日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

こういう宅急便コンパクトもある

メルカリで購入した本が「宅急便コンパクト」で発送されたと表示されて、

そこ、ネコポスじゃないんだと思ったが、それはそれで。

でも、宅急便コンパクトの専用箱って本を送るのにはあまり向いてなかったような……

なんて、今日の午前に「ヤマトですー」って来た荷物を見たら、

レターパックのような形で、材質が段ボールの封筒に入って届いた。

「宅急便コンパクト薄型専用BOX」って言うらしい。


以前、ネコポスはゆうパケットとは異なり一般的に個人が発送することはできないなんてことを紹介した。

ネコポスの寸法規定は厳しい

それに対して宅急便コンパクトは特別の契約のない個人でも発送が可能である。

あと宅急便と同じく、原則として手渡しでの配達になる。これは善し悪しあるでしょうが。

ただ、定価ベースではそれなりのお値段ではある。あと発着地によっても料金は異なる。

関東~関西で定価は660円、持込で100円引きなので560円、営業所持込でクロネコメンバーがネコピットで伝票をつくればさらに100円引(デジタル割50円・持込割+50円)で460円といったところ。

あとはクロネコメンバー割(カードにチャージして支払う場合に10%引きになる)の適用が可能である。

ここら辺まで来るとそこそこ安いが、コンビニではなく営業所への持込が前提の割引が多いのが向くかどうか。

価格帯からして レターパックプラス に似ている気がするが、こっちは(ポストに入れば)ポスト投函でもOKですからね。


あと忘れてはいけないのが専用BOXを使うという条件である。

専用BOXの価格は70円、再利用はできない。(専用BOXにも明確にそう書かれている)

宅急便を取り扱うコンビニにも置いてあって入手性はいいので、そこはよいところだと思いますが。

で、最初に本を送るにはあまり向いてないような……と書いたのが 20cm×25cm×5cm という箱ですね。

厚さ方向が5cmもある一方で、平面方向はB5判より少し短く少し幅広といったところで、雑貨類を送るのに向いてるだろうなとは思っていた。

通販でも音楽・映像ソフトを宅急便コンパクトで届くことはわりとあるけど、まさにそういう用途に向いている。


で、それに対して今回の荷物で使われていた「宅急便コンパクト薄型専用BOX」というのは、

24.5cm×34cmという封筒状のもので、この表記からもわかる通り、厚み方向は規定されていない。

「専用資材が著しくやぶれているもの、加工したものはお取り扱いができません」という注意事項が書かれていて、

厚さ方向は、破損させずに封ができる範囲ということになり、それってレターパックプラスと同じ?

ただしヤマト運輸のFAQにはこうも書かれているが。

最大0.8cm(コピー用紙:上質紙100枚相当)の厚みのあるものを封入することができます。

この点ではネコポスの厚さ2.5cmの制限より厳しいと解するべきなのかな? でも明文化された規定はない。

なので、変形させて厚みのある荷物を「薄型専用BOX」を使って宅急便コンパクトで出荷する人もいるのはそうらしい。


まぁそこまでして宅急便コンパクトにこだわる意味があるかという話はありますけどね。

でも、やっぱり60サイズの宅急便よりははるかに安いのはそうですね。

24.5cm×34cmの封筒というのは60サイズギリギリぐらいの荷物ですからね。

だから、これを少しでも超える荷物というのは60サイズに収まらない可能性もけっこうあるわけですよ。

にも関わらず60サイズの宅急便運賃の半額以下とすれば、そりゃ安いよね。


ちなみにこの本はネコポスで送るのも多分できたと思いますよ。

1kgの重量制限を超過するとか、31.2cm×22.8cmというキツキツのところに入らないとか、

そういう事情があればよい選択肢ではあるけど、そういうことはなさそうだし。

(ちなみにメルカリでの宅急便コンパクトの料金は全国一律380円、専用BOX別途)

もちろん手渡しで配達して欲しいという事情があれば、これはお得ですが、それが必要かはまた別問題。


Author : Hidemaro
Date : 2021/02/13(Sat) 22:30
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools