日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

ポイントカードとギフトカードも客側に

今週、株主優待でイオンギフトカードを入手した。

プラスチックカードで、残高がなくなるまで1円単位で使えるカードである。

こういうギフトカードって百貨店の印象が強いけど、スーパーも同じだよね。

スーパーだと小口で使えるのは便利ですね。


ここのところ、イオンでの支払いはイオンカードのiDばかり使っている。

イオンiDで払う

イオンカードで払う場合は、WAON POINT相当はときめきポイントに自動的に積算されるので、

あえてポイントカードとしてイオンカードを呈示することはなくなった。(呈示しても無意味)

一方で、イオンギフトカードはWAON POINTの積算では現金と同じ扱いになる。

Suicaや他社クレジットでの支払いはポイントカードを呈示する意味は無いが、

イオンギフトカードで払う場合は、イオンカードをポイントカードとして呈示すると、基本ポイントは積算され、20日・30日の割引も適用される。

ただし、イオンカード払い・WAON払いとは異なり、ボーナスポイントの積算対象にはならない。(3月以前は積算対象だった)


そんなわけで久々にイオンのレジにプラスチックカードを出した。

ポイントカードとしてのイオンカード と イオンギフトカード の2枚ですね。

すると、店員はイオンカードを手に取って、客に向けられたICカードリーダーの磁気読取部にカードを通したから驚いた。

ICチップ読み込みは遅い

クレジットカードで支払う場合は、通常ICチップで読み取るところだが、ICチップがなければ磁気ストライプを読むことになる。

それは知ってたんだが、まさかポイントカードまでそこを通すとは思わなかった。

引き続きのイオンギフトカードも同様のようなので、こちらは店員の操作に合わせて、こちらでスワイプした。

このことから、2回目以降は、2枚のカードを見せて「ポイントカード通してください」「ギフトカード通してください」と、

店員とこちらでタイミングを取りながらやっているが、ちょっと煩わしい。


客側に向いたカード読取り部にポイントカードを読ませるというのは、ファミリーマートに転換される直前のサンクスで経験がある。

元々、サンクスは楽天スーパーポイントだったので、これはバーコードを読む方式だった。

これがファミリーマートとの統合少し前にはTポイントとの併用になったが、Tポイントカードは磁気ストライプである。

そしてサンクスのレジはクレジットカードの読取り部が客側を向いていた。

そのことはなんとなく気づいていたのだけど、Tポイントカードの読取り部もそこだった。

店員は器用にTポイントカードを客側向いた読取り部に突っ込んだから、あっけにとられた覚えがある。


その後、サンクスはファミリーマートとなり、このような光景は一度は見られなくなった。

レジを置き換えて、既存店同様にクレジットカードもポイントカードも店員の手でスワイプされるようになった。

ところがその後、ファミリーマートもICクレジットカード対応にあわせて、カード読取り部を客側に一元化した。

ファミリーマートのカード読取り部はICでも磁気でも同じところに差し込んで読み取らせることが特徴的である。

とはいえ、僕はこれ使ったことないんだけどね。FamiPayをポイントカードとして呈示するのが常だから。


カードを店員に渡すのか、カードを客側で読ませるのかというのは、初めてだとさっぱりわからんね。

ICクレジットカードだと読み取り装置の形状を見れば、客側から読み取るのがよいか、店員側から読み取るのがよいかはわかりやすい。

ただ、磁気ストライプだと、スワイプするところが店員側か、客側かというのは一見するとわからない。

ちなみにコンビニでは、ファミリーマートは先ほど書いた通りで、ここ最近でIC・磁気とも客側から同じところに挿入する方式になった。

ローソンはICは客側から挿入して、磁気は客側でスワイプする方式、この方式になって長い印象である。

セブンイレブンはICは客側から挿入、磁気は店員側でスワイプする。

ICチップ付きのクレジットカードであれば客側から挿入するのは同じだが、磁気しかない場合はやり方が少しずつ違う。


慣れだとは思うんだが、従来よりまごつくこともあるかもしれない。

接触式ICチップの読み込み時間は、磁気より明らかに遅いように見えるが、

磁気であれば、店員側から通すか、客側から通すかの違いであり、根本的なところに差はないと思う。

イオンカードとギフトカードの2枚のカードを読み取るというのが、そもそも時間がかかる原因だと思う。


それにしても、ポイントカードの磁気ストライプまで客側に来るとはなぁ。

確かにサンクスで経験はあったし、ファミリーマートもそうではあったけど。

一貫してカードを店員に渡す必要を無くしたかったのだろうか?

ちなみにイオンでも、現金専用のWAON POINTカードはバーコードで読み取っているようだ。

以前からそうだったのかな。磁気ストライプも付いているのは確かで、そっちで読み取っているのを見たような。

なんかよくわからんね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/06/16(Tue) 23:56
お金 | Comment | trackback (0)

Tools