d払いも難しいがメルペイはもっと難しい

Coke On Payでメルペイを使うと100ポイント還元というから、

久々にメルペイにCoke On Payをセットして使おうかと思ったが、

そういえば、メルペイ残高を使うか、メルペイスマート払いを使うかどうやって選ぶんだっけと、

メルカリアプリを開いて、ちょっと探したら「メルペイ設定」→「ネット決済(自動)の支払い方法設定」というのがあって、

これで残高かメルペイスマート払いか、ポイント使用するかしないかが選べるようになっていた。

ポイント・残高を消化したかったので、そっちを選択してから、自動販売機で飲料を買った。


似たようなものはd払いにもあって「Amazon dポイント利用設定」という名前である。

Amazonと付いているが、実はAmazon.co.jp以外のいくつかのサービスにも適用される。

なので、(NTTドコモの回線が必要なので)Amazonでd払いが使えないけど、この設定は僕も使う。

期間限定dポイントを充当して、残りはクレジットカードに請求が来るようになってるはず。


メルペイ残高は先月に6000円ほどの売上が入って、それでけっこう残高が積まれた。

一部はメルカリでの本の購入に充てたが、それでもだいぶあるからどうしたもんかなと思っていた。

とりあえずはメルペイのキャンペーンがあるところでチマチマ買い物して使っていて、

先日はココカラファインで買い物するとポイント付与というから、いくつか買い物してメルペイで決済したり。

ゆるやかに残高は減っているが、ポイント目当てで少額の買い物を繰り返してるのでそこまででは……


なかなかメルカリの売上金の取扱は悩ましいところである。

売上金を銀行口座に振り込んでもらうには手数料がかかるので、メルペイは無手数料で売上金を消化できる手段である。

一方で、普通にメルペイを使っても特にポイントが付与されたりするわけではない。

正直なところ、メルカリの買い物でも、FamiPayで払った方がお得である。(FamiPayボーナスが付くから)

とはいえ、売上金は使わなければ何の役にも立たない。

キャンペーン目当てで使えればよいが、メルペイのキャンペーンは条件を満たせば少額でも恩恵が大きい物が多い。

ゆえにキャンペーンがあっても、メルペイの決済額がかさむということはあまりない。


残高があまり減らないという点ではd払いもそうなんだよね。

こっちは理由がまるっきり違って、銀行チャージができないので、キャンペーンに必要最低限の残高だけセブン銀行ATMでチャージしていて、

最近はd払い残高限りのキャンペーンも少なく、ほとんど残高が動いていない。

最近はd払いのキャンペーンも低調なので、もう残高持ってる意味も薄れてきたのでは?

と思う一方で、dポイントを消化する手段としてのd払いというのは意義があるし、わりと悩ましいところである。

d払いアプリ自体はdポイントカードとして使うことが多いので、忘れることはまぁないだろう。


こうやっていろいろなプリペイド決済手段に残高が分散するのもどうかと思うんですけどね。

最近、LINE Payの残高は全部使い切りましたけどね。

d払いも畳んでいいかも知れないなと思いつつ、様子見している状況である。

一方のメルペイはメルカリで売れてしまうと勝手に残高が積まれてしまうんですよね。

メルカリではゆうパケットポストが有効活用できる商品を中心に出品していて、なんやかんやポロポロ売れる。

使うだけならばいろいろ方法はあるが、安易に使うともったいない気がして、なかなか動かない。


というわけでメルペイは難しいですね。

最近、スーパーで使うと2%ポイント付与というキャンペーンが出てきて、

他の支払手段との兼ね合いを考えれば、僕が買い物するスーパーではイトーヨーカドーが唯一使い道がありそうだったが、

イトーヨーカドーでnanacoで払えば、クレジットチャージで0.97%、nanacoポイントが0.5%付くわけで、

それより2%のポイント付与の方が少し有利だが、そこまで大した差ではない。

普通に使っても何もポイントも付かないんだし、少しでもポイントが付与されるここでドカンと使う方が有利?

と思いつつも、別にここで急いで使う必要もないよなと、なかなか踏ん切りが付かない。


他に動きが鈍いプリペイド電子マネーといえばWAONですよね。

これは ときめきポイント・WAON POINTの交換先としての用途がほとんどだからだけど。

(イオングループ店舗では通常、イオンカードのiDで決済を行っている)

イオンカードに一体化しており、用途としては明確だし、存在を忘れることはないものの、まぁ微妙なもんだなとは思う。