日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

バイオリンにエフェクターボード?

先日、バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)に追加された新バンド「Morfonica」のことを紹介した。

Morfonicaはバンドリの新しい挑戦

いろいろ書いたけど、やはりパッと見てわかる特色がバイオリンが入っていること。


そのバイオリンを担当するAyasaさんは、もともとソロのバイオリニストとして活躍されていて、

YouTubeチャンネルまでもっているというから、すさまじい人だなと思うのだけど、そんな中で気になる動画が。

AyasaのNEWエフェクターボードを紹介 (YouTube)

えっ? エフェクターボードですか。

エフェクターボードというとエレキギターを演奏する人が足下に置いて、適宜足で操作しながら、音を変えるものという印象だが。

使い方はまさに同じらしい。(動画では説明のため手で操作してるが)


実はこのバイオリンは「エレクトリック・アコースティック・バイオリン」と呼ばれるものだという。

変な命名だが、アコースティックギターにピックアップを付けて「エレクトリックアコースティックギター」となるのと同じ理屈。

あえて「アコースティック」を強調するのは、「エレクトリックバイオリン」が存在するということである。

サイレントシリーズ (ヤマハ)

見た目からして奇妙だが、音を共鳴させる構造を持たないので、アンプに繋がないと音が小さいということ。

これに対してアコースティックバイオリン(一般的なバイオリン)と同じ構造を持っているが、

ピックアップがあるものをエレクトリック・アコースティック・バイオリンと呼ぶということである。


エレキギターは金属製の弦の振動をコイルで拾うと、それこそ中学校の理科の授業でも電磁誘導の例題に出るような話だが、

弦の振動を直接的に電気信号に変換するという点では合理的な仕組みである。

これはこれでおもしろい話だと思うけど、弦の振動以外のものを拾うことはできない。

元々アコースティックな楽器の場合、弦の振動というよりは楽器に伝わる振動を拾った方がよいということで、

ここではピエゾピックアップ、圧電素子を使ったピックアップが使われるそうである。

電磁誘導を使わないので、この方法なら弦の素材も問いませんからね。

弦の振動が楽器の本体に伝わるところに圧電素子を取り付けて、それを引っ張り出して増幅すると。

その上で、こうやって引き出した信号をエフェクターに入力することもできるということらしい。


エレキギターとバイオリンでは違うだろと普通は思うんだけど、同じ弦楽器というところで共通する部分はあるようだ。

エレキギターがやってんだから、同じようにできるでしょという発想なんでしょうけどね。

バイオリンの使い方としては少し特殊であるのは確かだろうけどね。

それにしても案外知らんもんだなと思ったが。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/25(Wed) 23:47
文化 | Comment | trackback (0)

Tools