)

新横浜~横浜間発着で、小田原より先に行くきっぷは在来線経由か新幹線経由かどちらかのきっぷで他方も乗車できる。

横浜市内となる距離ではない横浜~三島だと在来線経由のきっぷで、新横浜まで行って新幹線に乗ってOKと。

ただし、きっぷに書いてあるのと異なるルートでは途中下車はできない。

意図は「大阪・新大阪」に似ているが、小田原~横浜と小田原~新横浜は運賃計算上の距離は同じなので、運賃を揃えるためのルールは不要である。

あと、横浜~新横浜~三島というきっぷも買えるんですよね。

この点は「大阪・新横浜」と異なる。こちらは大阪~新大阪~岡山というきっぷは存在しないので。