ワールドカップにWINNERで賭けられる

サッカーワールドカップで日本はグループリーグ1位突破、

まさかの結果でしたね。(cf. 死の組が発生しにくい仕組み)

対ドイツは相手になめられた結果の勝利だった気がするが、対スペインはそういう感じでもなかったような。

ハマるハマらないはあるんだろうけど、日本のサッカーもだいぶ強くなったということで。


今回のサッカーワールドカップは、先日スタートしたスポーツくじ「WINNER」の対象となっている。

WINNERは本当にわかりやすいのか?

今までもtotoの対象にはなっていたが、totoは複数試合の予想をしなければならない。

国際大会では堅い決着が多いので、予想自体はそんなに難しくないという話もあったが。

(ただ、今回のカタール大会は番狂わせが多すぎるんだよね)

この点で1試合完結のWINNERはとっつきやすいというわけ。


ここまでの日本戦のWINNERの結果と売上については下記の通り。

  • vsスペイン 「2 – 1で日本が勝利」1200円(6.0倍) 売上1.89億円
  • vsコスタリカ 「0 – 1でコスタリカが勝利」2240円(11.2倍) 売上1.90億円
  • vsドイツ「1 – 2で日本が勝利」1240円(6.2倍) 売上:1.47億円

といった具合で、若干日本びいきな買われ方をしているが、驚くような結果ではないという感じ。

やはり日本戦は注目度が高く、他の試合に比べると売上は圧倒的に多い。


近年のtotoシリーズ(予想系のスポーツくじ)の売上は年100億円を切るぐらいなので、

この3試合で5.3億円ほどというと、けっこうな売上である。

もちろん他の試合も全部売ってるし、優勝チームを予想するくじもあり、

開幕時とベスト16決定後の2回売られるが、開幕時で1.69億円の売上が出ている。

そういう諸々を考えると、ワールドカップのWINNERだけで、従来の予想系の売上の何割も売るようになりそうだ。

ワールドカップtotoの注目度が減り売上が減ることはあるかもしれないが、軽微な問題だろう。


WINNERの売上は従来のtoto・BIGと同様に広く日本のスポーツ振興に充てられる。

ただ、WINNERの特徴として「売上は応援するクラブにも還元される!」とある。

具体的な分配方法は不明だし、国際大会の場合は? という疑問はあるが。

ただ、サッカーの場合、Jリーグも日本代表も全てJFAの管轄なので、

そこから何らかの基準でJリーグ各チームに分配されるのではないかなと思った。


今回の日本vsドイツは特に注目度の高い試合だったが、

その1つの要因としては日本チームにとってのキーマンの多くがドイツのプロサッカーリーグ、ブンデスリーガで活躍する選手ということはあったと思う。

すなわちお互いに手の内を知るところはあったということである。

結果的にはこれが日本の勝利につながったということでもある。

もちろん日本国内のJリーグの充実もあって、外国でのプロ選手の道が開けたのは確かで、

まだ世界のサッカー先進国には届かないところもあるかもしれないけど、着実に力を付けて行っているのかなと思う。


4年後の北アメリカでのサッカーワールドカップは、出場チーム数も増え、

特にアジアからの出場チームが増えることで、新たなチャンスを得るチームも出てくるわけである。

最初は全然だと思うんだよな。ケチョンケチョンに言われるのは目に見えてる。

そんな中でJリーグがアジア圏のサッカーの充実に寄与する道もあると思うので、

サッカーを通じた国際交流が広がることに期待したい。

そこにWINNERの売上が役立つ? これはわからないけどね。