日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

期日前投票をする理由

今日は市役所の方に行く用事があったので、期日前投票をしてきた。

というのも、当日は夏休み中で旅行のため不在なんですね。

選挙公報も届いたので、もうこれで固いなということで、早々と投票してきた。

さすがに投票日およそ2週間前、平日夕方の期日前投票所は空いてた。


現在住んでいる地域の投票所は、出入口に段差などもなく、アクセス性という点ではよいと思う。

しかし、問題は投票者数に対しては狭いということである。

投票方法いろいろ

今の投票区に引っ越してきたから2回は選挙に行っているが、昼前の比較的混み合う時間帯とはいえ、行列が伸びる。

出入口の導線が狭く、以前は車いすの投票者がいて、そこで何らか対応する職員の都合もあってか、長蛇の列となっていた。

いくらなんでもおかしいだろと思ったが、混み合って滞りながらも投票が進んでいたのである。


昨今の事情からすると、ソーシャルディスタンスだなんだと言って、投票者を詰めることはやらないだろうから、

すると投票所の外に掃き出される人が増え、その行列が外に長く伸びることになる。

空いている時間にシフトすればいいのかもしれないが、住民数からすると分散しても厳しいんじゃないか。

一方で、最近は平日に期日前投票所(市役所)に行くのも、さほど難しくはないので、

それなら投票日の都合とは関係なく期日前投票も選択肢に入るかなと思った。


ところで期日前投票をするためには、宣誓書を記載する必要がある。

投票所入場券の裏側が宣誓書になっていて、ここに記載して期日前投票所に行くとスムーズとのこと。

宣誓書の字の通り、投票日当日の事情について申告し「このことが真実であることを宣誓します」となっている。

じゃあ虚偽申告するとなにか問題なのかというと、あんまり問題はないんだけど。

当日になって気が変わったということもあるでしょうし。

それで、期日前投票をする理由として記載されている事項は次の通りである。

  • 仕事等 : 仕事, 学業, 地域行事の役員の仕事, 本人又は親族の冠婚葬祭, その他
  • レジャー・用事等 : 市外に外出・旅行・滞在、市内(投票区外)に外出・旅行・滞在
  • 病気等 : 歩行困難・病気・負傷・出産, その他
  • 住所移転 : 他の区市町村に居住
  • 天災等 : 天災, 悪天候

今回の場合は「市外に外出・旅行・滞在」に該当ですね。これはかなり多い理由でしょうね。

過去には学位授与の試験のために期日前投票をしたことがあったが、そのときは「学業」だった。(cf. 期日前投票で投票を済ませる)


もともと不在者投票の要件はもうちょっと厳密だったらしいが、期日前投票の制度が導入されたときに緩和されたんですよね。

確か「市内(投票区外)に外出・旅行・滞在」という理由が認められるようになったのもこのときからだったはず。

投票区外だから自宅に居続けている人はこれには該当しないけど、少しでも遠出すれば該当しますね。

ただ、市内にいるにも関わらず真に投票できないケースで、なおかつ仕事等に該当しないって、すごく限定的な気はするけどね。

ちょっと驚いたのが「天災等」という理由で、これに厳密に該当するケースってどれぐらいあるんだろ?

気になって調べたら、2017年の衆議院議員総選挙のときは、台風接近のため悪天候を理由とした期日前投票が多く見られたらしい。

でも、今日の時点で「悪天候」って書いて持っていったら、職員になんて言われたんだか。さすがに認められないよな。


「歩行困難・病気・負傷・出産」という理由は投票所の都合によるところもあると思う。

もちろん当日に通院・入院のためと投票できない可能性があるというケースも含まれますけどね。

郊外で駐車場を備え、段差もない投票所なら、当日に投票で全く問題ないという人であっても、実際の投票所はそうもいかない。

うちの近所の投票所は徒歩以外での来場は難しいし、過去には石段を登らないとたどりつけない投票所も経験してる。

期日前投票所は比較的これらの問題を回避しやすいので、それを理由に選ぶ人は多いだろうなと思う。


投票所の混雑回避というのは、直接的な期日前投票の理由にはならなさそうだが、

「市内(投票区外)に外出・旅行・滞在」というザルのような理由がある上に、気変わりまで許されるのならなんでもいい気はする。

ただ、期日前投票所が空いてるかというと、そうとも限りませんからね。

というか、ここは期日前投票所も手狭なんだよな。出入口の導線を分けるなどの工夫でなんとかなっているが。

今回は都道府県知事選挙という選挙期間の長いものだから分散することは可能だが、

選挙期間が短い市町村レベルの選挙だと、期日前投票は選挙前日の土曜日に集中する傾向が強く、むしろ混む気がする。

そこまで考慮して混雑回避出来るなら一考に値するというところではないか。


最初に書いたようにもはや当日は市内にいないから、地域の投票所がどうなっているかは知りようもない。

それでも投票が1種類なだけマシか。選挙区と比例代表とか、市長と市議会とか、そういうことはないですので。

前の参議院議員選挙は、選挙区と比例代表があって、なおさら複雑になっていた面はありますからね。

じゃあ大丈夫か? うーん、どうかなぁ。


Author : Hidemaro
Date : 2020/06/23(Tue) 23:08
社会 | Comment | trackback (0)

Tools