やっぱり電気代には現れてた

月末なんで、家計簿の未入力になってるのをあれこれと片付けてたのだが、

給与明細を見て「ええっ!?」と驚いたことがあって、それは電気代ですね。

実はこの社宅は電気の契約が1棟単位でされていて、それを各部屋ごとに会社で取り付けたメーターで割り振って、

それで給与天引きで支払う仕組みなので、給与明細に電気代が出てくるんですが、やたらと高い。


でも、確か冬はいつも高かったはず。調べたら毎年2月の請求は特に高いようだ。

いつ消費した電気がいつ請求されているのかよくわかってないんですけどね。

多分12~1月頃なんだと思うけど。(給与天引きは前月末までに確定させないといけないので)

寒い時期なので暖房(エアコン)に電気を消費しているということだと思うのだけど。

ただ、確かに去年よりは明確に高くて、これは在宅勤務の影響だろうなと。


というわけで最近1年間で、前年同月比で電気代を比較すると安くなっている月は1つもなかった。

ただ、月によって影響度に差はあって、2月(すなわち今月)と6~9月が影響が大きいようだった。

6月は冷房の影響と言うにはちょっと早すぎると思ったけど、もしかするとこれは5月連休の影響かも。

連休のおでかけも年によって違うけど、それこそ月の1/4ぐらいは不在になるぐらいのインパクトはあるので。

7~9月は冷房を使う月ということで、これはだいたい予想通り。

もちろん年によって気候に差はありますから、同じような生活でも年によって電気代の増減はあるでしょうけど。


差額を月あたりに均した金額と、最近導入された在宅勤務手当を比較すると、在宅勤務手当のおよそ1/3ぐらいですかね。

なので、導入後は電気代の差額は十分賄えていると言える。(ただ、税金や社会保険料を考慮した正味はもう少し減るが)

ただ、導入されたのは最近ですから、そこまでは特にないですが。

とはいえ、給与も賞与はちゃんと支払われていたわけで、それを考えれば光熱費の増分は微々たるものとは言える。

大げさに言うほどの金額ではないですよ。


金銭的なところには現れないけど、昼食についての手間が増えたのは一番辛いところで、

月が変わって3月には年明けからやろうとして先延ばしにしていた出勤しての作業を決行することになったけど、

実は弁当販売までも止まってしまって、出勤しても昼食の都合に困ることになってしまったのだ。

さすがにそりゃたまったもんじゃないって、できるだけ自宅で昼食を取れる勤務形態を考えている。

出勤したら在宅勤務手当は出ないですしね。当たり前だけど。