セブンイレブンでのバーコード決済は奇妙

最近、セブンイレブンアプリで配給されたクーポンを使うためにセブンイレブンへ行くことがある。

どうもPayPayをアプリで使えるように設定した人に付与されているクーポンらしい。

だからといって支払いにPayPayを使う必要はないので、

今月いっぱいまでキャンペーンのJ-Coin Payで払ってるけど。


そのセブンイレブン、最近になってレジの客側につり銭機が取り付けられるようになった。

スーパーのセミセルフレジのような形で、支払いだけセルフ化したということらしい。

でも、これは本当に意味があるのか? と思うのである。

特にJ-Coin Payのようなバーコード決済で支払う場合。


どういうことかというと、店員が商品をスキャンして支払額が確定すると、

ここでタッチパネルで支払手段を選ぶわけである。

現金ならそのつり銭機に現金を投入するわけだし、nanacoならタッチするわけだろうけど、

バーコード決済の場合はスキャナでバーコードを読み取るのは店員の操作である。

店員に「J-Coin Pay……バーコードで」というと、「そこでタッチして選んで」と言われ、

言われるがままにタッチすると、店員がそのバーコードを読み取るという、なんでこんなことを……となる。


おそらくセブンイレブンの意図としては、客が支払いするのと、店員が袋詰めするのが平行して進めば効率的とおもったのだろう。

確かにその意図通りに働くケースもあるが、そこまでではないんじゃないか。

バーコード決済なら店員の手数は従来と何も変わらないわけだし、nanacoなど非接触ICカードだとこれは一瞬である。

逆に飲料1本だけとかいう買い物ならそもそも店員がやることはほとんどないわけである。

この2つが平行して進むのってどれぐらいあるんだろうと思う。


コンビニとセルフレジといえば、ファミリーマートとローソンの導入意図が対照的という話を書いたことがある。

ローソンのセルフレジはなにがよい

ファミリーマートはピーク時に効率よく客を捌くことを意図して非常にコンパクトなセルフレジを導入しており、

これは同社が駅売店を多く手がけているため、狭い店で使えて、素早く客を捌けることを重視してきたためだろうと。

一方のローソンのセルフレジは人手が少ない時間帯に無人のレジを精算に使えるようにしたというものである。

セルフレジが役割を発揮するタイミングが全然違うわけですね。


そうしてセブンイレブンがセミセルフレジのようなものを導入したわけだが、

ファミリーマート・ローソンがともにキャッシュレス決済を前提としてセルフレジを導入したのに対して、

セブンイレブンはどちらかというと現金客をスムーズに捌くことを重視しているということは、

これもまた対照的ではあるが、それはそれで時代に逆行してないかという気もする。

特にセブンイレブンはnanacoって電子マネーがあるわけじゃないですか。

セブン銀行ATMという名のチャージ機も各店に配備されており、レジのキャッシュレス化の助けにもなりそうなものである。


いずれにせよバーコード決済の場合に決済手段を客に選ばせる意味はよくわからない。

近所のスーパーでセミセルフレジを導入しているが、バーコード決済の場合は支払機に回らなくてよいというのがある。

大胆な見切り販売が狙い目

クレジットカードでも支払機に回らないといけないので、これはバーコード決済の特権である。

セブンイレブンのバーコード決済の場合の奇妙なフローについては、

客側にバーコードリーダーを設ける方法でも対応できるだろうと思うが、

そうでないならばバーコード決済だけは店員に申し出るとか、そういう形も考えるべきではないか。

あと、これは確認してないけど、おそらく磁気ストライプしかないクレジットカードも店員扱いになるはず。

このあたりもセブンイレブンのツメが甘いところだと思う。

逆にファミリーマートのICチップ・磁気ストライプを同じ方法で読み取れる装置は客の混乱を減らせていいと思いますね。

(これはこれで慣れない人もいるだろうけど)


J-Coin Payのキャンペーンがなければ、おそらくnanaco払いがメインになるだろうから、

そうすればこのシステムのメリットも感じられるようになるかも知れない。

もっともセブンイレブンは普段はそんなにいかないんだよな。

コンビニならファミリーマートが最優先で、それに次いでローソンという感じになりがちではある。