八大競走からGIへ

NHK競馬中継の一覧を見ると、GIレースの一部をピックアップしてるが不思議な並びである。

桜花賞(BS1)・皐月賞(G)・天皇賞(春)(G)・NHKマイルカップ(G)・オークス(BS1)・日本ダービー(G)・菊花賞(G)・天皇賞(秋)(G)・ジャパンカップ(BS1)・チャンピオンズカップ(BS1)・有馬記念(G)

ジャパンカップがBS1ってのがちょっと不思議な感じがするなぁ。


このチョイスの元になっているのは「八大競走」だという。

この八大競走はGI・GII・GIIIの格付けが日本に導入される以前に、格の高い重賞をピックアップしたものだという。

桜花賞・皐月賞・天皇賞(春)・オークス・ダービー・菊花賞・天皇賞(秋)・有馬記念

これに加えてNHKにとっての最重要レース、NHKマイルカップ、

そして国際招待競走として新設された2つのレース、ジャパンカップとチャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)が加わっていると。

ジャパンカップは現在は日本競馬のチャンピオン決定戦として知られているが、外国馬に蹂躙された時代もあったりで扱いが微妙だったのかもなぁ。


現在はJRAの重賞レースには国際的な格付けがつき、GIレースのバリエーションも増えた。

しかし、そのレースの歴史はどんなもんなのか。調べたらこんなところだった。

まず、1984年にグレード制が導入された時点でGIになったレース。

創設時から名称・距離など大きく変わったものは()で付記している。

  • 東京優駿(日本ダービー) 創設:1932年
  • 天皇賞(春) 創設:1937年(帝室御賞典)
  • 天皇賞(秋) 創設:1937年(帝室御賞典・3200m) (1984年から2000m)
  • 優駿牝馬(オークス) 創設:1938年
  • 菊花賞 創設:1938年(京都農林省賞典四歳呼馬)
  • 桜花賞 創設:1939年(中山四歳牝馬特別)
  • 皐月賞 創設:1939年(横浜農林省賞典四歳呼馬)
  • 阪神ジュベナイルフィリーズ 創設:1949年(阪神3歳ステークス・1991年まで牡馬出走可能)
  • 朝日杯フューチュリティステークス 創設:1949年(朝日杯3歳ステークス)
  • 安田記念 創設:1951年(安田賞)
  • 有馬記念 創設:1956年(中山グランプリ)
  • 宝塚記念 創設:1960年
  • エリザベス女王杯 創設:1976年(1995年まで3歳限定)
  • ジャパンカップ 創設:1981年
  • マイルチャンピオンシップ 創設・GI格付け:1984年

現存する重賞レースでもっとも歴史が長いのが現在はダービーデーのハンデGIIとして行われる目黒記念ですが、GIならダービーみたいですね。

天皇賞については、その前身となったレースは1905年ぐらいからあって、春に京都・秋に東京に固定されたのが1937年ということ。

それに次いでダービー以外の3歳クラシック4レース、太平洋戦争前からあるのはここまで。


2歳(当時は数え年だから3歳)チャンピオン決定戦が導入され、

そしてその次に歴史があるのは安田記念なんですね。

この「安田」というのは日本ダービーの創設などに尽力した安田伊左衛門のことで、その点では実に格式が高いレースとも言える。

事実、4歳以上馬が出られるマイル以下のレースでこれほど歴史のあるレースは他にないという。

その次が有馬記念、宝塚記念の両グランプリ、有馬記念はお祭りですね。

エリザベス女王杯というのは牝馬三冠最終戦として創設されたもので、今の秋華賞の位置づけに近かったのかもしれない。

そういえばNHK競馬中継には秋華賞ないですね。

国際招待競走のジャパンカップ、これは日本初の国際GI(1992年~)でもある。

最後のマイルチャンピオンシップは秋のマイル王決定戦ということで、この辺から距離別チャンピオン決定戦が充実していくと。


ここからは比較的歴史の浅いレースである。

  • スプリンターズステークス 創設:1967年(1984年からGIII)  GI格付け:1990年
  • 高松宮記念 創設:1971年(高松宮杯・2000m・1984年からGII) GI格付け:1996年(ここから1200m)
  • NHKマイルカップ 創設・GI格付け:1996年
  • 秋華賞 創設・GI格付け:1996年
  • フェブラリーステークス 創設:1984年(フェブラリーハンデキャップ・GIII) GI格付け:1997年
  • チャンピオンズカップ 創設・GI格付け:2000年(ジャパンカップダート)
  • ヴィクトリアマイル 創設・GI格付け:2006年
  • 大阪杯 創設:1957年(大阪盃・GII(1984年~)) GI格付け:2017年
  • ホープフルステークス 創設:1984年(ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス・GIII・1600m) GI格付け:2017年

といっても大阪杯は天皇賞(春)の前哨戦として1957年から存在していたり、

スプリンターズステークスも実は1967年創設で、ただGIになったのは1990年と。

高松宮記念は1996年に1200mのGIになる以前は、2000mのGIIだったとか、それはもはや別物だろうと。でもトロフィーが同じなんですよ。

NHKマイルカップは歴史の浅さゆえに創設当初から外国産馬の出走を全面的に認めていて、「マル外のダービー」の異名もあったという。今は昔ですが。

フェブラリーステークスは1984年創設でもJRAではもっとも歴史のあるダート重賞である。

(ちなみにJRAがダートコースを導入したのは1961年)


僕が競馬について本格的に見聞きするようになったのはここ4年ぐらいのことで、

日本競馬で距離別のチャンピオン決定戦が整備され、得意な距離に専念するのは普通の時代になっていた。

しかし、それこそ「八大競走」とか言っていたときには芝中長距離……いや今の感覚では長距離ばかりのチャンピオン決定戦しかなかった。

1984年に天皇賞(秋)が2000mに、宝塚記念(2200m)・安田記念(1600m)がGIに位置づけられ、マイルチャンピオンシップ(1600m)が新設され、短い距離のレースも充実するようになった。


その煽りを最も受けているのが、今日行われた伝統の3200m戦、天皇賞(春)なんでしょうね。

GI優勝馬は1頭(昨年の菊花賞優勝馬、タイトルホルダー)だけ、3勝クラスからの格上挑戦も1頭いる(昨年は3頭もいた)状況である。

昔は中長距離のトップホースは多くが出走したんでしょうけど、

大阪杯のGI格上げ、香港のクイーンエリザベス2世カップへの遠征(今年は遠征できなかったけど)で、2000m付近にこだわってそっちを選ぶものが多くなった。

一方で年に1度のステイヤーの晴れ舞台ということで、挑戦する馬にはそれなりに理由があると。

ちなみに今年の優勝馬はその唯一のGI馬、タイトルホルダーだった。立派なことで。


ところで、マイル以下のチャンピオン決定戦としてもっとも歴史があると書いた安田記念ですが、久しぶりに外国からの馬がやってくる予定である。

それが香港で24戦21勝という驚異的な成績のGolden Sixtyである。

香港の三冠馬で、昨年のクイーンエリザベス2世カップに遠征したデアリングタクト(日本の牝馬三冠)と三冠対決か?と言われたものの、

2000mよりはマイルの方がいいねということで、同日のレースではチャンピオンズマイルに出走して優勝し、ゆえに特に三冠対決にはならず。

以後も香港でマイルを中心に走り、驚異的な成績を挙げてきた。

そんな彼にとって初めての遠征が日本の東京競馬場、安田記念である。

香港の競馬関係者では安田記念というのは目標の1つとして知られているらしい。

彼の強さは香港マイルに遠征した日本馬も知っているわけですから、

あとは東京競馬場で実力を出せるかどうか。