日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

高速道路無料化が始まるよ

明日から高速道路の一部が無料化されるようで。

しかし、西名阪自動車道の天理IC~郡山ICは対象じゃないので恩恵はほとんどない。

これこそ無料化すべきだと思うのだが、ここだけピンポイントで無料化って料金所の移設が必要でね。

そういうのはハードル高いし、一応は大都市近郊区間なので全く対象に入る要素がない。


無料化されるというと、名阪国道のように料金所がないことを想像するが、

今回の無料化は社会実験。このために料金所を撤去したり新設するわけではない。

例えば、伊勢自動車道は伊勢関IC~津ICは有料、津ICから南は無料となっている。

これを実現しようとすれば、津ICの先に本線料金所が必要になる。その代わりその先のICの料金所はいらなくなる。

しかし、今回の社会実験ではそういうことをせずに料金所は今まで通り。

無料区間完結なら料金を払うべきところで払わない、有料区間をまたぐ場合は有料区間分の料金だけ取られる。

料金所を維持する必要があるという問題はあるが、工事が不要で、しかもデータ収集もできるので社会実験としては悪くない。


今回、無料化社会実験の対象になるのは、県庁所在地から郊外へ向かう路線ということになっている。

混雑の心配が少なく、実験のスタートとしては良い気がするが、少し気になることがある。

さっきの伊勢自動車道の対象区間を見ても分かるとおり、津ICから郊外へということになっている。

そう言う意味でこういう選定をしたのだろうがちょっと中途半端だよね。

というのも伊勢関ICというのは名阪国道を接続するIC、伊勢関ICから津ICは13.7km、中途半端な話ではあるわな。

こういう中途半端に有料というのがよくないことは、西名阪自動車道の天理IC~郡山ICなんかでよくわかってることだが。

無料化されて高速道路の需要が増えたが、今まで渋滞しなかったところが渋滞すると言うこともあるかもしれない。

そういう周辺の道路への好影響、悪影響というのは調べる必要があるだろう。


しかし、高速道路へのシフトがどれぐらい進むかはよくわからんけどね。

ただ、間違えないことは無料化された区間相互では高速道路が使いやすくなること。

高速道路を使えば近いのにっていうのはわりとよくあることです。

名阪国道の場合、路線バスでも広く使われている。というか、使わんとやってられんのだろうね。

今の高速道路はインターチェンジの数も少ないしまだまだ使いにくい面はあるだろうが、

しかしそれでも役立つことは多いだろう。


というのは郊外の話。主要幹線は無料化は難しいよね。

いくら高速道路が燃費がいいという考えが正しかったとしても、渋滞してたら意味がない。

名神高速道路とかは無料開放されることはきっとないでしょうね。

こう言う幹線にあっては鉄道や船などを優位に保って高速道路の交通量を減らした方がよいだろう。

渋滞しないところなら鉄道や船を優位に保つ必要はあまりないのだが、渋滞するとねぇ。


Author : hidemaro
Date : 2010/06/27(Sun) 23:42
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools