速達だか書留だかレターパックだか

以前ニュースにもなってたが郵便法の改正により、

郵便のサービスレベルの見直しが今年10月に行われるとのこと。

2021年10月から郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスを一部変更します。 (日本郵便)

土曜日の配達取りやめと、配達日数が概ね1日のびるとのこと。

その代替として速達料金が若干下がる。


土曜配達の取りやめは郵便局員の休日確保といったところにメリットがありそうなのは見て取れるが、

配達日数が1日程度延びるというのはどういうことなのか。

調べたら深夜帯の仕分け業務を削減できるみたいですね。

普通郵便10月から土曜配達取りやめ 配達にかかる日数1日程増に (NHK)

それに付随して夜間の荷物配達強化も実現できるということ。

今まで午前・午後の差し出しで配達日数が変わっていた地域も同じになるというようなことからして、

輸送便の集約みたいなのもあるのかもなとか思いましたが。

非常に多岐にわたる効率化が見込めるということではないかと思う。


とはいえ、利用者にとっては困った話である。一方で下記のサービスは影響を受けないとなっている。

  • 速達 (250g以下で+290円→+260円)
  • 書留 (簡易書留だと+320円)
  • レターパックライト/プラス (各370円/520円)
  • ゆうパケット (定価では250~360円、ただし原則陸送)
  • ゆうパック

ゆうパケットは原則陸送と注釈を付けたが、確かに今回のサービスレベル変更の影響はないものの、

安価な荷物サービスだけあって、若干遅い傾向はあり、普通郵便より早いかは一概には言えない。

とはいえ、本州・四国内々ぐらいなら、土日配達で逆転できるレベルだとは思いますが。


定形郵便25gは、特殊取扱なしなら84円、新料金の速達を付けると344円、簡易書留を付けると404円、

定形外郵便50gは、特殊取扱なしなら120円、新料金の速達を付けると380円、簡易書留を付けると440円と。

こうして見たとき、レターパックライトの370円というのは安いなと気づく。

もちろん、定形郵便に速達を付けるよりは若干高いんですけど、レターパックライトは追跡できますからね。

ということで、レターパックライトの需要は増すんじゃないかという気はした。

なお現在でも250gを超過すると定形外郵便は390円となり、レターパックライトの方が安くなる。

(レターパックライトの封筒に入るかという問題はあるが、規格内サイズならレターパックライトには入る)


追跡という点では、速達と簡易書留の料金差が小さいことも気になるポイントである。

もともと速達と書留を重ね掛けすることの意味というのは気になっていたところである。

というのも書留というのは、これまでは公には配達日数自体は特殊取扱なしの郵便と同じだとされていた。

でも、実態としては書留と速達は郵便局間の輸送便は同じものを使ってるなんて見たんだよな。

末端の配達便は違うかも知れないので、そこで差が出る可能性はあるのだが。

いずれにせよ今までは公には書留の配達日数という概念はなくて、明示されていたのは休日も配達があることぐらい。

ただ、今回のサービスレベル変更では、特殊取扱なし と 書留 と 速達 をそれぞれ違う日数で書くことになるのか。


ちなみに、今もそうだけど、特定記録(+160円)だけ付けた郵便は休日の配達はない。

ただし、配達日数が1日程度増加する対象ではないとも書いてある。(それは意外だったが)

特定記録にするだけでも微妙にスピードアップする可能性はあるが、土日留め置かれることに変わりは無い。

ポスト投函で追跡できて日を問わず速く配達して欲しいとなると、特定記録+速達 が必要となる。

速達を付ければ配達日数については保証される(郵便局の責任で遅延した場合は速達料金の返金を受けられる)が、

他の配達手段では、例え速達並みの配達日数が表示されていても、何らかの事情で遅れる可能性はある。

特定記録+速達 よりも 簡易書留 の方が安いじゃないかというのは、内心納得のいかないところはありつつ、

一方で、実力としては速達並みの日数が出ても、速達料金を払っていない限り、保証されたものではないことを理解する必要がある。


今回のサービスレベル変更というのは、1通100円前後の郵便・荷物(ゆうメール)をいかに効率的に運ぶかというところであろうと思う。

普通郵便でもそこそこ速い(発着地次第ではあるが、定形郵便は航空積載されることも多いので遠方でも意外に速かったりする)、

というところからすれば、今回のサービスレベル変更というのはけっこうインパクトが大きい。

が、この価格帯の郵便・荷物の大半はそこまで配達日数にシビアではないことが多いので、許容されるという考えだろう。

これが1通300円~の価格帯になってくると、それは土日配達しても間に合う。そんなことが見えてくる。


土曜配達が休みになるのはそういうもんかなと思うんですけど、

それならそれで連休時の特別配達日の設定をちゃんとやって欲しいというのが願いである。

現状、土曜はじまりの3連休は2日連続で配達休みとなる。

これが土曜休みになると単純には3日連続で配達休みになるが、そこに手当てしてくれるか。

日曜に特別配達日を入れて1日休み・1日休み になれば現状より改善と言ってもいいけど、これはあまり期待できませんね。

確実に手当てして欲しいのは4連休以上ですね。

今までは土曜配達があったからそんなに配達休みが続かなかったかもしれないが、今後はそういうケースも増えるだろう。

昔は5月4日(当時は国民の休日)って特別配達日だった覚えがあるんだけど、最近はそういう話もないよね。

集配間隔が極端に開くところが出ないように配慮されることに期待したい。