乗換がだんだん不便になる駅

JR渋谷駅の中央改札が中央東改札に集約されるそうで。

JR渋谷駅中央改札、10日初電から閉鎖。中央東改札と統合 (Impress Watch)

この中央東改札というのは銀座線の駅が移転したときに銀座線乗換と渋谷スクランブルスクエアへのアクセス用にできた改札口だったはず。

これはどういうことかというと、井の頭線渋谷駅・渋谷マークシティから改札口が遠くなるということである。


そもそも京王井の頭線とJR山手線の乗り換えはだんだん不便になっている。

かつては山手線池袋方面ホームに玉川改札(東急田園都市線のルーツとなった路面電車、玉川線に由来)があって、

これが使えれば真っ直ぐ歩くだけで乗換が済んだ。

山手線品川方面ホームでの乗降ではそういうわけにはいかず、階段を上って中央改札へ行くのだが。

まず銀座線の駅移転により、この中央改札へ至る階段を銀座線乗換の人も利用するようになった。

直接的にJRに関係ないように見えるが、これは階段が混雑すると言うこと。ラッシュ時は問題となった。

さらに通路として使っていた東急百貨店東横店が取り壊されることとなり、

玉川改札が閉鎖、代替となる仮設通路が設けられることに。

不思議な通路でマークシティ側が階段になってるので階段を歩けない人は使えない。

ということは車いすなどの場合は路上を歩いて乗り換えるしかないってことですね。

(ただ、もともと車いすで利用できたかというのは微妙なところですが)


これがさらに遠くなるわけだが、問題は現中央改札へ至る階段の先、

現中央東改札にたどり着くまでずっと比較的狭い通路を歩くということでさらなる混雑の懸念があると。

そこで、ハチ公改札と南改札への分散を呼びかけているようだが……

ハチ公改札はマークシティで地上に出て、スクランブル交差点として知られる渋谷駅前交差点を渡ることになる。

うーん、これはめんどくさいな。

南改札は仮設通路を歩いて、中央改札へ至る階段の前で右側の階段を降りればたどり着ける。

でもこれも南改札が駅の東側に寄ってるから、山手線への乗換と考えるとちょっと遠回りっぽい。

まぁ南改札は使ったことないからなんとも言えないんですが。


あっちに回ってもこっちに回っても不便というのは、いろいろな施設を同時に作り替えているがためであろうと。

現在、渋谷駅は2つの山手線ホームを1つの広いホームに作り替える工事を進めている。

このために駅の導線を作り替える作業も進めているわけですよね。

それでも駅の機能を維持できるようにやっているわけだけど、

通路が狭くなったり、遠回りを強いられることは避けられないということですね。

山手線ホームの改築が完了すればこの遠回りも経るんじゃないかな。


最近はあまり渋谷での井の頭線・山手線の乗り継ぎをすることはないですけどね。

でも、この乗換を全く使わないということはないでしょうから。

そのときどの乗換ルートを使うかは悩み所ですね。

南側の車両に乗って南改札という方向に寄せるのはアリだと思うし、

他の通路も見直される中で有利不利も変わっていくのかなとも思う。


ところで、JR渋谷駅のニュースを見て、そういえばと思ったんですけど、

以前、埼京線のホームが大きく南に寄っていて、その埼京線ホームに対応して新南口ってのがあったんですよね。

新南口自体は乗換や繁華街へのアクセスにはあまり役に立たなかっただろうけど。

埼京線ホームの移転により新南口はその意義を失ったが、現在も改札口は残っている。

従来の埼京線ホームを連絡通路として残しているためである。

でも、将来的に新南口はなくすという話だったはず。どうなってるのだろう?

調べたところ、新南口へ至る通路ができたら連絡通路と改札は閉鎖されるようで。

渋谷駅 遠かった旧埼京線ホームは今後どうなる? 移設1年 長~い高架通路も消えた (乗りものニュース)

新南口はホテルメッツ(JR東日本の経営するホテル)が入居するビルになっている。

だからここへ至る通路は何らか確保したいということらしい。