日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

誤って入札してしまったら

ヤフオクでとある商品を落札して、今日に入手した。

またその話は改めて書こうと思うんだけど、その前にやらかしてしまった話。


ヤフオクに出品されている商品を物色していたときに、

これはかなり安い開始価格だから、まずはこれに入札して様子を見てみようと思った。

入札後に商品の説明を改めて見返してみると、充電用のゲーブルが付属していないという記載があることに気づいた。

専用のケーブルなしには充電できないから、これ買っても使えないじゃないか! となった。

ちょっとわかりにくい書き方だったんですよね。こういう重要なことは端的に書いて欲しかった。

というわけで、これは入札の取消だなと。


入札の取消は出品者にしかできないので、誤って入札してしまった場合、出品者への質問から連絡して取り消してもらうことになる。

「さきほどの入札は誤操作ですから、申し訳ないですが入札を取り消させてください」とか連絡するわけである。

これに出品者が応じる保証はないものの、落札者にとっては商品代金を払わないということができる。

なので、出品者が入札の取消に応じない理由はあまりない。


これで早々に取消をしてくれればよかったのだが、そのまま取り消されないまま終了日時を迎えた。

そして落札者になってしまったのだが、やはり購入の意図はないので、その旨連絡した。

そしたら、すんなりとわかりましたという応答が来たので、とりあえず一安心。

その後、落札者理由での落札者削除が行われれば、非常に悪い評価が落札者についておしまい。

終了日時までに取り消してくれれば悪い評価はつかなかったのだが、やむを得ない。


ところが、一向にして落札者の取消が行われない。

ここで落札者を取り消さないまま放置するとどうなるかというと、出品者に落札システム利用料が請求される。

ただ、その一方で落札者を取り消すと、次点の落札者と取引を開始しなければならない。

(ただし、次点の落札者は落札を辞退することもできる。その場合は落札者削除の扱いになるが、悪い評価は付かない。)

もしかすると、ここを嫌ってのことかもしれないが。


申し訳ないことをしたなとは思うものの、早期に入札の取消が行われていれば、こんなことにはならなかったわけである。

終了日時に余裕がある状態で入札を取り消せば、その後の影響は小さく抑えられるはずなので。

結局、痛い目を見るのは出品者自身ということである。

いたずら目的で入札していると判断されれば制裁もあるだろうが、うっかりミスを咎めても仕方なく。

そこは今回の出品者にもご理解いただけたとのことで、寛大な対応に感謝している。


過去にも似たような誤入札をやらかしたことがあって、そのときはまもなく入札を取り消してもらえた。

このときは型番の読み間違いが原因だったかな。

ヤフオクで商品を探すとき、できるだけ慎重に探してはいるものの、表記が統一されているわけではないので難しいですね。

出品者としてはできるだけ誠実に物の特徴を表して出品したいものである。


Author : Hidemaro
Date : 2020/06/10(Wed) 23:59
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools