根岸線は市電の代わりでニュータウン路線

先日、新横浜駅から東神奈川行きの電車に乗っても、桜木町・関内まで乗換1回で済むという話を書いた。

新横浜駅は便利か知らないけど

この両駅は横浜~大船を結ぶ根岸線の駅である。

京浜東北線で大船行きとあれば、この根岸線経由の大船行きということであって、

大船駅は東海道線の駅でもあるけど、京浜東北線の電車は横浜からは大きく異なるルートを走る。

ということに気づいたのは実は1年前ぐらいの話でなんだけど。


この根岸線、全線開通したのは1973年と比較的新しい路線である。

でも、一番古い区間は1872年開通、この年は日本で最初に鉄道が開通した年ですね。

日本で初めて鉄道が開通したのは新橋~横浜と言われるが、

実はこのときの横浜駅というのが現在の桜木町駅である。

ただ、行き止まり式の駅だったので、この駅を越えて東西に走る列車は方向転換を強いられ、

これでは不便だと言うことで短絡線が設けられ、横浜駅は短絡線上に移転することになった。

横浜駅は2回の移転を経て1928年に現在地へ、初代横浜駅は桜木町駅に改名された。

横浜~桜木町は東海道本線支線として1駅間の盲腸線となったが、

東海道本線の各駅停車である京浜線(後に北進し京浜東北線となる)の発着駅として使われたという。


その後も長らく1駅間の支線のままだったのだが、1964年に磯子まで延長され、根岸線と命名された。

だから、歴史が古いのは1駅間だけで、あとは日本の鉄道路線では比較的新しい方である。

そんなこともあってか、この路線には路面電車の代替とニュータウン輸送という役目があって、

私鉄ならともかくJRの路線としては珍しいなと思う。

そもそも路面電車を地上の鉄道で代替するというのが珍しいと思う。


路面電車を代替した区間というのは、横浜~磯子あたりが該当する。

もともと横浜駅から花園橋(現在の横浜スタジアム付近)、本牧を経て根岸方面に至る路線があって、

根岸線開通で利用者が減少して、当時、道路状況の変化で路面電車の運行が難しくなり、根岸線開通を追うように市電は廃止されたという。

もっとも根岸線は本牧付近は通過しておらず、ここら辺の代替交通は専らバスだが。

現在、横浜には市営地下鉄が走っているが、これは市電全廃より少し後に最初の区間が開通しており、

市電代替というよりはニュータウン開発のための路線という色合いが濃いようである。


ニュータウン輸送というのは新杉田~大船が該当し、洋光台・港南台・本郷台といかにもニュータウンっぽい。

この根岸線の計画自体はだいぶ昔からあったらしいのだが、

磯子~大船についてはニュータウン開発に合わせてルートが変更された経緯もあるらしい。


そんな生まれながらの通勤路線といった感じの根岸線だが、

実は貨物列車がけっこう走っており、そのため通勤電車の間隔が開くところがあるらしい。

一体何の貨物列車なのかというと、一番多いのは石油製品らしい。

根岸駅はENEOSの製油所に隣接しており、ここで石油製品を積んで関東甲信の内陸部に走っているんだそう。

根岸駅から桜木町駅まで根岸線を走り、ここから高島線という貨物線に入り、鶴見駅を経て各地へ向かうそうで。

意外だがとても重要な役目である。


ちなみに公営地下鉄以外が市電を代替したという点では神戸高速線が知られている。

開通時期も1968年と根岸線と同時期の路線である。

とはいえ、これは神戸市と私鉄4社(阪急・阪神・山陽・神鉄)共同出資の会社が、

私鉄4社から車両・乗務員を借りて運行するというスタイルだったので、

運行方式はさておき、準公営の地下鉄プロジェクトといってもよいと思う。

今でこそ阪神・阪急・神鉄の各地下区間という形になりましたけどね。


というわけで意外と歴史の浅い根岸線なのだった。

でも、市営地下鉄やみなとみらい線なんかよりは当然古い路線なわけですよね。

ましてや桜木町駅は日本最古の駅でもあるわけですから。