日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

d払いはATMチャージですか?

今日、ふと思い立っていくつか中古の本を漁ってて、

最大のお目当てだった本はヤフオクのブックオフで購入したが、

2冊はメルカリでバラで買う方が安かったので、じゃあメルカリにするかと購入しようとしたところで、

dポイントとd払いのキャンペーンが紹介されていて、あまりにお得だったのでとうとうdポイント・d払いを導入したのだった。


どれぐらいお得かというと……

dポイントはメルカリと新規連携させた人対象にメルカリ購入額の40%(上限2000ポイント)付与、

d払いは新規または最近6ヶ月間に利用がない人対象に利用額の50%(上限1000ポイント)付与、

さらに通常メルカリでd払いするのにかかる100円の手数料もdポイントで還元という大盤振る舞い。

2冊で2500円ほどだったのだが、d払いの手数料100円×2件を加えて2700円に対して、

メルカリ購入額に対するキャンペーンで1080ポイント、d払い新規で1000ポイント、手数料還元が200ポイント、

ということで、2700円使うと、2280ポイントが後でdポイントで戻ってくるということですさまじい。


まず、dアカウントを作って、d払いアプリをダウンロード、これでd払いもdポイントも使える。

ここまでやたらとdアカウントに登録したE-mailにワンタイムパスワードが送られてきて入力させられた。

端末毎・アプリ毎(今回だとChrome・d払い・メルカリの3アプリを使う)でワンタイムパスワードが要求されると。

NTTドコモの回線に紐付くIDだと回線認証ができるみたいですけどね。

あと、NTTドコモは「dアカウント設定」アプリを使った認証を推奨してたみたいですね。

なら最初から言ってくれとは思ったが。もう必要なところはあらかた登録したからいいや。


で、d払いが使えるようになったわけですけど、d払い自体はクレジットカードと紐付けても使えるが、

新規または最近6ヶ月間の利用がない人対象のキャンペーンで、僕がすぐ使えるのはd払い残高での支払いだけで、

じゃあ銀行チャージしようと思ったら、本人確認が必要だが、その本人確認はすぐには完了しない。

d払いなどを通じた銀行口座の不正引き出し騒動以来、銀行チャージの登録前に本人確認を要求するサービス増えたよね。

本人確認しないとメルペイが……

本人確認は人手を介するのですぐには完了しないですから、ここが不便ですよね。

仕方ないので、とりあえず最初はセブン銀行ATMから現金チャージしようと、セブンイレブンへ向かった。


セブン銀行ATMのQRコードを使った取引は初めてだった。

QRコードという画像データを通じて入金先を決めるので、詐欺に使われやすそうだから注意喚起の表示が多かった。

あんまりいい仕組みだとは思わないけど、PayPayにしてもd払いにしても、アプリが口座の場合はこうするしかない。

QRコードを読み取った後は、銀行口座への入金と似たような感じで入金できた。

とりあえず今回の目的で必要な金額を千円単位に切り上げて3000円を入金した。

そしたら、メルペイからd払いを呼び出して(ここで初回はワンタイムパスワード認証が入る)、それで決済と。


なんてわけで、とりあえず初回はこれで乗りきったが、やはり本来は銀行チャージができるべきだろうと。

d払いをガンガン使う気はさらさらないけど、キャッシュレス決済手段を使うのに現金チャージを要するのは不都合だし。

なんて思って銀行チャージの説明を見たら、なんと新規登録できるのはゆうちょ銀行だけだと書いてある。

そう――d払い騒動の後、多くの銀行からチャージが停止された状態が続いていて、

今回使用を想定していた みずほ銀行 は既存登録者のチャージは可能だが、新規登録はできないのでどうしょうもない。

もうこれだと本人確認する意味も無いなと、本人確認せずに放置することにした。

ボーナスポイントが付与されたら実店舗だのなんだので使いましょう。


あと、気になったポイントとしては、アプリでの本人確認手段は運転免許証・運転経歴証明書に限られてるんですよね。

僕が使っている他の決済系サービスだと、

PayPayは運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード(今年に入って銀行口座登録時の本人確認が必須化されたらしい)、

メルカリ(メルペイ)は運転免許証・マイナンバーカード・在留カード・所持人記載欄のある日本国パスポートとなっているが、これらがない場合も健康保険証などをアップロードして認証可能である。(この場合はメルカリで本人確認済バッチが付かない)

PayPayにしてもマイナンバーカードが使えるだけなんですけど、これは住民なら誰でも作れるものなので……

d払いの説明を見る限り、ドコモショップで対面での認証を行うことができるみたいで、その場合は使える書類も違うらしい。


なんてわけで、これはd払いは今後もATMチャージしか使えないままかもね。

銀行チャージの新規登録は銀行とNTTドコモの折りあいが付けば再開するとは思うけど。

というかもっとも多くの被害を出したゆうちょ銀行がもっとも再開が早いというのがなんとも言えない感じがするが。

いや、双方対策が取れたことを確認しての再開なので、問題ないんだと思いますけどね。

(どうも調べたらPayPayの銀行チャージ登録時の本人確認必須化の背景の1つがゆうちょ銀行からのチャージ再開だったらしい)


Author : Hidemaro
Date : 2021/02/10(Wed) 23:58
お金 | Comment | trackback (0)

Tools