暫定措置の終わり

明日の午後から夏休みの旅行に入るから準備しないと。

まぁ夏休み前でいろいろバタバタ調整してるけど、1週間消えても多分大丈夫な気がする。

いや、もともとうちの職場の人は代わりにやってくれるか、1週間ごまかしてくれるけど。


もうだいぶ前だけど、在宅勤務者が増えすぎたときに暫定措置として、

メールサーバー・テレビ会議などに社外からインターネットで直接アクセス出来る仕組みが導入された。

社外からもアクセス出来るようにした

実はこれ会社所有PCだけでなく、個人所有PCでも使えたのだが、

いろいろ状況も改善してきたので、会社所有PC限定になることになったようだ。


理由はセキュリティ強化のため。確かに暫定措置ということで、利用者の善意に頼るところはけっこうあった。

会社所有PCでは継続されるため、会社所有PCを自宅に持ち帰りさえすれば問題ないし、そっちのほうが利益が大きい。

確かにこの機能を個人所有PCで使ってはいたのだが、メールが届いたのを読んで、

特に添付ファイルがある場合など、会社所有PCを立ち上げて作業するということはザラだった。

それなら最初から会社所有PC使っとけよというのは一見すればごもっともな話である。


しかし、それをやらないことには理由もあって、それは会社所有PCがノートPCであることで

長時間にわたりノートPCで仕事してはそれはどう考えても疲れるわけである。

そこで、この暫定措置を使って、個人所有PCを使うことが多かったわけですね。

ただ、一方で個人所有PCでそういうことができなくなるというわけでもない。

従来やっていたように画面転送で仕事をすることはできるからである。

しかも、これも去年春にだいぶ強化されたので、そんなにリソース不足に悩まされることもなくなった。

実際、標準的なソフトウェアで足りる作業で、ある程度の時間、画面と向き合う仕事ならこっちを使っている。


でも、これでテレビ会議ってできるのかな?

確かに昔は画面転送経由でテレビ会議に参加してた覚えもあるけど、どうだったっけ。

まぁ結局は会社所有PCでの参加になるんかなぁ。実はここが一番微妙ですね。


これとは別の話だけど、最近はノートPCが供給難らしい。

勤務先でも新規の用立てが難しいというような話がこの通知に付けてあった。

一方で、うちの職場でデスクトップPCを社外(自宅)に持ち出してる人もいるらしい。

えっ!? って思ったけどね。デスクトップPCをVPNでつないでるんだろうか。

まぁVPNの利用範囲が大きく拡大されたので可能なのかも知れない。(cf. 在宅勤務でVPNが使える)


というわけで、暫定措置をやめる理由も理解できる部分は多いので、仕方ないなと思うのだが、

多少仕事のしにくさというのは出てきそうな気はする。

基本は会社所有PCで、それで長時間やっては耐えられないときは個人所有PCに画面転送ですかね。

しかし、個人所有PCでテレビ会議するために取り付けたマイクの出番は激減しそうだな。

USBマイクは安くてもよい

まぁこれ会社に買ってもらったわけではなく、単に自分の趣味で付けただけだし、そもそも安いもんだし。

別になんとも思わないです。ただ、テレビ会議ぐらいなら……という思いもあるのは本音ですがね。