JR各社の予約システムは難しい

JR各社の予約システムの受取可能駅が複雑だという話がある。

JR各社の予約システムは下記の4システムがある。

  • えきねっと (JR東日本) : 東日本・北海道の在来線・新幹線が中心
  • e5489 (JR西日本) : 西日本・四国・九州の在来線・新幹線が中心
  • エクスプレス予約 (JR東海・西日本・九州 共同運営): 東海道・山陽・九州新幹線
  • JR九州列車予約サービス(JR九州) : 九州・西日本の在来線・新幹線

エクスプレス予約は2022年から九州新幹線が対象に加わり、JR九州も参加している。


これらのシステムの難しいところは、きっぷの受取可能駅のことである。

受取可能エリアと列車予約できるエリアが一致しない場合があること、

またきっぷやシステムによって受取可能駅に制限がある場合もある。

このため、予約できても思っていたところで受け取れないということが起きやすい。

このことは各社注意を呼びかけているのだが、とても難しいのである。


どのように不一致があるかという話ですが、

えきねっと では全国のJRの列車がほとんど予約できる。

ただし、サンライズ瀬戸・出雲の寝台車は東日本管内にも乗り入れているが予約できない。

これは寝台車の予約システムの特殊性によるものであろう。

問題は受取可能駅で、東日本管内ではすべてのきっぷが全ての駅で受け取れる。

次に西日本管内は北陸エリアの一部駅(北陸新幹線の駅と福井駅など)のみ対応している。

これは北陸新幹線絡みのきっぷの受取を想定したものである。

北陸新幹線絡みでなくても受取自体は可能であるが、JR東海区間を含むきっぷは受け取れないという制約がある。

金沢~米原~名古屋とか糸魚川~長野~名古屋のようなものはダメだと。

北海道管内もJR東海区間を含むきっぷは受け取れない。まぁこれはいいか。

JR東海エリアは「えきねっとトクだ値」などの比較的使用頻度が高い割引きっぷが受け取れない。

東海区間に絡む割引きっぷはないから問題ないのかも知れないけど。


次にe5489ですが、予約可能エリアは西日本・四国・九州・東海全線、東日本は概ね関東圏よりも西が対象である。

さっきえきねっとで予約できないと書いたサンライズ瀬戸・出雲の寝台車はe5489では予約が出来る。

西日本・四国・九州管内では特に受取可能駅と受け取れるきっぷの制約はない。

東海管内についてはJR東海区間を含むきっぷのみが受け取れる。

JR東海は在来線特急の予約システムを自社で持っておらず、e5489を自社で受取可能にするという形で在来線のインターネット予約に対応した経緯がある。

(今年4月から えきねっと も自社駅での受取に対応、併用という形になった)

しかし、e5489についてはあくまでもJR東海絡みでなければならない。

これだけみれば真っ当な制限にも思えるが、こういう問題がある。

山陽新幹線の駅でもあるはずなのだけど

新大阪駅の新幹線側は山陽新幹線の駅でもあるがJR東海が一括管理している。

ここで新幹線改札に併設された窓口では山陽新幹線側のe5489の受取ができない。

在来線側はJR西日本管理であることなどから打開策はあるのだが、複雑である。

東日本管内については、北陸新幹線停車駅と東京都区内各駅で受取可能である。

ただしJR東海管内を含むきっぷの受取はできない。

このためサンライズ瀬戸・出雲の予約がe5489で出来ても、東日本管内の駅では受け取れないのである。

しかし、東京・品川・新横浜・小田原・熱海の東海道新幹線の改札にはJR東海の窓口がある。

このため東京→岡山方面のサンライズのきっぷは東京駅で受け取れなくはない。

これはさっき新大阪駅で書いたのと逆の現象である。


次にエクスプレス予約ですが、予約できるのは東京~鹿児島中央の新幹線のみ。

JR東海・西日本・九州は新幹線駅周辺を中心に受取可能駅が設定されている。

また、乗り継ぎの便宜のため高松駅には四国ながらJR西日本管理の受取機があり受取可能である。

3社共同運営なのでこれらの駅で受け取れるきっぷに制約はない。

(このため新大阪駅の新幹線改札で山陽新幹線だけのきっぷも受取可能)

今年から東京都区内・横浜市内・小田原・熱海のJR東日本の券売機でも受取に対応するようになった。


最後にJR九州列車予約サービスですが、購入できるのは九州・西日本全線。

受取可能駅もそうだが、JR西日本の駅では九州内のみの割引きっぷの受取はできないよう。

一見問題はなさそうだが、小倉・博多・博多南は九州内だが新幹線はJR西日本管理である。

特に博多駅はさっきの新大阪駅と同じで九州新幹線の駅でもあるが西日本管理である。

もちろん在来線側で受け取ればよいし、JR九州管理の受取機がちゃんと置かれているらしい。

新大阪駅についてはe5489同様の問題があり、新幹線改札の窓口では受け取れない。


やはり全般的に難しいのが西日本・東海・東日本の3社の境界部である。

JR西日本とJR東日本は北陸新幹線では協調しているものの、他社システムの受取可能駅の制限がちょっと厳しい。

しかし、何が複雑なのかと考えて見るとJR東海が課している制約であり、

  • e5489で予約した東海管内を含むきっぷは東日本管内で受け取れない
  • e5489で予約した東海管内を含まないきっぷは東海管内で受け取れない
  • えきねっとで予約した東海管内を含むきっぷは西日本管内で受け取れない

これは各社の取り決めによるものなので、なんとも難しいところはあるが、

これがゆえに混乱を来さないようにJR西日本のえきねっと受取可能駅、JR東日本のe5489受取可能駅を制限せざるを得ないのではないかと想像する。

もちろんJR西日本・東日本の内部的な事情の可能性はある。


もう1つの難しさが新幹線と在来線の営業エリアの違いや境界駅の扱いである。

国鉄時代に開通した新幹線は路線単位で会社を分けたので、

関東圏では在来線・東北新幹線はJR東日本なのに、東海道新幹線はJR東海、

近畿圏では在来線・山陽新幹線はJR西日本なのに、東海道新幹線はJR東海、

九州では在来線のほとんどと九州新幹線はJR九州なのに、山陽新幹線・博多南線はJR西日本と。

この結果、異なる会社が共存する駅では窓口によって受け取れるきっぷが違うということが起こる。

これを積極的に使うと関東圏でもe5489で予約したサンライズ瀬戸・出雲の特急券を受け取れるわけだけど、

こういうのはあまり一般的ではなく、ほとんどの場合は不便なことである。

関東圏についてはEX予約の東日本管理の券売機での受取に対応して、一部は打開された。

それでも、例えば平塚駅で小田原からのEX予約の受取をしたりはできない。


これらの問題はきっぷを受け取る必要があるから生じる問題であり、

チケットレスであれば受取可能駅のことは考える必要はない。

例えば、大阪~新大阪~東京~水戸 と移動する場合、

新大阪~東京はEX-ICで、東京~水戸はえきねっとチケットレスを使い、在来線区間の乗車券はICカードで済ませれば、受取可能駅のことは考える必要はない。

しかし、チケットレスサービスは全般的に乗り継ぎ利用に弱い傾向にある。

広島~京都~福井を新幹線・在来線の乗継制度を使って買うならば紙のきっぷにならざるを得ない。

(e5489は乗継用のeきっぷというのを設定しているが、これも紙のきっぷしかない)

得てしてそういうのは購入可能なシステムと受け取り可能駅の制約が問題である。


というわけでまぁ難しいと。

しかし、これで初めて知ったのは、近畿圏でもえきねっとは受け取れなくはないということですね。

といってもJR東海の券売機に限られるから、それは米原・京都・新大阪の新幹線側だけなんだけど。

勤務先で ビジネスえきねっと を導入していて、駅での受取が可能なのだが、

関西方面の出張であれば、往復乗車券と往路特急券は出発前に受取、復路の特急券は新大阪・京都で受け取るという対応もできるんですね。

従来、こういうケースは復路特急券は立替で対応していただろう。

(そのまた昔は新幹線回数券を引き出して、復路乗車前に指定を受けるという方法があったのだが)

まぁ多頻度で使う人ならEX予約の登録手続きをすればいいんですけどね。