EX予約が受け取れなくては不便で仕方ない

先日、こんな話を紹介した。

次にエクスプレス予約ですが、予約できるのは東京~鹿児島中央の新幹線のみ。

JR東海・西日本・九州は新幹線駅周辺を中心に受取可能駅が設定されている。(略)

今年から東京都区内・横浜市内・小田原・熱海のJR東日本の券売機でも受取に対応するようになった。

(JR各社の予約システムは難しい)

JR各社の予約システムは購入できる区間と受け取れる駅の関係が難しく、

また関東圏・近畿圏・九州は新幹線の一部を他社が管轄しており、同じ駅に2社の窓口があるという難しさもある。

そこの不便を打開するためにJR東日本の券売機でEX予約の受取を可能にしたわけだが……

これ以前はいろいろ不便なことが多かったようである。


特に問題なのが熱海駅と東京駅だったらしい。

まず、熱海駅だが、この駅は新幹線単独の改札が存在せず、在来線改札を入り、乗換改札を通るのが唯一のルートである。

このような構造の駅は山陽新幹線では多いが(姫路駅など)、東海道新幹線では唯一である。

在来線の改札を管理するのはJR東日本であり、ここには東日本の窓口・券売機がずらりと。

新幹線のきっぷを普通に購入するならば東日本の窓口・券売機で対応可能だが、

問題はEX予約の受取は最近まで東日本の窓口・券売機では対応できなかった。

受取機の設置も行われていなかったのである。


東京駅については、東海道新幹線単独の改札口はいくつか存在する。

しかし、それが全て八重洲側というのが問題である。

東京駅の改札は大きく丸の内側と八重洲側と京葉線に分かれている。

京葉線はともかくとして、丸の内側と八重洲側を改札外で結ぶ通路は北側(1階・地下)にあるのみ。

例えば丸の内南口(晴海通り方面のバスとの乗換で時々使う)から、東海道新幹線を使う時、

新幹線の改札できっぷを受け取って乗車しなさいと言われると、ものすごい遠回りになる。

この問題に配慮して、丸の内側のコンビニに受取機を置いていた時代もあったようだが、駅の改札口にあったわけではないし、そもそも現在は全て撤去されている。


では、従来はどうしていたのか? という話である。

まず、どうしょうもない熱海駅だが、改札で通行証を渡していて、

これで乗換改札の窓口に行ききっぷを受け取るなどの対応をしていたそうである。

もっとも乗車券さえ持っていれば改札は通れるので、その上で乗換改札でeきっぷ(特急券)を受け取るなら特別な対応はいらないし、

あるいはEX-ICであれば、都市圏用のICカードを駅構内の通過に使うこともできる。

通り抜けはPiTaPaでOK

これは名古屋駅の話ですが。

残高0円のPiTaPaで名古屋駅の近鉄乗換改札~新幹線乗換改札を通過したという話ですね。

熱海駅の場合はSuicaの規定で残高が初乗り運賃以上ないと有効ではないが。

だからといって運賃が差し引かれるわけではない。通過だけなら0円である。

(現在はTOICAエリアでもあるので、残高0円でも有効なICカードと認められるはず)


東京駅については、改札外を移動するという方法で回避可能なので、

このような特別な扱いは公式にはないことになっていた。

しかし、実際には通行証を渡して通してくれていたようである。

もちろんEX-IC利用時の都市圏用のICカードでの通行は可能である。

なお、EX-ICの説明にはこのような記載がある。

※三島・掛川・熱海・名古屋・岡山・新倉敷・広島・徳山・新山口・厚狭の各駅で、在来線の改札口から入場または出場を希望される場合も、係員のいる改札口でお申し出ください。

(Q. 新幹線直接口のない駅から入場し、エクスプレス予約を利用して新幹線に乗車するにはどうしたらいいですか? (EX予約))

ここに並んでいるのは熱海駅を除いて新幹線改札のある駅である。

しかし、在来線構内を通り抜けないとかなり遠回りになる改札があるので、そこへの配慮として通行証を発行している。


ともあれ、東京駅と熱海駅における不便は問題である。

そこでJR東日本の券売機をEX予約の受取用に使えるようにしたというわけである。

これはえきねっとの受取をJR東海の券売機で対応することに合わせたもので、

相互主義によるものとも言えるが、新たな機器の設置なく不便を解消する方法でもある。

これに合わせてEX-ICに下記の補則ができた。

※東京・品川・新横浜・小田原・熱海の各駅については「EX予約」の「きっぷ」のみで在来線改札を入場することができます。

これどういうこと? と思うかも知れないけど、

EX-ICは原則チケットレスだが、券売機で紙のきっぷを発行することも出来る。

主な用途としては複数人でEX-IC商品(ex. EXのぞみファミリー早特)を利用するときである。

会員本人以外はEX-ICカードを持っていないからね。

(もっとも現在は適当な交通系ICカードの番号を登録すれば、EX-ICカードを持たない人でもチケットレス利用が可能となっている)


しかし、EX-IC商品を紙のきっぷで発行しても、その効力はEX-ICカードを利用するときと変わらないため、在来線の改札は通れない。

なので、例えば姫路駅で在来線改札の横の券売機で紙のきっぷを発行しても、

在来線改札を入り、乗換改札を通るまでは都市圏用のICカードを用意するか、通行証の発行を受ける必要がある。

(もっとも紙のきっぷを持っているなら、そのまま有人改札を通すという対応になりそうだが)

しかし、それでは東京駅・熱海駅の不便の解消には不十分だということで、

在来線改札の券売機できっぷを受け取れば、そのまま通過できますよとしたわけである。

これが公式に認められているのは東日本管内に被る5駅のみである。


というわけでJR東日本の券売機でのEX予約受取対応の背景には切実な問題があったのだ。

というか熱海駅はそんな体制で最近までやってたのかよと思ったけどね。

ただ、なかなか受取機1台置くのもJR各社の関係上、難しかったんだろうなと。

東京駅丸の内側での便宜を図るために受取機を置いていた時代も、

駅近くのコンビニというどうにも微妙な設置場所だったのは、JR東日本との関係上の問題なんだろう。


そう考えると、新大阪駅中央口(JR東海管理)付近にJR西日本管理の受取機を設置できているのはすごいことなのかもしれないけど。

ものすごいわかりにくいけどね。でも知ってればそこまで不便ない場所にあるし。

あの一角がJR西日本の持ち場ってだけではあるのだが。(JR西日本が経営するセブンイレブンもあるし)