事務局対応で一部返金はアリ

最近、メルカリでいくつか本を買ったわけだが、

その中の1つで検品していたら、店舗特典のブロマイドが見あたらない……

特に欲しかったわけではないのだが、商品説明に書いてあったよな。

カバーを剥がしたり、いろいろ確認したが、どうもないので質問してみた。

すると、どうも誤記だったらしい。なんでそんな誤記をしたのかわからないけど。

(複数出品していて、そのうち1つだけに書くべき説明を書いたのかと思ったが、そういうわけでもなさそうだった)


で、誤記ではあったのだが、当該ブロマイド自体は手元にあるとのこと。

なので追加で送ることはできるとのことだった。

本来ならそれが真っ当な解決法なのだが、正直なところブロマイドをもらってもなぁと。

それならばその送料分を還元してくれた方がよいのだが。

しかし、以前も書いたがメルカリでは取引相手と金銭のやりとりが禁止されている。

メルカリでページが切り取られた雑誌

1つは不備のある商品の交換対応で、返送送料のやりとりで色々あった話。

結局はこちらは切手でゆうパケットを送り、相手から同額の切手を返してもらうことで打開した。

もう1つは不備のある商品を返送無しでキャンセルということで、こちらはシステム上で返金されている。

この方法で返金する場合、システム使用料と発送時の送料はメルカリ持ちになる。


そこでちょっと調べてみたのだが、メルカリでは一部返金という対応も可能らしい。

「ブロマイド送ってもらうよりは送料分返金の方がありがたい。メルカリでは一部返金という対応も可能らしい。」ということで提案をした。

もしこの提案が受け入れられなかったらどうしよう。でも、誤記だっていうのなら、ブロマイドの欠品は不問にしてもいいかなぁ。

なんてしばらく待っていたが、まもなく相手から○○円に値引きして対応したいとの話が飛んできた。

提案された返金額が思いのほか多かったので、申し訳ないなと思ったけど、別にこっちから強要した話でもないし。

というわけで、これでメルカリの事務局に連絡してもらって完了と。

しばらくしてメルペイ残高に返金された。


一部返金の注意点は、重要なのは「返金額」であるということだ。

メルカリから飛んできた返金対応の説明にもこう書かれているのだが。

1.返金に対する双方の合意を確認後、「出品者から購入者への返金額」を決め、取引メッセージに明記する

だから「本件の不備について200円の返金を提案します。」「承諾します」というようなやりとりが最初から行われているとスムーズなわけですね。

ただ、このときもそうだったのだが、「○○円への値引きを提案します」というような記載だと困ってしまうんですよね。

詳しくは書かないけど、これでトラブルが起きてしまったんだよね。こちらが損する話ではなかったんだけど。


というわけで一応はメルカリでも一部返金という対応は可能だと言うことですね。

不備の内容にもよるけど、全部返品してキャンセルか、返送送料分の値引きかどっちがよいか? というのは問うてもいいかもね。

なお、ヤフオク・PayPayフリマでは商品発送後の返金はシステム上で対応しないので、このあたりは元々柔軟に対応できる。

もっともヤフオク・PayPayフリマで不備を引いたのは、BOOKOFFのオークションストアで購入した本に切り取りがあったときぐらいのものだが。

(このときはBOOKOFFとメールでやりとりして振込で返金されている)


それにしても最近、メルカリで不備を引くことが多いですね。

先月も返品対応になったのが1件あったしなぁ。

これについては記載された商品内容に対して安すぎることを疑うべきだったという話もあるのだが。

あっさりと送料着払いで返送してくれたらキャンセルするという話になったのはよかったのだが。