日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

ケーブルが見た目で識別できないような

うちにはUSB Type-C同士のケーブルが2本ある。

1本は自宅用、もう1本は携帯用、ちなみに昨年末に自宅用のケーブルの被覆が壊れたので買い換えた。

そんな中、スマートフォン・タブレットの充電に使っているUSB Type-C同士のケーブルが壊れて、

被覆の中の金属が見えていて、これはまずいと使用を中止した。

(Amazon以外でもAmazonギフト券は使えるぞ)

この2本のケーブルはType-CだがどちらもUSB 2.0である。


Type-C同士のUSB 2.0ケーブルというのは、充電用というのが最大の意義である。

USB PDでは、Type-C同士のケーブルが必要である。

これはUSB PDの電源供給のコントロールにはType-C特有のCC端子の結線が必要だからである。

CC端子はUSB Type-Cが表裏不問で接続できることと関係が深いもので、

このCC端子を適切に接続することで、端子の接続向きや接続相手の識別ができるわけだ。

で、このCC端子を使って通信をすることができて、それでUSB PDは電源電圧の変更を行うわけですね。


USB Type-C自体は、SuperSpeed対応のUSB 3.1・3.2・USB4にも対応していて、

さらに言うとAlternate ModeとしてDisplayPortなどの機能を持たせることができる。

もっとも基本的なUSB 2.0対応のケーブルは、USB 2.0用の通信線1対・電源(許容電流3A)・CC の線が通っていれば良い。

USB 3.1・3.2に対応するためには、USB 2.0用の通信線1対、SuperSpeed用の通信線が4対・電源・CCの線があって、

なおかつ、eMarkerと呼ばれるICを内蔵し、これでケーブルの種類を識別できるようにする必要がある。

また、USB PDでは5A給電にも対応しているが、これも安全上の問題でeMarkerを内蔵する必要がある。


というわけで、USB Type-Cのケーブルはいろいろあって、

  1. USB 2.0 3A対応
  2. USB 3.1 Gen1 3A対応
  3. USB 3.1 Gen2 3A対応 (ケーブル長は1.0m以下)
  4. USB4 3A対応 (ケーブル長は0.8m以下)
  5. USB 2.0 5A対応
  6. USB 3.1 Gen1 5A対応
  7. USB 3.1 Gen2 5A対応 (ケーブル長は1.0m以下)
  8. USB4 5A対応 (ケーブル長は0.8m以下)
    1. <!--EndFragment-->

僕が持っているのはもっともシンプルな1.のタイプってこと。

USB 3.1 Gen1・Gen2・USB4については、ケーブル長という制約があるので、必ずしも上位互換ではない。

もちろん価格の問題もあるが目的に即して選ぶと良い。

5Aケーブルも大電流を流せるケーブルは太くなりますから、これも適材適所で。電源供給に特化するならUSB 2.0でよい。


しかし、ここで気になったのだけど、ケーブルを見てこの種類が識別できるのかということ。

実は統一的なルールはないので、こうすれば識別できるという統一的なルールはない。

ただし、ELECOMなど一部のメーカーでは刻印で区別できるようにしているようだ。

「SS」と書いてあればUSB 3.1 Gen1対応(ex. MPA-CC13A10NBK)、さらに「10」とあればGen2対応(ex. USB3-CCP10NBK)、

「40」と書いてあればUSB4対応(ex. USB4-CC5P08BK)といった具合である。

このことから、単にUSBとあればUSB 2.0のみ対応であろうと解釈できる。(ex. MPA-CC01PNBK)

もっとも、このルールも厳密に適用されているわけではなく、USB 3.1対応でも「SS」など書いてないものもあるようだ。

あと、5A対応ケーブルだが、ELECOMでは記載方法のルールがないようで、刻印での識別はできなさそう。

これは困りましたね。(もっとも5A給電を使うケースはかなり限られるが)


ちなみにホスト側もUSB Type-Cについて、対応規格を記載することが好ましい。

というのも、Type-CだからといってUSB 3.1以降の規格に対応しているとは限らないから。

スマートフォンのType-CはほとんどがUSB 2.0だろう。SHARP AQUOSシリーズもそうだ。

会社の業務用PCにはType-CのところにSSマークが付いているので、SuperSpeed対応であることがわかる。

これはUSB 3.1 Gen1対応なので、まぁそういう意味でも妥当ですかね。

ただし、DisplayPort Alternative Mode対応であるということは一見してわからない。

本来はUSBのマークにPDマークを付す方が好ましいのだが、そこまではしていないようだ。

でも、これは機器のスペックをみればわかる話なので、ケーブルほどは問題はない。


ケーブルはコスト面の問題もあるし、あと長さの問題もあると言われれば、いろいろ作り分けることは妥当である。

ただ、それを識別するルールを作らなかったのは大きな問題だと思う。

最初に書いたようにうちにはUSB 2.0 3Aケーブルしかないので、ある意味では問題はないが、

今後、高級なケーブルを買ったときに識別可能なものを購入しなければ、それは混乱の元である。


そういえば、もうだいぶ昔の話だけど、USB Type-A – microBケーブルで「充電専用ケーブル」というのを持っていた頃があって、

これはデータ転送用の線が結線されていないというものだろうと思う。確かにちょっと安かった覚えがある。

データ転送用の線がないと、USB BC対応=1.5A給電可能であるか識別できない気がするので、何らか問題はありそうだが。

(このケーブルを使う用途でUSB BC非対応の機器から給電するということはあり得ないと思うけど)

しかし、このケーブル、外観から識別できないという問題はあって、

しかもType-A – microBというのはデータ転送目的でも使ってたケーブルなので識別できないと困るわけだ。

そこで「充電」と書いたシールを貼り付けて対応していたことを思い出した。


それと同じように「SS」とか「5A」とかシールを貼ればいいんですけどね。

それはそうなんだけどさ。でもやっぱりおかしいよね。


Author : Hidemaro
Date : 2021/01/06(Wed) 23:59
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)

Tools