日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

さながら こだまレールスター

山陽新幹線に乗るのは久しぶりだったが、山陽新幹線で目立ったのがレールスターだった。

ひかりレールスター 700系 (JRおでかけネット)

ただ、ご存じの方もおられるだろうけど、ひかりレールスター の役目はほとんどが九州新幹線直通の さくら号 に取って代わられた。

そのため、この車両は現在は主にこだま号で使われている。

ただし、現在もわずかに「ひかりレールスター」として走ることはあるらしい。


山陽新幹線で こだま号と言えばこれだと思ってたんだけどな。

こだま 500系 (JRおでかけネット)

かつて当時最速の300km/hで山陽新幹線を駆け抜けた500系は、

中間車を捨てて8両編成にするという改造ができたことがあって、こだま号専用車として余生を送っている。

(同時期に活躍していた300系はあっさり廃車され、レールスター以外の700系も段階的に廃車になってほぼ全滅なのとは対照的)

見た目はカッコいいので、特別ラッピングにされたり、最前線から引いても扱いがよい。


ちょっと気になって調べたら、500系は8編成、レールスター700系は16編成所属しているそうで、

そうすると、今の山陽新幹線こだま号の主力はレールスター700系になってそうだ。

意外な感じはしたけど、それだけレールスター専用車を持ってたってことなんだね。

たしかに さくら号登場までは山陽新幹線の顔って言ったら ひかりレールスター だったもんなぁ。


かつての看板列車の専用車が新幹線各駅停車のこだま号で使われていると聞くと、

いかにも落ちぶれた感じがするが、意外とそうでもないのかもと思ったのがこの話。

一部「こだま」号の自由席・指定席号車の変更を継続します (pdf) (JR西日本)

かつてこだま号といえば自由席が大半を占めていて、500系がこだま号に入った頃は指定席は8両中たったの1両だったという。

ところが、指定席でこだま号を使う人も増えて、指定席が取りにくいという話があって、現在は8両中3両が指定席が基本になっている。

ただし、通勤時間帯にかかる列車では、4号車を自由席として、指定席2両・自由席6両となっているようである。

定期券で新幹線を利用する場合は自由席になりますからね。(新幹線定期券「FREX」を使う場合も在来線定期券に特急券を付ける場合も)

ここはいかにも こだま号らしいところだが、逆に特定の こだま号 では今年7月から7・8号車が指定席化されているよう。

これは ひかりレールスター の時の割り振りと一緒なんですね。


ということで、まさに「こだまレールスター」ですね。

ただ指定席車が2両増えたと読めるが、8号車は コンパートメント という4人がけのグループ専用席が4つあって、

通常の こだま号 では自由席ということもあってか、コンパートメントを閉鎖することになっていた。

ところが、特定のこだま号は8号車が指定席になったことで、ひかり号同様にコンパートメントが使えることになった。

そこが画期的なポイントだったんですね。単純に指定席が増えるというのも特徴なんですけど。


この特定のこだま号というのは、こだま号の中でも長距離利用が多い列車をピックアップしたものだと思う。

こだま号専用の割引きっぷや旅行商品では、こだま号指定席のニーズがあるのだろう。

こだま号を使うメリットは座席がゆったりしていること。山陽新幹線の こだま号 は指定席になる座席は2-2配置になっている。

さくら号と同じといえばそうなんだけど、さくら号は九州新幹線へ直通利用する人が優先ですから。

遅いのはその通りで、新大阪~博多で5時間前後かかっている。

のぞみ号なら2時間半を切り、さくら号はそれより10分程度遅いぐらい。乗り通すと2時間以上に余分にかかる。

ただ、高速バスなどに比べればよっぽど速いわけだし、乗車区間次第なのかなと。


むしろ、こだま号 は500系・レールスター700系とどちらもそれはそれで華のある車両が入り、ブランド力はあるんだよね。

一番、分が悪いのは東海道新幹線直通の ひかり号 なんじゃないかなぁ。

なぜならば、一部を除いては山陽新幹線内は各停だから。やっぱり各停区間ではいろいろ抜かされますしね。

車両はのぞみ号でおなじみ16両編成のN700系ということで面白みもない。

実際には山陽新幹線内各停のひかり号は、旅行商品や割引きっぷ では こだま号と同一視されることもあるのだが。


そんなわけで、レールスターは未だ健在だったという話。

でも、やっぱりまだまだピカピカの さくら号 と比べると、くたびれた感じはありますね。

そこは仕方ないところかな。もうデビューから20年も経ってますから。その割には見栄えするが。

こだま号メインとはいえ、やっぱり新幹線は走行距離が長いからね。もうそんなに先は長くないかも知れないね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/10/21(Wed) 23:48
交通 | Comment | trackback (0)

Tools