日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

タブレットとしてのWindows 10

職場で使っているWindows 7のノートPCの代替として、Windows 10のPCが納入された。

現在、勤務先で選定しているノートPCはタブレットPCとしても使えるものになっている。

画面はタッチパネルで、画面部分を外すと、それ単独でPCとして使え、希望すればタッチペンが付属してくる。


うちの職場ではあまりタブレットPCのニーズはないのだが、選定品がこれしかないのだから仕方ない。

とはいえ、タブレットPCとして使えることによるメリットもあるかもしれない。

ということで、いろいろ試してみた。


キーボードを外すと、タッチキーボードを使う必要がある。

最初、タッチキーボードを表示したら、横向きだと画面の半分以上を占有して邪魔なことこのうえなく、大きさも変えられない。

いくつかあるタッチキーボードのバリエーションのうち、片手入力用が専有面積が狭くてよさそうだと思った。

FMVサポート/[Windows 10] タッチキーボードのレイアウトについて教えてください。 (富士通)

ただ、このキーボード、日本語入力しかできなくて困った。すなわちアルファベットのまま入力できないと。

言語として英語を追加すると、英語の片手入力用キーボードと切り替えることができるので、そうすればできることがわかったが、ちょっと困った。

このキーボードをタッチペンで入力するのが、キーボードがない場合では最速の入力方法だと思う。

手書き入力もあるが、厳密な入力には適しないので。

ログインパスワードもタッチキーボードで入力するが、本来はWindows 10ではPINコードが推奨されてるんだよね。

ただ、会社のセキュリティポリシーでは使えないはずなので、普通にパスワード入力がいるのでめんどくさい。


タブレットとして持って使い続けると、発熱が大きいこと、少し重いことが気になる。

ノートPCの水準としては軽くて、画面部分だけ持ち歩くなら、今までよりはかなり軽く済む。

ただ、タブレットPCとして持ち続けて使うにはちょっと重い。

一般的なノートPCとしての性能を持っているだけあって、発熱もけっこうだし、電池消費もけっこう。

電池については、キーボード部分に2つ目の電池があるので、ドッキングしていると長持ちするが、タブレット部分だけだとちょっと物足りない。

かといって、机にそのまま置いて使うと首が痛い。電源ジャックの位置もイマイチ。

こういう場合は素直にキーボード部分も持ってきて使うべきなんだろうが。

ただ、タブレットPCを斜め置きできる台があれば、この問題は緩和できそうだが。


タブレット部分についている、唯一の外部接続端子がUSB Type-Cである。

DisplayPort Alternate Modeにも対応しているようだが、さすがに画面接続が必要ならキーボード部分を持って行く。

直接接続できる機器はないが、USB Type-Cのハブを付けてType-Aにすればいろいろ接続できる。

作業内容次第だが、タブレット部分だけでも、マイコンのデバッグとかできるかもしれない。

ここにマウスをつなぐこともできるが、まぁそれはタッチペンでいいかな。


ただ、全般的な問題として、Windowsのアプリはタッチでの操作をあまり想定していないということ。

タッチペンを使えば、それなりにできることもあるが、うまく操作出来ない部分もある。

あと、本来、タッチペンの長所である、手書きでの入力(文字認識もしくは画像でのメモ)はまだうまく使えていない。

文字認識はちょっと厳しいなと思ったが、メモは使えそうだとおもいつつ、なかなかきれいにメモできない。

短所を埋め切れていない部分、長所を生かし切れていない部分は大いにあるので、

しばらくはタブレットPCとして優先的に使って、どういう具合か調べてみようと思う。


Androidタブレットはもう6年以上使っているので、Windows 10のタブレット機能に期待する部分はけっこうある。

とはいえ、もともとタッチパネル前提のAndroidとWindowsではやっぱり違うし、

Windowsだからこそできることに、タブレットPCが適するかという問題はやっぱりある。

思っていたよりはできると思うが、課題はいろいろありそうですね。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/23(Tue) 23:01
Windows・Microsoft | Comment | trackback (0)

魚を霜降りにするとは?

イトーヨーカドーで魚の「あら」が安く売っていて時々買っているという話を書いた。

「あら」を食べる

「マグロはあまりおいしく調理できなかったが」と書いたけど、

その後、調理方法も確立できて、最近では定番メニューになりつつある。

マグロのあらが安く買えれば、一緒にショウガを買って、それを炊くわけである。


いろいろレシピを調べて、試行錯誤して行き着いたのが次の調理方法である。

  1. 料理ばさみを使って、マグロを食べやすいサイズに切る
  2. ざるにあけて、熱湯をかけて霜降りにする
  3. 酒・しょうゆ・みりん で作ったたっぷりの煮汁に霜降りにしたまぐろを入れる
  4. 適宜、あくを取りながら炊く
  5. 仕上げにショウガをすりおろして入れる

ちょっと手間はかかるのだが、それぞれ意味のある作業だと考えている。


この中で聞き慣れなかったのが「霜降り」という調理方法。

確かに、切り身に熱湯をかけると、部分的に白くなって、霜降りになるのだが、どういう目的で行うのだろう。

霜降りのポイントを含めて、調べてみると次のページに行き着いた。

魚の下ごしらえ、霜降りのやり方/方法 (白ごはん.com)

主な目的は余分な脂や血、うろこなどの汚れを取り除くこと。あわせて表面を固めて旨味を閉じ込める目的もある。

ここでは熱湯につけて、表面が白くなったところで水をさして、よく洗うという方法を取っている。

熱湯といってもグツグツしているところよりは、沸騰して少し冷えた90℃程度がよいようだ。

ざるに取って熱湯をかけるという方法でも目的は達せられるが、よく洗うという点ではこのページ記載の方法がよい。

煮物であれば一般的に推奨される下ごしらえだが、あら のようなものは特に効果的である。


そして、「霜降り」と「湯引き」は同じ意味らしい。

そういえば、昔、ふぐ料理店に連れてもらったときに「湯引き」というのがあったなぁ。

湯に通すという点では しゃぶしゃぶ に近いし、実際そういう食べ方をしていた覚えがある。

基本的には煮物の下ごしらえとして使われる方法だが、こういうこともできるんだね。


あらかじめ霜降りにしておくことで、余分な血などを取り除くことができる。

その代わり、霜降り後に残る湯は、血の塊みたいなのが大量に出てくる。

けっこう大変で、排水溝にかぶせたネットが詰まってしまうほどだった。

それだけ取ったのに、それでも煮ると あく が出てくる。

あらかじめ霜降りにしたからこの程度とも言えるが、それでもなかなか。

ただ、こういうのをきちんと取り除くことで、おいしく仕上がるので、しっかりやる意味はある。


似たような話は豚肉のスペアリブにもあって、焼くにも煮るにも、まずは下ゆでをするんだよね。

どのレシピもこの調理法

回りくどいが重要という点では同じことか。・


Author : hidemaro
Date : 2019/04/22(Mon) 23:10
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

ショーケースのリニューアル中は地獄

今日は選挙だったけど、市内で引っ越して投票区が変わったので初めての投票所。

マンションの集会所みたいなところが投票所で、意外だなと思ったのだが、段差もなく人にやさしい投票所だった。

投票所って数が多いから、バリアフリーやアクセスの面で課題のある投票所もあるのが実情ですからね。

一人暮らしになる前に住んでいた頃の投票所はひどくて、多少遠くても、あぜ道を走らず済み、駐車場も広くて、段差もない投票所にしてくれと思ってたが。

投票所への道のり


さて、投票に行った足でイトーヨーカドーに買い物に行った。

最近、リニューアルオープンしたのだが、この時点ではまだ一部店舗で工事が続いていた。

その後、段階的に完成してきているので、もうすぐ全て完成するのだろう。

リニューアル工事でもっとも変わったのが、日用消耗品の売り場が、薬売り場と同じになったこと。

歯磨き関連が典型だけど、もともと別フロアの売り場に分散配置されていて、果たしてどっちで買えば? と困ることもあった。

同フロアになったことで、そんなことで困ることはなくなり、ずいぶん買いやすくなった。

今まで、洗剤1つのために何階も上がって買い物にいく必要があったが、集約でフロアも下がったしね。


そんなイトーヨーカドーのリニューアルだが、リニューアルオープン前日に1日休み、その前日も閉店を繰り上げているのだが、

その間に全ての工事が完了しないということか、2ヶ月ぐらい前から段階的に工事を進めているようだった。

日用消耗品と薬売り場の統合はこの過程で1ヶ月ぐらい前にはすでに実現していた。

リニューアルオープンと大々的に言う割には、それ以前から部分的に完成していたし、

リニューアルオープンになっても未完成の部分はあるという中途半端さだったが、いろいろな事情もあったのだろう。


食品売り場では2ヶ月ぐらいかけて、主にショーケースの置き換えを先行して進めていたのだが、これが大変だった。

段階的に既設ショーケースを撤去して、仮のショーケースを置いて、本設のショーケースに置き換えていたのだが、

この仮設のショーケースがとても厄介だった。

というのも、このショーケースは冷凍機を内蔵しているので、ショーケース内を冷やした排熱が背面から排出される。

そのため、仮設ショーケースが並べられた一帯は明らかに気温が高く、不快に感じることもあった。

排熱を逃がす空間などは考慮して配置されていたが、いかんせん数が多かったので、絶対的な熱量が大きすぎた。


ショーケースの冷凍機は内蔵されることもあるが、別置きされることが多いのかな。

冷凍・冷蔵ショーケース/ショーケースとは何か? (日本冷凍空調工業会)

複数のショーケースをまとめて外付けの冷凍機から冷却すると。

運用面でも効率的だし、排熱が室内に出ない点でもメリットがある。

ただし、設置工事が大変で、移設もできないので、機動的に動かす可能性があるところでは冷凍機内蔵タイプを使うことになる。

というわけで、どちらもニーズはあるのだと思うが、排熱の問題があるので別置きがメインではなかろうかと思う。


こういう背景を知ると、どうして仮のショーケースを置いてまで、ショーケースの置き換えを先行したかということが想像できる。

ショーケースの冷凍機も含めてリニューアルすることを考えると、かなりの時間がかかる。

そこで、夜間に一旦すべてを撤去して、仮設のショーケースに置き換えておく。

そこから冷凍機の更新を行い、これが完了したら夜間に新しいショーケースを据え付ける。

これを段階的に進めて、リニューアルオープン前には冷凍機の更新を終えておいたのかなと。

最新式の冷凍機は省エネですから、その点でもメリットがあったのではないかなと。

更新中は不快だったが、そこさえ乗り越えてしまえば。


売り場配置が多少かわって混乱もあるが、陳列棚はずいぶんきれいになった。

残念なのは鮮魚売り場が少し縮小してしまったことかな。

もともと売り場の割には売れ行きがよくなかったのかもしれない。投げ売りもけっこうあったし。

ショーケース更新など食品売り場の工事は大規模だったが、実態としてはそこまでの変化はない。

どちらかいうと、売り場全体としては衣料品売り場の縮小の方が大きそうだ。

これはGMSの宿命だよなぁ。その分は専門店の拡張に割りあてるように見えているが。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/21(Sun) 23:52
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

どうして青海と間違えるんだろ

時々話題になるのが、青海と間違えて青梅に行ってしまったという話。

青海(あおみ)は江東区の地名、東京港の埋立地、13号地の江東区域の地名である。

青梅(おうめ)は多摩西部の都市、青梅街道の宿場町として古くから発展した都市で、山間部では林業も営まれている。

いずれも東京都の地名ではあるが、かたや海上都市、かたや山間部への入口ということで、

ずいぶん違うのだが、なんとなく字面が似ているということで、間違える人がいるんだそう。


青梅はともかく、青海という地名があまり知られていないのは要因の1つだろうと思う。

13号地ができた当初、埋立地の帰属について争いがあったが、江東区・港区・品川区の3区に分かれて所属することになった。

江東区の埋立地の延長として埋め立てられたこともあって、江東区域がもっとも広いが、

第三台場(もともと港区に帰属)と地続きになったこともあって、首都高速湾岸線より西側は港区となった。(cf. 芝公園と台場公園に行く)

首都高速湾岸線で結ばれていることも考慮して品川区への割り当てはあったが、範囲は狭い。

各区は13号埋立地の区域に町名を付けたが、江東区は青海、港区は台場、品川区は東八潮とバラバラの名前を付けた。

多分、これがこの問題のスタート地点だったのだろう。


この中でもっとも知名度が上がったのが港区の台場である。

台場はオフィス・住宅として開発が先行して、その中でもフジテレビ局舎が移転したことで知名度が上がった。

町名の由来となった品川台場は、江戸時代からお台場と呼ばれていたこともあって、この地域は お台場 として定着した。

ただ、早期に開発が完了してしまったので、その後は 江東区青海 の開発が進んでいく。

町名は台場ではないのだが、すでにこのあたり一帯が お台場 として定着してしまったので、青海にあっても「お台場」と付いた施設は多い。


13号地一帯へのアクセス手段としては、りんかい線 と ゆりかもめ が使われることが多い。

バスもあるが、鉄道のルートに近いので、今は鉄道がメインではないかなと。レインボーブリッジ経由の都バスも廃止されたし。

りんかい線の場合は、東京テレポート駅 が島内全域の最寄り駅となる。

ゆりかもめ の場合は島内に お台場海浜公園、台場、東京国際クルーズターミナル(旧 船の科学館)、テレコムセンター、青海 の5駅がある。

目的地次第ではあるが、最寄り駅として青海駅が書かれているケースがある。

ところが、青海という町名の知名度がイマイチなので、青海駅と青梅駅を間違えてしまうという問題があるらしい。

読み方を知っていれば間違えないと思うが、音で聞くことが少ない地名というのもあるのかもしれない。


青海駅を最寄り駅筆頭として書いている施設で有名なのが Zepp Tokyo である。

青海駅から至近なんですね。東京テレポート駅からも十分近いけど。

そんなこともあって青海駅を目指そうとするのだが、間違えてしまうことがあると。

ここはもう1つ複雑な事情があって、ZeppDiverCity が同じく江東区青海にあるということ。

こちらは ゆりかもめ では台場駅が最寄り駅になるが、東京テレポート駅がもっとも近い。

間違えてもリカバーできることも多い距離ではあるが、混乱が多い施設である。


なかなか埋立地の駅名ってのは難しいのかなぁ。

既存の町名もないし、開発予定地のなにもないところに駅ができたり、計画が変わってしまうこともしばしばだからね。

青海はれっきとした町名だが、未だに知名度の上がらない地名になってしまった。

りんかい線の 東京テレポート という駅名は、13号地が当初「東京テレポートタウン」として開発されたことに由来するが、

結局は定着せず、このあたり一帯は港区域に限らず「お台場」と定着してしまったので、今では全く実態に合わない。

海上都市の先駆け、神戸市の ポートアイランド もポートライナーの駅名には悩みがありそうだ。

目標物が公園(中公園・南公園)か、港湾施設(中埠頭・北埠頭)か、公共施設か。

市民広場駅は展示場・国際会議場の最寄り駅で、なんとなくわかるけど、ちょっとぼやけた駅名である。(コンベンションセンター という副駅名が付けられた)

市民病院の最寄り駅だから市民病院駅と命名したが、移転するとそうもいかないので みなとじま駅 に改名するという苦し紛れの対応もあった。(港島はポートアイランド全域の町名)

逆に当初は目標物がなく ポートアイランド南 という味気ない駅名だったのが、京コンピュータ前 とまさかのスパコンの名前が駅名になったり。

既存の町名があれば、それを基本に対応したもんだと思うけど。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/20(Sat) 23:51
社会 | Comment | trackback (0)

社長とQ&A

年に数回、社長の挨拶があって、ネットワークで全社に配信されている。

職場によるが、各自のPCで視聴するか、集合して視聴するか。

社長は日本語で話すけど、英語への同時通訳が付いている。(それ以外の言語は多分ない)

なおかつアーカイブ化されるから、時差があったり、当日不在の人にも安心。

ということで、日本国外の事業所の人も視聴することができるが、実際しているかは知らない。


以前は、一定の管理職が出席する会議の中での挨拶を配信していたようだが、

ある時期から、希望する従業員は誰でも参加できるようになった。

座席数に限りがあるとはいうものの、聞くだけなら配信でも一緒ということもあって、座席が埋まるほどの参加希望者はいない。

ただ、このときからQ&Aコーナーが設けられるようになった。

ここに参加すれば直接、社長らに質問することが出来るというわけで、これが直接参加の一番のポイントかなと。


そんなわけで、質問する可能性があるかなぁと思えば、参加希望を出して参加しているわけだけど、

先日、Q&Aコーナーで質問をしたら、これが反響が大きかった。

と言うのも、Q&Aコーナーを含めて全社に配信されているから、僕のことを知っている人は「あいつが質問しているぞ」と気づくと。

職場に戻ると何人にも「質問してたね」「度胸があるなぁ」などと反響があったし、その後、1週間ほどは会う人会う人に言われるのだった。

さすがにリアルタイムで配信されると反響が大きいなと。


社長挨拶に希望する人が直接参加できるようにしたのは、社内広報を担当する部署の提案だったようだ。

とはいえ、座席が埋まるほどの参加希望者がいないということからも、反響は限定的である。

そんな中では、社内広報部門を持つ本部の人が、積極的に参加して、積極的に質問している印象を受けている。

同本部の肝いりの施策として、本部内には広く浸透していることがうかがえる。

過去のQ&Aコーナーでも半分以上はその本部の人が質問していたし、今回も自分以外の質問者は全てその本部の人だった。

先導して参加してくれること自体はいいことだと思うけど、その本部のメンバーの大半は製品・サービスに直接関わる人ではない。

その本部の人ばかりが質問して、製品・サービスに関わる現場の人が質問しないのはよくないなという思いはあった。

そんな中で、製品開発の現場から核心を突いた質問ができたのではないかと思っている。


Q&Aコーナーはうまくいくと、理解を深めるのに役立つけど、有意義な質問が出るかというとこれは難しい。

だんまりではどうしょうもないから、質問が出ないぐらいなら、どんな質問でも場つなぎになるのでよいが、他の人に有益かはしらない。

本当にうまくいっているのか? という疑問はあるんだけど、

1つでも理解を深めるのに役立つ質問が出れば儲けもんですかね?


Author : hidemaro
Date : 2019/04/19(Fri) 23:59
日常 | Comment | trackback (0)

セルフレジのクセ

ファミリーマートでセルフレジの導入はすでに進んでいるという話を紹介した。

ファミリーマートはかく行く

よく行く店でもセルフレジは活躍している。

当初は自分ぐらいしか使う人がいない気もしたが、今は慣れてきたようで利用者も増えている。


ファミリーマートのセルフレジの使い方は次の通り。

  1. Tカード会員か非会員かを選んで、会員はTカードをスキャンする
  2. 商品のバーコードをスキャンする
  3. 支払い手段を選んで、カードをタッチ(ICカード)するか、スキャン(クレジットカード)して「支払い」ボタンを押す

最初にTカード会員かどうか聞かれるのが、ちょっとしたハードルで、

それで戸惑う人もいたが、持ってなければ持ってないとボタンを押せばよいだけのことだ。


大した話ではないのだが、ファミマTカードで支払う場合は、

最初にTカードとしてカードをスキャンして、支払い手段としてもカードをスキャンすることになる。

1枚のカードを2回使うので、最初のスキャンの時点でしまわず、手に持ったままにしておくとよい。、

商品スキャン→Tカードスキャン→支払い手段スキャンの方が楽な気がするのだが、

他のスーパーなどのセルフレジでもたいてい会員証が先ですからね。


ただ、店員が操作するレジでは、ファミマTカードでの支払いは1回しかスキャンしないんだよね。

詳細は知らないんだけど、ファミリーマートのレジではファミマTカードの支払いは特別な扱いになっているらしく、

Tカードとしてスキャンした後に、ファミマTカード払いと指定するだけでよいらしい。

だから、セルフレジでもTカードとしてスキャンしておけば、ファミマTカードと選ぶだけで済むと思ったら、それはできないようだ。


ふと気になってイオンのセルフレジの操作方法を調べてみた。

WAON POINTが始まって、イオンカードまたはWAON POINTカードを呈示すると、現金払いなどでもポイントが貯まるようになった。

一方で、WAONで支払う場合はカードを呈示する必要はなく、WAONで支払うと自動的に付与されるようになっていたり、

イオンカードで支払う場合は、WAON POINTではなく、既存のときめきポイントに相当するポイントが付与されるなど、細部は複雑だ。

セルフレジの運用はどうなっているのだろうかと調べてみると、

まず最初にイオンカード・WAONポイントカードを持っている場合はスキャンするのだが、WAON払いの場合は「いいえ」を選んで進むように指示がある。

そして、商品をスキャンして、支払い手段を選ぶのだが、WAON払いを選んで支払えば、WAONポイントはそちらに自動的に付与される。

最初にイオンカードをスキャンした場合、支払い手段にクレジットカードを選んで、イオンカードを使うと選べば、再度のスキャンは不要になる。

ちょっとクセがあるが、同じカードを2回スキャンすることはないように作られている。


ファミリーマートもやろうと思えば1回スキャンにできたと思うのだが、なぜそうなっていないのかはよくわからない。

カードをスキャンした後、「支払い」ボタンを押す行為が必要なのもちょっと不思議だ。

だいたい他のスーパーのセルフレジはカードを挿入すれば、サインレスで決済完了になるもんだし、

ICカードはカードをタッチすることが支払いの承認なので、クレジットカードもスキャンすることが承認と捉えてよいと思うのだが。

Tポイント全額払いとかだと、確認が挟まるのはわかるんだけどね。

というところで、細かいところでは気になるが、慣れればそういうものである。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/18(Thu) 23:42
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Modbusってなんだよ

最近、Modbus通信でデータを取得するシステムを組んでいた。

FAの通信方式としては最も一般的なのがModbusだが「RS-485(Modbus)」のような記載もあって、

Modbusのことを知らない時は「RS-485ってModbusなの? 」など戸惑いもあった。


Modbusは、もともとModicon社のPLCの通信方式として生まれたそう。

標準規格ではないのだが、今やFA分野のデファクトスタンダードとして多目的に使われている。

Modbusはもともとシリアル通信を使ってPLCのデータの読み書きを行うプロトコルを定義したもの。

当初のModbusはASCIIベースだったが、バイナリで通信する Modbus/RTU の方が今は一般的なんだろうか。

ここで使えるシリアル通信としては RS-485, RS-422, RS-232C などいろいろあるんだけど、

もっともよく使われているのがRS-485との組み合わせだそう。

RS-485は2線式・半二重のシリアル通信方式として使われることが多く(4線式・全二重も可)、

長距離伝送に対応し、多数の機器をぶら下げることができるということで、工場で使うには適している。


さらに、Ethernetを伝送手段に使ったModbus/TCP というプロトコルもある。

Ethernetを使って情報を伝達する手段はいろいろありそうだけど、

FA分野で実績のあるModbusをそのままEthernet対応にした Modbus/TCP はよく使われているわけだ。

対応する通信方式として「RS-485(Modbus)」「Ethernet(Modbus/TCP)」というのはこの分野ではあまりに鉄板。


多目的に使われてるとは言ったものの、元はPLCの方式ということで、1bitの通信変数の名前が「コイル」「リレー」だったりする。

PLCではリレーシーケンスの名残で、出力変数をコイル、入力変数をリレーって言うことがある。

Modbus通信までコイルとリレーという言葉を使う必要はないと思うのだが、

もともとコンピュータからPLCを操作監視する方式として生まれたので、PLCの用語をそのまま使ったのだろう。

Modbus通信では、1bitの変数だけでなく、16bitあるいはその整数倍の変数を取り扱うこともできるので、数値情報の取得・設定に使える。

もはやそういうシステムではコイルとかリレーという言葉はそぐわない気もするけど。


イマイチなところは、アドレス・変数型はすべて手で設定しないといけないということ。

変数1つずつ、機器のマニュアルを見て、設定するってこと。

測定温度のアドレスは42003で、16bit整数型で温度(℃)×10が格納されているという具合に。

使う変数が多くなると大変そうだなと思ったが、テンプレートとかあるんだろうかね。


古典的な通信方式ではあるのだが、対応している機器が多いのはいいことだよね。

今回の目的は、RS-485やEthernetで何らかの通信をするというということで、必ずしもModbusである必要はなかった。

ただ、やっぱりModbusは簡単に導入できたし、システムも組みやすかった。

実際に触ったことで、いろいろな謎も解けたしよかったか。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/17(Wed) 23:00
電気・数学・物理 | Comment | trackback (0)

定数が多いからこそ?

市議会議員選挙があるので、誰に投票しようかなーと調査を始めた。

選挙公報、議会だよりなどを見ながら考えてたけど、やっぱり大変だ。

市町村議会選挙は、基本的に1つの選挙区だから、当選者も多ければ、立候補者も多い。

そんな中で誰を選ぼうかというのは、ただでさえ大変だけど、もう1つ難しいのは無所属で立候補する人が多いこと。

実際には議会では会派を組んでいることが多いのだが、それが立候補者の所属団体として見えるとは限らない。

そうやって悩む割には、市町村レベルだと市町村長のリーダーシップの役割が大きいので、あまり手応えもない。


これが都道府県議会だと、選挙区ごとの定数はそこまで多くないし、政党・会派の組織化も見えやすい。

知事も選挙で選んでいるが、都道府県の広さを考えれば、議員の役割もけっこうあるような気がする。

国政については、国会議員を選ぶのが唯一で、政党の組織化も強い。

衆議院小選挙区だと選択肢はあまりに明確である。(参議院も小選挙区の地域なら同様)


とはいえ、生活にもっとも身近な議員が市議会議員なのは違いがない。

わりといろんな背景を持った人が議員になっている印象はあるが、

他の議会に比べると女性の議員が目立つとはおもっていた。

他の議会が少なすぎるとも言えるのだが、都道府県議会となるとぐっと減る印象もある。

感覚的にはそうだが、実際どうなのか調べてみた。

全国のデータを総合すると、女性議員の割合は、市町村議会で15%程度、都道府県議会で10%程度、国会で14%程度。

感覚的にはもうちょっと開いてる気がしたのだが、おしなべて見るとこの程度。

地域ごとにも差が大きいので、この数値が感覚に合わない地域が多いかも知れない。

この数字を見ても、市町村議会に女性議員が多いという印象は受けないが、都道府県議会よりは多いのは確か。

国会と市町村議会が同程度というのはちょっと意外だったのだが、比例代表選出の議員が多く、選挙区選出の議員で見るとずいぶん落ちるはず。


このことについて、どこか忘れたけど、選挙区の定数が多いほど、女性の立候補者あるいは当選者が増える傾向にあると書いてあった。

なるほど。確かに市町村議会は定数が多くて、衆議院小選挙区は全ての選挙区で定数1である。

定数が少ないほど、立候補者の絞り込みは厳しくなる。

現職議員がいると立候補もままならないケースは多そうだ。

それに対して市町村議会の場合、立候補のハードルは低いし、あわよくば当選というチャンスも広い。

これは女性だけに有利なわけではなく、一般に新人候補が立候補して当選しやすい条件とも言えるが、それが見えやすいところなのかもしれない。

そうして議会に入り込んで、今はすっかりベテラン議員という人も多いわけである。


そう考えると、やたらと定数が多くて悩む市議会議員選挙も意味があるのかなとは思う。

逆に国会議員は大変で、衆議院の小選挙区、参議院でも定数1~2程度だと、立候補自体のハードルも高ければ、当選のハードルも高い。

一方で、候補者男女均等法 こと 政治分野における男女共同参画推進法 では政党・団体が擁立する候補者は男女ができる限り均等になることを求めている。

これは国会だけではなく、地方議会にも適用されるのだが、地方議会の場合は立候補者の組織化の程度が低いので、どこまで実効性があるか。

一方で国会はほとんどが政党が擁立する候補なんだから、ほとんどの立候補者はこの法律の適用範囲だと思う。

ただ、政党によって温度差はあるし、立候補者が同数になっても当選者が同数かというと。これは難しい。

なかなか日本の選挙制度、特に選挙区選出の国会議員として当選するのはまだまだ難しそう。

議員数を同数にするだけなら、選挙制度を変えればいろいろ実現手段はあるとは思うけど、それが有権者の希望するものかはわからない。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/16(Tue) 23:52
社会 | Comment | trackback (0)

白いの詰めたがちょっと大変

今日は休暇を取っていたのだが、そこで歯医者に行っていた。

検診でということで見てもらうと「穴空いてるねぇ」と。

虫歯ということで、その場で治療してもらった。

小さいうちに処置できたこともあって1回で完了。

虫歯ができたところの反対側も虫歯になりやすいってことだからと、注意して歯磨きするように指導を受けた。


ここで虫歯の治療を受けるのは2度目、このときも小さいから「白いの詰めとくね」ということだった。

歯の健康を守るのに必要なもの

「白いの」とはコンポジットレジンのこと。

虫歯を削ったところに詰めて、紫外線を当てて硬化させることで使う。

条件次第ではあるが、詰め物を作るのに時間がかからないし、白いので見た目への影響も小さい。


削って、詰めて、硬化させてくれたところまではよかったのだが、ここからが大変だった。

この方式では詰め物を多めに詰めて、硬化させた後に削るのだが、このとき、かみ合わせの調子を見て調整する。

今回、このかみ合わせを見て削る作業を20回ほど繰り返すはめになった。

以前、同様の治療を受けたときは5回ぐらいで決まったのだが、今回はとても難航した。


今回の虫歯は、奥歯の溝の中にできたものだった。

そこで溝の中に虫歯を取るために穴を掘ったわけだが、その溝の中の穴に埋めるわけだけど、

詰め物が穴の周りの溝に回り込んでしまい、必要以上に広がってしまったという見解だった。

虫歯が小さいうちに処置できたがゆえの問題ですかね。治療範囲が小さく済んだのはよかったんだけど。

その場で詰め物ができるといっても、そう簡単ではない場合もあるってことですね。


今回、虫歯が発見された一方で、これまでより改善されたのが歯肉の状態。

前のかかりつけの歯科医からも、かれこれ10年近く毎度言われ続けてたことが、少し歯肉が腫れているということ。

このまま悪化すると歯周病だから、ということで指導を受けながら来たわけだけど、今回は歯肉の状態は良好とのこと。

確かにクリーニングしてもらったときも、血が出ることはなかったし、確かに改善したようだ。

今後もこのまま良好な状態に保っていきたい。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/15(Mon) 21:35
日常 | Comment | trackback (0)

千葉は東京だった?

「千葉は東京」というのがTwitterで話題になっていたが、

これはラブライブ!サンシャイン!!のAqoursのアジアツアーであった話。

Aqoursは今年3月~4月で上海・台北・千葉・ソウルの4都市でのアジアツアーを行っている。

その千葉公演が今週末に幕張メッセであったのだが……

その中で出演者が「東京公演」というもんだから、どういうことかと思ったら台本にそう書いてあったと。

その後、公式Twitterでの表記が「千葉(東京)公演」「東京(千葉)公演」のように揺れ出すという。

一応、ここまでは対外的には千葉公演で通していたのだが、暴露されては仕方ないということか。


最近、似たような話を見たんだよね。

確かに、上海・台北・ソウルに並ぶ都市が千葉というのはちょっと物足りない気もする。

一方で、東京で妥当な会場を見つけるのが難しいという事情もあったのだろう。

幕張メッセは東京から近く、アクセスも概ね良好ということでよく使われている。

それが千葉市だっていっても、実際は些細な問題ではある。

ただ、それを東京というと角が立つので、千葉公演と言うべきだよねという話。


都市雇用圏のデータを見ると、千葉市は東京都市圏の中心都市という位置づけになっている。

日本で一般的に使われている都市雇用圏では、1つの都市圏が複数の中心都市を持つことができる。

例えば、大阪都市圏であれば、大阪市・堺市・東大阪市・門真市の4市が中心都市となっている。

大阪市以外の4市は中心都市の定義を満たすが、あくまでも大阪市に従属しているということを表している。

それで、東京都市圏については、東京都特別区部の他に、武蔵野市・立川市・川崎市・横浜市・さいたま市・千葉市・厚木市が中心都市となっている。

武蔵野市・川崎市は特別区域に隣接して、機能的にもつながりは深いように見えるが、他はちょっと不思議な気もする。


これ、どういうことかという話だけど、千葉市の一部の行政区では、夜間人口より昼間人口の方が多いので中心都市の条件を満たすのだが、

一方で千葉市は東京への通勤率が10%を越えてしまい、東京の郊外という条件も満たしてしまう。

すなわち、千葉市(の一部地域)に通勤する人自体は多いが、市内の従業・通学者の10%以上が流出しているので、中心であり郊外ということが起きるわけ。

ただし、千葉市全体で見れば夜間人口の方が多いので、一部の行政区が中心都市の定義を満たすから中心都市というのはおかしい気もするけど、

一方で千葉市の昼間人口と夜間人口の比率は0.94とけっこう惜しい数字でもある。

川崎市が0.77であることを考えれば、よっぽど中心都市としての体裁のある都市である。


というわけで、人の流れとしては、千葉市は東京に従属する中心都市ということになるのだが、

一方で貿易港としては、千葉港(船橋市・千葉市・市原市・袖ケ浦市にまたがる港)は名古屋港に次いで、日本第2位の取扱量を誇る港である。

さすがに横浜港・川崎港・東京港を結合した京浜港や、大阪港・神戸港・堺泉北港・尼崎西宮芦屋港を結合した阪神港には負けるのだが。

どうして千葉港の取扱量が多いか。それは千葉港はLNG・石油の輸入が集中するエネルギーの港だから。

同じ東京湾にありながら京浜港に結合されなかった理由もおそらくそこなんじゃないかなぁ。

意外な港湾都市なんですね。客船の出入りもないし、コンテナ貨物もそこまででもないけどね。工業港なんてそんなもんか。


こういう問題は東京に限った話でもなくて、おそらく台北もそう。

少なくとも台北都市圏には台北市だけではなく、新北市(cf. 新北市は台北市を囲む)・基隆市も含まれ、場合によっては桃園市も含まれる。

これらの都市が都市機能を分担しているので、台北と思っていたが台北市ではないということはあるはず。

ちなみに、今回のアジアツアーでは台北は本当に台北市(台北国際会議中心)なので念のため。


さすがに千葉市を東京呼ばわりすると、日本国内では風当たりが強いが、外国から見るとやむを得ないのかなとも。

一方で、それと大して変わらないじゃないかと思っているのが、北九州市が福岡呼ばわりされていること。

確かに福岡県ではあるんだけど、福岡とは明確に違う都市である。距離もけっこう離れてるんだよ。

東京と川崎を混同するよりもタチが悪い。

というわけで、そこは区別して考えた方がいいんじゃないかなと思っている。

北九州市成立の経緯から、小倉(主に市街地の名前として)・門司(主に港の名前として)あたりに揺れがちなのが悩みですが。


Author : hidemaro
Date : 2019/04/14(Sun) 22:45
社会 | Comment | trackback (0)

Tools