日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

山陽新幹線の駅でもあるはずなのだけど

ちょっと前の話なんだけど、新大阪駅を使うことがあった。

新大阪駅から新幹線を乗車することはこれまでもそれなりにあったが(降車はあまり覚えがない)、

今回は都合により新大阪駅の滞在時間が長くて、食事などで駅構内を歩き回って、

この駅はよくできた駅だけど、難しいところはあるなと思った。


新大阪駅は1964年、東海道新幹線開通に合わせてできた駅である。

主要都市の新幹線駅というと、既存の中心駅に併設されるようなことが多い気がするが、

新大阪駅については、将来的な新幹線延伸を考慮して、淀川の北側に作ったと言われている。

そもそも、大阪駅だって、当初は堂島あたりに行き止まり式の駅を作ろうなんて構想があったところ、

市街地からは遠くなるけど、将来的な延伸も考慮して梅田に作ったとされている。

淀川の北側にある新大阪駅はその考えをさらに推し進めたものとも言える。土地にも余裕があったしね。


そんな経緯で作られた駅なので広くて、乗換などで詰まるところがあまりないのはよい。

京都駅や名古屋駅も、伝統的な市街地からは外れたところにある分、広い駅だとは思うけど、新幹線は後付けだしね。

ただ、買い物や食事と言われると、百貨店や地下街を併設しているようなところにはかなわなくて、

そこはあくまでも新幹線の乗換駅ということなのかなとも思う。

もっとも新大阪といえば、周辺はオフィスも多くて、今や大阪の副都心でもあるのだけど。


そんな新大阪駅、難しいのはJR西日本とJR東海の窓口がそれぞれあること。

在来線と山陽新幹線がJR西日本、東海道新幹線がJR東海の管轄なのでこういうことが起きる。

同一駅にJRの異なる会社の窓口があると言えば、東京駅や京都駅などにも言えることなのだが。

ただ、これらと違うのは新幹線の駅はJR東海(東海道新幹線)の駅でもあり、JR西日本(山陽新幹線)の駅でもあるということ。

歴史的経緯から新幹線構内はJR東海が代表して管理していて、それは仕方ないと思うんだけど……


在来線で新大阪駅に到着した場合、新幹線乗換口の左側と右側、それぞれに窓口や券売機がある。

左側の窓口はJR西日本の窓口、改札口すぐ右側の窓口はJR東海の窓口になっている。目立つのは左側の方ですが。

御堂筋線で新大阪駅に到着した場合、2階から3階にあがる場所によって改札・窓口が違うんだけど、

一番メインの改札・窓口は中央口だけど、ここの窓口は全てJR東海の窓口になっている。

(ただし、トラベルサービスカウンターの脇にひっそりとJR西日本管理の「みどりの受取機」が1台ぽつんとある)

南口に併設された窓口も同様にJR東海管理になっている。

そこから東に少し進んである在来線の改札、東口に併設された窓口はJR西日本管理となっている。


新幹線改札に併設された窓口はJR東海、在来線改札に併設された窓口はJR西日本って言うと、

そりゃそうじゃないのと思うかも知れないが、新幹線利用者も場合によってはこの在来線改札の横の窓口に来る必要がある。

新幹線関係のサービスで両社窓口ともに取扱が可能なものを考えてみる。

まず普通に乗車券・特急券を購入するのはどちらの窓口でもOK。

両社共同運営のEX予約についても、どちらの窓口でもOK。東京・名古屋方面でも岡山・広島・福岡方面でも問題なし。

東海道新幹線のお得なきっぷ(といっても新幹線回数券ぐらいかな)も両社で取扱がある。

なので、総じて言えば東海道新幹線を利用する場合はどちらの窓口でもよい。


一方で、JR西日本の窓口でしか取り扱いできないサービスがある。

それがe5489とJR九州ネット予約の引取、あるいは山陽新幹線関係のお得なきっぷ である。

e5489はJR西日本の予約システムで、基本的にはJR西日本・四国・九州管内の窓口で受け取る。

JR東海は無関係だから、と思ったかも知れないけど、実はJR東海もe5489を導入している。

在来線特急の予約のために導入したと思い込んでいたが、東海道新幹線も予約できる。

しかし、JR東海は自社関係ではないe5489の予約の引取には対応していないのである。

このルールは新大阪駅でも容赦なく適用され、岡山・広島あるいは九州方面のe5489の引取はできない。(名古屋・東京方面は可能)

お得なきっぷについては、山陰・四国方面から大阪まで新幹線と在来線特急をセットにしたタイプのきっぷがいろいろあって、

復路の指定を受ける場合はJR西日本の窓口に限るとなっているので、JR東海の窓口ではダメっていうこと。

これも仕方ない面はあるが、山陽新幹線に乗る改札の手前で指定が受けられないのは不便である。


この問題を緩和する策として、中央口のトラベルサービスカウンター脇に「みどりの受取機」がぽつんと置かれてたんですね。

ただ、わかりにくいですけどね。確かにJR西日本のWebサイトの構内図には「e5489」ってマークがありますけど。

新大阪駅/構内図 (JRおでかけネット)

EX予約の人が使ってもいいけど、わざわざこんなわかりにくいところにある機械を使う必要はないわな。

中央口改札左にJR東海管理の受取機(というかクレジットカード専用券売機)が4台ぐらいあって、そっちの方がわかりやすいし。


JR西日本とJR東海はEX予約で共同戦線を組んでるんだし、e5489自体はJR東海も導入してるんだし、

新大阪駅に限っては融通が利かないもんかなと思ってしまいましたけどね。

JR東海窓口には他にもJR西日本窓口でないとできないこととして、ICOCAの取扱と、株主優待での乗車券類購入が書かれていたが、

ICOCAは新幹線関係ないから当然だと思ったし、株主優待もそれは仕方ないでしょうと。

山陽新幹線を利用する人にとって、在来線改札のきっぷ売り場に回るのはやっぱり不便ですから。


同様の問題は山陽新幹線(JR西日本)と九州新幹線(JR九州)の境界駅になっている博多駅にもありそうだが、

e5489・JR九州ネット予約は両社ともに基本的なところは受取が可能なので、そこはとりあえずよい。

あとはそこまで新幹線・在来線が遠くないので、そこは融通が利くのかなと。

実際に使ってる人にとってどうかはわからないけど。

新大阪駅だって慣れればそんなもんかもしれないし。


Author : Hidemaro
Date : 2020/10/26(Mon) 23:10
交通 | Comment | trackback (0)

Tools