日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

totoで予想する人にとっては

公営競技以外のプロスポーツは長らく試合ができない状態が続いていたが、

野球は明日から、サッカーはJ2・J3リーグが今月27日から、J1リーグが来月4日から開幕する。

当面は無観客でとのことだが、それすらここまで引っ張ってしまった。

無観客ではやりたくないというのもあったんだろうけど、選手数の多さやチームの移動の多さもここまで引っ張った理由だろうな。

当面はチームの移動を少し抑制しながらの再開となる。


サッカーが再開されると聞いて、そういえばと思ったのがtotoである。

totoはサッカーの結果を予想するものなのでサッカーの試合がなければ中止になる。

そのため、1155回(2/26試合分)~1157回(3/4試合分)は中止になった。


ただ、実はすでにtotoの発売は再開している。ドイツのプロサッカーの結果を使っているみたいね。

日本のプロサッカーの試合が止まった当初も、ヨーロッパのサッカーの結果を使っての継続を模索したようで、

1158回(3/7~8試合分)はそれで成立しているが、その後はヨーロッパでも休止となり、その後は長らく中止・販売休止となっていた。

これが再開したのが1164回(5/30~31試合分)からで、これはドイツのプロサッカーの再開を受けてのことだった。

先ほど書いたように今月27日から日本のプロサッカーも再開するので、1168回(6/27~28試合分)からは正常化することになる。


予想する人にとってみれば、やはり日本の試合の方が予想しがいがあって、売上が上がりそうだが、

以前も書いたことがあるがtotoの売上の大半(およそ90%)はBIGシリーズなんだよね。すなわち予想をしていない。

試合の予想しがいというよりは、キャリーオーバー状況で売上が変動すると見られる。

予想型のtotoの売上は対象試合が国内と海外だと、明らかに国内の方が売上がよいのですが。

昔は日本のプロサッカーの試合がない時期は何も売れなかったので、それを思えば売れるだけマシではあるのかな。

BIGの売上をあてこんでの海外サッカー導入だったのは言うまでもないことだけど。


いかにしてBIGを売るかというところに、totoの売上、さらには日本のスポーツ団体の財源がかかっているわけだが、

今年2月からMEGA BIGという新しいくじが導入された。

1等最高12億円というくじだが、まだキャリーオーバーが貯まっていないので、例え当たったとしてもそこまでは期待できない。

一体どういう仕組みなんだろうと見てみたら、今までのBIGと予想対象が違うことに気づいた。


これまでBIGシリーズでは試合結果を表す 0,1,2 の数字を機械が予想してきた。

0は引き分け、1はホーム勝ち、2はアウェイ勝ちを表している。試合数の違い、等級ごとの配分の違いで特色を出してきた。

BIGは1口300円、14試合対象で1等(全的中)に80%を配分し、1等最大6億円という高額当せん金をアピールしている。

これに対してBIG1000は、1口200円、11試合対象で1等60%、2等(10試合的中)・3等(9試合的中)15%、4等(8試合的中)10%と、

1等当せん金の期待値は約1000万円に抑えつつ、比較的当たりやすく、2等以下の当せん金配分も比較的手厚くなっている。


これに対してMEGA BIGが予想するのは、両チームの合計得点だという。

12試合に1,2,3,4の数字を機械が予想し、1は合計1点以下、2は合計2点、3は合計3点、4は合計4点以上を表す。

予想型のtotoでも toto GOAL3という3試合の各チームの得点を予想するものがある。

ただ、MEGA BIGは両チームの合計得点ですからね。何点で勝ち負けするという予想ではないですから。

人間が予想するとすれば困った話だが、機械が予想するものなので、それなりにばらつく数字ならばなんでもよいといえる。

というわけでMEGA BIGには意表を突かれたなと。


MEGA BIGは1口300万円、1等(全的中)で70%配分なので、理論上の当せん金は17.6億円、制度上は最高12億円となる。

って、これ放ったらかしにするとキャリーオーバーどんどん積み上がっていく計算じゃないの。

BIGが「10億円BIG」でキャリーオーバーを放出したように(cf. BIGなBIGでキャリーオーバーを吹き飛ばせ)、特別回で放出するのかな。

あと、2等(13試合的中)への配分が14%もあるというのも注目ポイントである。

2等当せん金の期待値は979万円と、これだけでもそれなりに夢のある数字で、1等は当たりにくいにしてもという期待はある。

キャリーオーバーが積み上がるまではまだ時間はかかりそうだが、積み上がってくると売れ行きが上がりそうだなとは思った。


totoを買うファンにとって待望の再開と言えるのかはよくわからないけど、

なんやかんや予想型のtotoも売上の10%はあるので、無視できるほど少ないわけでもあるまい。


Author : Hidemaro
Date : 2020/06/17(Wed) 23:58
文化 | Comment | trackback (0)

Tools