日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

24時間インターネット配信番組に切り替える

昨日から今日にかけてこんなインターネット配信番組があった。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LIVE Broadcast 24magic ~シンデレラたちの24時間生放送!~

24時間にわたる配信だが、このうち録画番組は2番組で計2時間弱に留まり、

インターバルもあるが、24時間のうち20時間ほどは本当に生放送というなかなかの番組である。


なんでこんなことをやっていたのかというと、

アイドルマスター シンデレラガールズではこの9月にイベントの予定があった。

しかし、その詳細は発表されることなく、7月に中止の発表がされた。

その代替として考えられたもので、出演者については当時の計画を流用したものと考えられる。

それが24時間配信という形に発展するのはなかなかだけど。


こういうことができたのはある程度の準備期間があったからだろう。

配信番組だからこそとも言えるARを使った演出が取り入れられ、

「Funky Dancing Night!」というDJパートと「僕らのIDOL FAIR」というライブパートで使われていた。

そういうところからも当初予定していたイベントの単なる代替に留まらず、

それを上回ることを狙ったところもあったのかなと思う。


配信自体は無料となっていたが、アソビストアでのグッズ販売との連動を狙っていたとみられる。

そのため、通販番組のような番組がいくつかあるのも特徴的だった。

もともとアイドルマスターシリーズではイベント前の事前通販が定着しており、

その点においては自然に受け入れられる面はあったかもしれない。

なお、グッズ自体は「24magic」のために作られたものが大半ではあって、

配信番組を行うことはそれなりに早い段階で決まっていたことをうかがわせるものとなっている。


やはりこのあたりの対応は難しいものではある。

【重要】「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 6th LoveLive! DOME TOUR 2020」開催中止、及び代替企画に関するお知らせ (ラブライブ!サンシャイン!!)

もともと9月~翌1月で全国5箇所でのドームツアーが計画されていたのだが、

とりあえず9月予定の2公演は無観客でインターネット配信で、残りは保留と発表したのだが、

さすがにドーム球場から無観客配信というのは無理がある話で、残りも実現性に疑問があるということで、

結局は全て中止となり、代替として来月にインターネット配信で2公演行うことが決まっている。

やはりこれだけ巨大な会場を抑えることは難しく、使えるものは使った方がよいと考えたが、無理な物は無理だと。

人数を減らせばとか言っても、やっぱりもともと数万と動く想定のイベントはもうどうにもならないんですよね。


数千人程度ならやりようはあるとは思う。先月にこんなことも書いたよね。

5000人以下に絞ってやった

「BanG Dream! 8th☆LIVE 夏の野外3DAYS」について、観客数は1/3ほどには絞る必要があり、

チケット代を2割程度値上げしても収支的にはかなり厳しいが、ガイドラインの範囲内で問題なく実施できた。

ライブビューイングであったり、後日の有料配信、将来的な映像商品化なんてことも考えると、価値はあったと見られる。

同じラブライブ!プロジェクトでも Saint Snow のイベントが動いているのはそういうことでは?

もともと1万人以下の動員規模ならば減数したなりにはできるわけですよね。

マスク着用を前提とすれば、1席おきにする意味はあまりないというデータが出てるなんて話もあって、

オールスタンディングのライブハウスのような過密でなければ、絶対的な規模だけが問題になるかもしれない。


シンデレラガールズが当初9月になにをしようとしていたのかというのはほぼ不明である。

ただ、これまでのシンデレラガールズのイベントを考えても相当に大規模なものだったとみられ、

やはり人数を減らして実施などというのは現実的ではなかったんだろうという想像はできる。

それならいっそ諦めて、インターネット配信番組として作り込むということにしたんでしょうね。

これはこれで当初やりたかったことの大半は捨てたわけですけど、その代わりできることはあったと。


主にはスタート~未明を楽しんでいたので、眠くて仕方ない。

過酷な24時間配信だった。出演者・スタッフにしても交代してるのが大半ではあろうが、

一部においては夜通しという人もいたわけで、過酷だなぁと思った。

まぁ実際のイベントでもそういう人はわずかにはいるかもしれないから一緒か。


Author : Hidemaro
Date : 2020/09/06(Sun) 23:55
文化 | Comment | trackback (0)

Tools