車庫へ分岐して新駅

OsakaMetro 中央線に新駅ができるかもというニュースが流れてきた。

大阪公立大の新キャンパス前にメトロが新駅検討 検車場への線路活用 (朝日新聞デジタル)

新駅というが、どちらかというと新線という方が正しいかも知れない。

森ノ宮駅と車庫を結ぶ線路を営業化して、車庫隣接地に大阪公立大学前とかいう駅ができるということである。


大阪公立大学というのも聞き慣れない名前だが、

大阪府立大学・大阪市立大学が統合されたもので、大阪府と大阪市を設立団体とする公立大学法人大阪が設置者となっている。

(この影響で寝屋川市にある高専が「大阪公立大学工業高等専門学校」と改名されている)

当初は両大学の校舎をそのまま利用するが、大阪市城東区森之宮に新キャンパスを作り、順次集約されていくようである。

もともと軍需工場があった地区で、工事にあたって不発弾処理が必要になったりあるのだけど、

ただ、都心から近いところにまとまった用地を確保できたのは、今後この大学の特色になるのではないかと思う。


車庫への回送線を大学へのアクセス路線にすると聞いて、そういえばと思い出した話があった。

それが2025年に夢洲で行われる国際博覧会である。

夢洲へのアクセス方法として鉄道とバスが大きなところになるが、

鉄道というのはコスモスクエアから夢洲に延長される中央線のことである。

多くの来場者が利用すると見込まれ、中央線の増発が必要だと言われている。

将来的にも夢洲方面はIRへの来場者などで利用が見込まれる。

そのための車両の購入も進めているのだが、効果的に増発を行うため、森ノ宮~夢洲の区間運転を行うのではという話がある。

今も車庫からの出し入れで森ノ宮発着便というのはあるんだけど、より積極的に活用されるのではと。


というところからすると、新駅~森ノ宮~夢洲 という列車を走らせるんだろうと。

新キャンパスが開校するのが2025年だそうで、ちょうど博覧会と被る。

なので、最初は増発便をそのまま新駅発着便とするのではないかと。

ただ、森ノ宮~夢洲の増発が必要ない時間帯もあるかもしれないので、

そうすると新駅発着の列車が全然走らないということにもなりかねないので、

新駅~森ノ宮だけを折り返し運転する便もあるかもしれない。


車庫への線路を営業線にしたというとこんなところが有名ですかね。

  • 東京メトロ丸ノ内線(支線) 中野坂上~方南町
  • 東京メトロ千代田線 綾瀬~北綾瀬
  • 博多南線(山陽新幹線の回送線) 博多~博多南

東京メトロには2つ、車庫への回送線を営業化したものがある。

近年までは支線専用に3両編成とか短い車両を用意していたのだが、

今はどちらの路線も本線と同じ車両を使い、都心方面への直通運転を行っている。

車庫を出入りする車両の有効活用というより車庫周辺の地域対策なのかな。

かつて短い車両を使っていたのは、方南町駅と北綾瀬駅のホームが短かったため。

延長さえ可能なら専用車を用意するのもアホらしいというのはもっとも。


博多南線はもともとは車庫への回送列車を営業運転にする形でやっていたが、

現在は利用者が増えたので博多~博多南だけを走る列車も出ているよう。

こちらは新幹線の車庫がある那珂川市の交通の便が悪いということで、要望があったらしい。

それで回送列車に乗せてあげるところからスタートしたので、正直なところ本数は今も少ないのだが、

需要が旺盛な時間帯は博多南線だけを走る列車も用意しているというのが実情とみられる。


森ノ宮駅から歩いてもたかが知れているので、わざわざ乗り換えてまで使うものかという話はあるものの、

夢洲方面への利用者が伸びるという想定にもマッチしており、

その点では無理のない計画なのかなと思う。

通学者数もかなり多くなる見込みで、そこも考慮しての新駅構想かと思う。