久々出勤では効率が悪いか

今日はとある人が久しぶりに出勤していた。

普段から一緒に仕事はしているのだが、最近は在宅勤務続き、

それは他の人もそうだが、この人はその少し前から在宅勤務の日が多い人だった。

ちょっと遠くに引っ越してたんですね。

もっとも暫定措置で在宅勤務の上限が取り払われる前は在宅勤務には上限があったし(今は正式に撤廃されたんだったか)、

なんやかんやいって、それなりの時間かけて通勤する日は多かったが。でも週数日は在宅勤務というのは当時にしては多かったよね。


今日の出勤の目的はサービスマンへの指示書作成のためということで、

実際に物を触って操作して、手順書が正しいか確認したかったということですね。

それで昨日の午後に「操作手順の確認に使いたいから○○用意できる?」という連絡が来て、

なかなか唐突な話だなと思ったが、幸いそこまで時間がかからず用意することが出来た。

(置き場所がねーよと思ったけど、夏休みの人の作業スペースを借りたので、少し横着できた)

こういう下準備をしておいたうえでの出勤作業だったのだが……


それで準備した機器をすぐに使うのかと思ったら、午前中はいろいろ物を集めていて、

どうもサービスマンが使う治具を事前に話を付けて確保してあったのだが、

確保したといっても在宅勤務中に話を付けておいたというだけなので、実際の物が動いたわけではなく、

それで話を付けておいた物を集めるという作業がけっこうな時間になったらしい。

これ、お互いに出勤してれば「○○借りたいんだけど」「はいどうぞ」って物が渡されるところ、

在宅勤務中だと「後で持っていきます」ということにしかならないので、こういうことになるんだね。


それであれこれと用意して、作業手順の確認作業に移って、昨日用意したシステムも使いながら動作確認して、

他部署の人にも確認してもらい、目的の作業は完了できたようだ。

そんなこんなで事前準備した割には1日仕事になってしまったのだという。

まぁ1日で終わったんでよかったですけどね。


連日出勤でやってれば、正味の作業時間は大したことなかったんだろうけど、

久々に出勤で物を準備したりすると、それだけでも時間がかかるというのはまぁそうだろうなと思った。

最近は使用頻度の高い機器は作業場所に備え付けるようになったから、そこまでのことはないけど、

以前は使うたびに機器を作業場に持ってきていたから、何か作業を始めるたびに準備だけで時間を取られることは多かった。

後にラックが作業場に備え付けられたり、比較的数のある機器は占有するようにしたりして、

いろいろな作業がわりとすぐに立ち上がるようになったけど、そこまではけっこう大変だった。


またこの人は明日から連日在宅勤務になるでしょう。

そういう意味では効率の悪い1日だったともいえるが、そういう仕事なので。

作業手順の確認を他の人(やるとすれば自分だろう)に委ねるという手もあっただろうけど、

自分で直接やった方がよいという判断自体はそんなに間違えてはいないと思う。