インストアコードだし、そもそもバーコードを読まない

そろそろ暖かくなってきたので、それに応じて衣類を買おうと思った。

それで、ユニクロに買いにいった。

そういえば最近はイトーヨーカドーで買うことが多くて、あまり行ってなかったな。


目当ての商品を見つけて、あとなんか買うかなぁと思ってお買い得商品というのを物色していた。

シャツとか1000円程度で投げ売りされていたから、その中からよさそうなのを探していた。

それを物色する中でふと気づいたことがあった。

それがバーコード、ユニクロの商品のバーコードって 20 から始まってるんだよね。

普通、日本のメーカーのバーコードは 49 か 45 から始まるのだが……

実はこの20から始まるバーコードはインストアコードということで、一般流通用のコードではない。


でも確かにユニクロの商品はそれでいいんだよね。

ユニクロは製造小売業、メーカーでもあり、販売店でもある。

ユニクロの製品はユニクロの店舗以外で販売しないのだから、一般流通用のバーコードは必須ではない。

店舗での販売にバーコードは使いたいが、それが全世界で一意である必要はなく、インストアコードでいいんですね。

通常、インストアコードは店舗内だけで使われるコードだが、グループ内で共有することは問題ない。

こうしてユニクロの商品はインストアコードばかりになっているようだ。


一方でこのバーコードはレジでは読み取っていない。

これも久々に行って驚いたんだけど、値札にRFIDが埋め込まれていて、

レジでは無線で商品の情報を読み出していると。だからバーコードリーダーいらずなんですね。

在庫管理の効率化を意図したものだが、レジでも当然活用されていると。GUではセルフレジにも活用されているらしい。

RFIDを埋め込むにはそれなりにコストはかかるが、数千円とする衣料品であれば割には合うのだろう。


さて、インストアコードは 02,04,20~29 が使える。

イトーヨーカドーで買ってきた長芋のバーコードは 2445031001622 となっていた。

この長芋は量り売りなので、ものによって値段が違う。なのでバーコードに価格が埋め込まれていて 00162 がそれだろう。

価格だけではなく商品も識別できて、2445031 という部分で 長芋 を表しているのだろう。

あと8桁のバーコードでもこの考えが適用できる。

確かイトーヨーカドーで大根に巻いてたテープに書かれていたのが、インストアコードで8桁のバーコードだった。

最初、大根の生産団体がコードを取ったのかなと思ったのだが 49,45から始まってなかったから、インストアコードだったんだなと気づいた。

8桁のバーコードをまともに使用しようとすると条件が厳しいが、インストアコードならわりと自由に使える。

2xxxxxxC (Cはチェックディジット)で100万点も割り当てできるんだからね。量り売り以外ならこれだけで足りそうな気すらする。


あと、生活に身近なインストアコードとしてポイントカードがある。

ポイントカードのバーコードとして、EANコードを使っていることもあって、その場合はインストアコードの体系を使う。

ビックカメラでは28、ソフマップでは216から、ヨドバシカメラでは25、hontoでは27から始まるなど。

インストアコードのプレフィックスからチェックディジットまで会員番号として扱われている。

もっともビックカメラのレシートに書かれている会員番号は、頭の28と最後のチェックディジットを外した10桁になっているなど内部的にはそうではないみたいだけど。

なお、NW-7などEANコード以外のバーコード体系を使うならば、インストアコードの体系による必要はない。当然だけどね。

PontaはNW-7のようだが、15桁で13桁のEANコードの1.8倍ぐらいのスペースを食っている。

というのもEANコードはかなりコンパクトなバーコードで、それと比べるとどうしてもNW-7はスペース食うんだよね。


ちなみにユニクロのバーコードだが、2000105100986 のようになっていたのだが、

おそらく 10510098 の8桁が商品コードを表しているのだろう。

大手メーカーがバーコードの割り当てを受けると、13桁のうち頭7桁を割りあてられ、チェックディジット1桁を除くと5桁を自由に使える。10万点ってこと。

もしかするとユニクロは商品数が多いので、インストアコードじゃないと番号が足りないのかもしれない。

ただ、JANコードのルールでは4年経過すれば、取引先に連絡の上、番号の再利用は可能となっている。

いくらサイズ違い・色違いが多いと言っても、同時に1000万点以上も流通しているとは思えないし、新商品も多ければ、消える商品も多い業界だ。

なので、ユニクロほどの事業規模であっても、通常のJANコードが適用できないということはないんじゃないかなと。

もちろんその必要が無いのは最初に書いたとおりだが、ちょっとでも外売りするならインストアコードでは不可ですからね。

よくインストアコードで大規模に流通させるなぁとは思うけど、それだげできるのはユニクロだからこそという話なんじゃないでしょうか。