日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

シリアルコード付き電子雑誌

先月にバンドリのライブに行ったが、Poppin'PartyとMorfonicaの次が来年2月の合同ライブとのこと。

(最終日には参加してなかったから、このことを知ったのはTwitterでの告知を見たときなのだけど)

Poppin'Party×Morfonica Friendship LIVE「Astral Harmony」

会場は横浜アリーナですか。この規模だと結局は座席数の半分でやらないといけないやつかな。


それでこれの先行抽選に応募するには、シリアルコードが必要となっている。

それ自体はよくあることで、一般的にはCDに付けたりするものだけど、

今回はCDの発売スケジュールの都合もあってか、そうではないらしい。

そのシリアルコードがついてくるのは「月刊ブシロード」という雑誌である。


ブシロードメディアという出版社があって、「月刊ブシロード」とそれに関連する書籍を出している。

一般的な分類で言えば、月刊ブシロードというのは漫画雑誌ということになろうと思う。

ブシロードのコンテンツにちなんだ漫画が多く掲載されているが、一部は無関係な漫画も掲載されている。

ブシロードメディア刊の書籍といえば、これらの漫画が大半である。


一方で「おまけ」にも力を入れている。

トレーディングカードのPRカードというのは、ブシロードがトレーディングカードの会社で、

この月刊ブシロードが「コミック&TCG情報誌」という名目からしてもわかる話だが。

もう1つが各種応募用のシリアルコードで、毎月あるわけではないが、だいたいはあるかな。

今年の4月号のCMでは「春のシリアル祭り」なんて4種類のシリアルコードがついてくると宣伝していたほど。

というわけでシリアルコードの配布方法として体よく使われている事が見て取れる。


そうか。書店に行って買いに行くか……なんて考えていたとき、

BOOK☆WALKERで見てたら、前月の月刊ブシロードが電子書籍で販売されていて「シリアル付き」となっていて、

えっ? 電子書籍でもシリアルコードがついてくるのと驚いて、

それなら電子書籍で買おうということになった。

今月のBOOK☆WALKERのランクはクイーンだから12%のコインが付与される(約11%引きになる計算)ということでお得ですからね。

予約購入できればなおさらお得だったけど、発売日になってから登録されたので、それはかなわず。


それにしてもシリアルコードってどうなってんだろ? と思ったら、雑誌の本文とは別に、

BOOK☆WALKERの購入特典のページに文字データで表示されるという形だった。

文字データなので使う上ではかえって便利とも言える。

これをコピペして応募ページに貼ればよいわけだから。


あと、僕はやらなかったけど、BOOK☆WALKERではシリアルコード付きの雑誌は2冊以上購入できる。

その場合は、本が増えるのではなく、購入特典に表示されるシリアルの数だけが増えるということらしい。

条件としてはクレジットカードで支払うこと。2冊目以降はそれ以外の支払い手段は使えない。

シリアルコードのために多数買うのも、とは思うけど かさばらない のは有用?


せっかく購入したので、雑誌も読んでるけど、ほとんどブシロード一色の雑誌というのは不思議な感じ。

こういう雑誌を作ってるというのはなんとなく古風な気もするけど。

出版社としては小さなもので、KADOKAWAの商流で流通しているようである。

ただ、そういう漫画雑誌はしばしばあるような気がするので、そうすればそんなもんかも。


Author : Hidemaro
Date : 2020/11/08(Sun) 22:50
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools