そんなに遅いと夕食に困るじゃないか

昨日も書いたけど、今日は横浜アリーナに出かけていた。

リセールというか払戻申出

横浜アリーナというと、最寄り駅は新横浜駅ですよね。

新幹線の駅前という点では広域でのアクセスは便利だが、東京方面からのアクセスはやや悩む。

とはいっても王道は菊名駅まで東急東横線を使い、そこからJR横浜線に1区間乗る方法でしょうね。

基本的にこの考えによったが、地図で見ると菊名駅から横浜アリーナってそんなに遠くないわけで、歩いてもよさそうだと歩いた。

菊名駅周辺の道路はどれもこれも細いが、正しいルートを歩けば歩道は(車道が狭いのが申し訳なくなるほど)広いし、

あと、新横浜駅~横浜アリーナも若干距離があるので、それを差し引くと菊名駅からの歩きはそう遠くはない。

とはいえ、こうやってやる人は少数派ではあるのだけど。


さて、昨日ライブビューイングに行く前にもちょっと悩んだのだが、

終演後に夕食を食べようと考えたとき、17時開演で公演時間はおそらく2時間超で、3時間には収まるだろうと。

そうすると終演は19時台ということになるが、よく考えてみると東京都・神奈川県では20時以降は飲食店に休業要請が出ている。

ギリギリ映画館近くで食べられなくもないだろうが、時間に余裕はないよね。

とはいえ、昨日は映画館は家から比較的近く、また冷蔵庫の都合も勘案すれば、帰宅してから食べるのが妥当だと、

あらかじめ食材を下ごしらえしたり、作り置きしてから家を出て、帰宅後に食べるということで何も問題はなかった。


ところが今日はいろいろな条件が悪い。

終演時刻は同程度としても会場が広いので出るには時間がかかるので、駆け込みで飲食店に入るのは厳しいだろうと。

また開演時間の繰り上げもあったし、広い会場なのでギリギリで入るわけにもいかず、夕食を先に食べるのも難しい。

帰宅してからということになると、やっぱり横浜から帰ってくる分だけ遅くなる。

帰宅してから料理するのは論外なので、ここはなんとしてもショートカットする必要がある。


いろいろ考えたが、遅くはなるが帰宅して食べる以外の打開策はないという結論になった。

常識的に考えれば、通勤電車や路上で弁当を食べるわけにもいかないですからね。

入場前にマクドナルドで軽食を取ったことや、あらかじめパンを買っておくということで、遅くなるのはよいことにした。

その上で帰宅してから食べる夕食は、帰宅経路に松屋があるので、ここでテイクアウトすることにした。


松屋は以前よりテイクアウトには力を入れていて「松弁ネット」という予約サイトもある。

また、特定地域での営業時間短縮要請への対応も、原則は従来の営業時間を維持した上で、

短縮要請の対象時間帯は店内飲食を取りやめ、テイクアウトのみの営業とする対応を取っている。

松屋が日常の食事に使われていることや、深夜早朝のニーズも一定あることを考慮したものだと思う。

松弁ネットで予約してから行けば待ち時間もないですから、電車降りてすぐピックアップして、帰ってすぐ食べられるなら便利ですよね。


そんなわけで電車の中で松弁ネットのメニューを見て、選んだのは ブラウンハンバーグ のおかず単品だった。

定食しかないのかと思ったらテイクアウトではおかず単品も選べるんですね。

最短で作ってもらえばちょうど到着したときには出来上がってるぐらいのタイミングで注文した。

店にたどりつくと、店は電灯が付いているが、店内に客は誰もいない。

不思議な光景だが、ちゃんと券売機は動いていて(テイクアウトでも券売機で注文しますからね)、

店員もいて、名前を申し出ると、袋に入れて用意されていたハンバーグが受け取れた。

支払方法を「現金またはPayPay」にして店に行って、PayPayを選ぶとQRコードを見せられて、ユーザースキャンで決済する。

なるほど。それで松屋では他にもいろいろな決済手段があるのに、松弁ネットの店頭での支払手段は現金またはPayPayだったのか。

ちなみにクレジットカードかLINE Payだと事前決済ができる。PayPayも事前決済対応してくれればいいのに。


そんなわけで、帰宅してハンバーグと、冷蔵庫から出したいくつかの食材で夕食にありつけたのだった。

もはや家にある食材だけでよいのでは? と思ったけど、やっぱりこれ1つあるとないでは大違いでしたね。

商売としてどうなのかはよくわからないけど、テイクアウトのみの営業でやってくれてるのはありがたいですね。


飲食店の営業時間短縮要請はいろいろ厳しい面はあるが、一方で効果は顕著である。

もちろん飲食店の営業時間短縮はいろいろなところに影響を及ぼしてるとは思うが、

他の業種には表面上は厳しい制約をかけることなくこれだけの効果があるのだから大した物である。

酒類を提供しないとか緩和策があってもいいんじゃないかと思うが、できるだけ抜け道を塞ぎたいという意図もわかる。

ただ、これだけ効果が出てると心配なのが制限解除後の反動で、解除されたからと反動で盛大に酒盛りされては困るわけである。

実際、南関東では飲食店にはさらに厳しい命令を出すことも視野にいれなくてはならないという話もある。

効果は高いものの、今でも要請に従わない店があり、そういうところが感染拡大を抑え込めない原因になっているという考えである。

どこまでやるかという話はあるけど、寒いうちは今の同等程度の制限が続くことは考えないといけないのかなぁ。


ところでさっき「常識的に考えれば、通勤電車や路上で弁当を食べるわけにも――」なんて書いたけど、

実は世の中では飲食店の閉店が早まったことで、公園などで酒盛りをする人が増えたという話がある。

感染リスク軽減という点では屋外であることを考えれば、効果はあると思う。

(もちろん本来はさっさと家に帰って欲しいのだが)

ただ、これは地域環境への影響が大きいわけで、やはりこれはこれで困るのである。

でも、やむにやまれず公園などで食事を取るような人は世の中にはいるんだろうなとは思いましたね。