日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

リセールというか払戻申出

今日は「Rausch und/and Craziness Ⅱ」をライブビューイングで観に行っていた。

会場は横浜アリーナ、バンドリでは2日押さえていて、明日の「Astral Harmony」は現地に行く予定。


もともと現地のチケットは狙ってなかったが、直前にこんなチャンスがあった。

リセールサービス

チケットをご購入頂いたお客様がやむを得ずご来場頂けなくなった場合、そのチケットを希望する方に定価にて再販売するリセールサービス「TICKET EXCHANGE」を実施しております。
本サービスでは、チケット購入後に観覧に行けなくなった場合、「出品」のお申し出を頂くことで、そのチケットを観覧に行ける別のお客様に再販売いたします。今回のリセールにつきましては、チケット券面価格の100%ならびに購入手数料 をリセール出品者(譲渡者)すべて方に払い戻します。

リセールスケジュール

受付期間:2月10日(水)12:00~2月14日(日)23:59
販売期間:2月16日(火)12:00~2月21日(日)23:59

リセールとは言うのだが、期間内に出品申込みをすると、チケットの額面だけでなく手数料まで取引成否を問わずに払われるので、

これは実質的な払戻申出なわけですね。

チケット販売開始時からすると、いろいろな状況の変化があって、表面的なところでも開演が2時間繰り上げになっている。

「夜間の外出自粛要請に対応するため開場/開演時間を変更いたしました」ということらしい。

一応、今日は平日ですからね。(うちの職場とかほとんど休みだけど)


そんなわけで2月16日のリセール開始後に販売ページを見てみたが、当然のようにすぐ売り切れたようだ。

どれぐらいが出品されたかわからないけど、少なくともその分の座席は他の誰かが座ったわけである。

これだけでも救われたかなとは思う。

僕は売り切れを確認してから、ローチケで近くの映画館のライブビューイングのチケットを手配したのだった。

(そのときにJ-Coin Payを使った話がこれ: J-Coin Payは何に使えるか?)


リセールと言いながら、それが実質的な払戻申出になっているのは初めて見たのだが、

いろいろ好ましい仕組みだと思うが、こういうことがあまり行われてこなかったのにはいくつかの事情があると思う。

1つはなにより電子チケットを使っていることが前提であること。

新型コロナウイルス騒動以降は猫の目の様に変わる状況に対応しやすいからか、電子チケットの利用が増えたような気がする。

でも、それ以前はチケット販売サービスなどが電子チケットのサービスを提供してても、それを使うのは少なかった印象がある。

これにより、開催前にチケットを回収するのが現実的になってきた。

(もっとも今回の場合は、開催7日前が締め切りと考えると、発券前にリセールをやれば紙チケットでも可能だったと思うが)


ただ、そうだとしても今までは主催者にとって払戻に応じたり、リセールを積極的にやる理由は乏しかった。

というのもチケットは売れてしまえば、それが実際に使われても使われなくても売上になるわけだから。

また、払戻に応じることがモラルハザードにつながりかねないという懸念もあったかもしれない。

これは実需以上にチケットを購入して転売することをも目論むも、これに失敗したときに払い戻すということができてしまうから。

その一方でリセールの仕組みがあっても、出品者・購入者の両手でけっこうな手数料を取り、

その価格設定も定価で固定されているということで、双方にとって不利な条件を強いられがちなのも問題だった。


なので、一般的な考え方では、主催者・出品者・購入者のどの立場にとってもメリットは乏しかったのだが、

今回は情勢より、来場できない人に払戻かそれに代わる措置が必要であろうということで、

出品者が最初のチケット購入時払った手数料と、リセールで払うはずだった手数料を主催者が補填して、

出品者にとって払戻と同じ効果が得られるようにしたわけですね。

今回はリセールのチケットは売り切れたわけですから、額面分の売上は確保することができた。


あと、購入者にとっても取引の安全性が高いことはメリットだし、

あと本人確認が徹底されるイベントの場合、主催者が関与しない転売が難しいというのもある。

公式リセールは出品者・購入者双方にとって不利な条件になりがちだとは書いたが、

本人しか使えないチケットを転売したところでそれは無価値になる可能性もあるので、それはなかなか買えない。

公式リセールならばそこを回避出来るという点でメリットがあると思われるが、現実はなかなかそうはならないですかね。


電子チケットであれば公式リセール自体はかなり直前でも使えるはずなので、

開催直前の災害による交通寸断のときなどにも使えるといいなとは思いますけどね。

今回のリセールは一般的なリセールとは事情が違いますけど、こういうことも場合によってはやるべきだと思いますね。


Author : Hidemaro
Date : 2021/02/22(Mon) 23:59
文化 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools