日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

大きいものは送料込みにしにくい

知り合いがメルカリにあるものを出品したときに「送料込みにならないのか」という質問が来たと。

話を聞いてみると、大きいものなのでヤマト便着払いを使う想定だったらしい。

あー、そうなると送料込みは難しいかもな。


メルカリって大概の商品が送料込みなんだけど、なんでなのかなと調べたら、

メルカリでは送料込みと送料着払いが選択できるようになっていて、

すなわちヤフオクのように、送料を加算して決済できる仕組みはなっていないと。

その代わり、メルカリでは ゆうゆうメルカリ便 など、全国均一・匿名配送の発送サービスを用意している。

これを使うことで、送料込みの料金設定をしやすくしている。

ヤフオクでも送料込みで匿名配送にすれば全国均一料金になる。(送料別途で匿名配送の場合は発着地に応じた料金になる)


あと、ヤフオクの場合、落札後に送り先に応じて送料を見積もって決済するのも一般的ですね。

今どき宅急便でそれをする人がいるからびっくりするんだけど。(家に集荷に来てもらうならヤフネコパックは使えないのは事実だが)

特にヤマト便は料金体系が複雑なので、あらかじめ送料を決めておくのは難しいわけですから、

発払にするにしても、送料は落札後に見積もって決済にならざるを得ないと思う。

とはいえ、こういう対応はメルカリではやりようがないわけですね。


ある程度、送り先の地域を絞り込む(例えば、関東~中国・四国 の場合は送料込み、それ以外は別途見積もりとか)という対策も考えたが、

送料込みの難点として送料部分にもシステム使用料(メルカリだと10%)が取られるということがある。

この商品は送料に比して価格が安いとも言っていたので、送料の高額さも考えれば、送料の10%は重い負担である。

ということを考えたときに、送料着払いにするメリットは出品者・落札者の双方にあるわけですね。


メルカリも大型商品の発送方法がないことは認識していたようで、

昨年2月に「梱包・発送たのメル便」というサービスを開始している。

これは家財輸送を行うヤマトホームコンビニエンスが、大型商品の梱包・輸送・開梱を請け負うもので、

メルカリの他の配送サービス同様に全国均一・匿名配送となっている。

ただ、比較的高価な家具でないと使いにくい仕組みだろうとは思う。


メルカリが送料込みを基本としているのは、他サービスで送料別途の場合の送料請求額に不明瞭な点があるとか、

あとは匿名配送を基本としたいとか、そういうことも考慮したんだと思う。

購入者にとって、送料を選べる部分は限られているのは事実で……

送料落札者負担だと、同一の出品者から複数の商品を落札して、まとめて送付してもらう場合に送料を引き直してもらうこともできる。

少額の商品だと送料は重いが、複数まとめて落札すれば、送料負担が軽くなるということだ。

落札者負担だと落札者が発送方法を提案することもやりやすく、僕も過去に簡易書留での発送を提案したことがある。

その分、送料へは上乗せされたが、安心して取引することができた。

(PayPayフリマはなんぞや)

こういうことがなければ送料込みの方がありがたいわけですね。

送料部分にもシステム使用料が徴収されるので、匿名配送の送料との兼ね合いで決まる部分もありますが。


とはいえ、このケースのように、非常に大きな荷物の場合、送り先によって送料が変わらない方が不自然であり、

そこを考えると、送料込みにはできないというのはもっともな話である。

僕は「メルカリ向きじゃないんじゃない?」と返したけど、どうだろう?


Author : Hidemaro
Date : 2021/02/01(Mon) 23:56
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools