日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

朝はともかく、昼間もその停車駅?

昨日知ってびっくりしたんだけど、

今って泉北高速鉄道~南海高野線の区間急行が昼間にも運行されてるんだね。

え、それラッシュ時はともかく、昼間も走らせるの? ってびっくりしたんだけど。


泉北高速鉄道は南海高野線と接続する中百舌鳥駅から、泉北ニュータウンを走り、和泉中央駅へ向かう路線。

中百舌鳥駅からは高野線に直通し、難波や堺東まで乗換なしで行くことが出来る。

一方で中百舌鳥駅は御堂筋線との接続駅ということで、ここで乗り換える人も多い。

どちらがよいという話ではないが、高野線で堺東・難波方面に乗車する人ばかりではないので、

時間帯により中百舌鳥発着で泉北線内のみを走る電車も用意されているのは特色である。


高野線直通のメインは準急で、かつては昼間の泉北線内は高野線直通の準急のみだった覚えがある。

準急の停車駅は、難波・新今宮・天下茶屋・堺東とその先の各駅で、

中百舌鳥から泉北線内に入らず、河内長野方面へ向かう準急は少ない。

主な役割は泉北線内と、利用者数は多いが急行通過駅の三国ヶ丘・中百舌鳥の利用者を拾うためであろう。


さて、それで最初に書いた泉北線~高野線直通の区間急行とはいかなる種別なのか。

先ほど書いたように中百舌鳥駅は各停・準急のみが停車する駅。

どうするのかというと、泉北線内は中百舌鳥駅以外、すなわち深井駅~和泉中央駅は各駅に停車する。

そして堺東~深井はノンストップ、中百舌鳥駅も通過である。

これでは中百舌鳥駅で乗換ができないので、ここは中百舌鳥発着の各停で補完しているというわけ。


この区間急行という種別はもともと朝時間帯をメインに設定されていた。

利用者の多い朝に、堺東・難波方面に行く人と、中百舌鳥で乗り換える人を分離するという役割があるとされている。

中百舌鳥で御堂筋線に乗り換えられないように嫌がらせをしているのでは?

という話もあったが、朝の本数を考えれば、使い分けを促すためというのは、そうおかしな見方ではないと思う。


これが現在は昼間にも拡大されたというのだが、

1時間あたり4本の区間急行、2本の準急、そして中百舌鳥発着の各停は2本とのこと。

難波・堺東へ行く電車は1時間6本に対して、中百舌鳥へ行く電車は1時間4本とこっちの方が少ないという。

まさかこんなことになっているとは思わなかったのだが……

なお、夕方は準急が1時間5~6本と、中百舌鳥発着の各停が1時間2本程度ということで、ここは昔からこんなのだったはず。


区間急行は準急に比べれば停車駅が少ない分早いのはその通りだが、短縮効果は最大4分とのこと。

そんなに効果あるかなぁ。むしろ中百舌鳥に行ける本数が減るデメリットの方が大きいような。

あと準急が減ったということは、高野線内では中百舌鳥・三国ヶ丘の停車本数が減ったということ。

各停の本数は確保されているし、堺東で急行・区間急行へ乗り換えできるのですごく不便ではないと思うが、

堺東で乗換が必要になるのは不利である。


意図はよくわからないんですけどね。ただ、昼間の泉北直通の区間急行を設定するときに、

高野線の河内長野・橋本方面への急行・区間急行を減便したという経緯はあるようだ。

すなわち、高野線にとっては橋本方面へ行く区間急行を泉北直通に付け替えたという意味なのかもしれない。

ただ、泉北直通の区間急行は高野線のみの利用者にとっては、難波~堺東でしか使えなくて、

この間の停車駅は準急も区間急行も差がないので、あまり区間急行にこだわる意味もないような気がするけど。

だからといって、準急を走らせてもカバーできるのは三国ヶ丘~中百舌鳥だけで、各停はやはり必要なのだけど。

(白鷺~萩原天神の各駅は、基本的には河内長野方面からの各停頼みなので)


高野線にとって利用者のボリュームとして大きいのが、北野田~三日市町から大阪市内への利用とみられ、

急行・区間急行が利用者の多い中百舌鳥を通過するのも、中百舌鳥~大阪市内の利用と混ざらないようにという意図はあるはず。

北野田方面から御堂筋線への乗換をしにくくするという意図ではないと思う。(不便であることに代わりはない)

ただ、そうはいっても北野田~大阪市内ノンストップというわけにはいかず、堺東には停車するんですよね。

それだけ堺市の中心駅である堺東駅の拠点性が高いということなんだろうね。

堺東に停車するだけならそんなもんかなと思うけど、それで堺東で急行・区間急行と各停の接続を行うので、ここで混ざるという。


高野線・泉北線双方の事情を考慮した上でこうなってはいるんだろうけど、

利用者からすると、目的に合う電車まで待たされるとか、乗換回数が多くなるという不便な点が多い路線だなとは思う。

ただ、特定の電車に利用が集中するというのも、それはそれでよくないことではある。

朝ラッシュ時の泉北線直通の区間急行は、特定の列車に集中することを避けるためのもので、実際にうまく行っているらしい。

じゃあ昼間の泉北線直通の区間急行は? これはちょっとわかんないですね。

泉北線内だけ見ればメリットは薄いと思うが、高野線まで含めるとこれでいいのかもしれない。でも、わからん。


Author : Hidemaro
Date : 2020/11/06(Fri) 23:33
交通 | Comment | trackback (0)

Tools