日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

職場で弁当を買う

昨日、食堂が休業になったので隔日で午後だけ勤務にすることにしたことを書いた。

食堂がお休みになるから

今日は終日働いていたので、弁当を買って食べていた。

昼休み開始から大きく出遅れたので、弁当はすぐ買えた。(昼休みの時間帯が複数あるので、出遅れても売り切れはしない)

弁当の買い方にもいろいろルールがあるようで、初めてだと戸惑いが多い。

独特のルールがあるってのは食堂だってそうでしたけどね。(cf. 食堂で食後のSuica)


この弁当、おかず部分とご飯部分が別の箱に入っている。

おかずの箱が2種類、ご飯が大小2種類、自由に組み合わせる。

ご飯部分は温かいので、冷や飯食わされないのは幸いだが、

それに対して、おかず部分が冷えているので、そこにギャップがある。


そういえば、以前、はんだ付けのトレーニングのために工場に出張したとき、

そこの工場の食堂で昼食を食べたんだけど、確かこんなシステムだった。

  1. 食券売り場(手売り)で食券を買う
  2. 弁当箱を受けとる
  3. みそ汁をよそってもらう

食堂というけど、結局は弁当じゃないかと思ったものである。

この食堂とうちの事業所の弁当売りのやっていることはそんなに差はない。みそ汁をよそってくれないぐらい。

従業員数が比較的少ない工場なんで、それで実現可能な方法はこれだったということだろう。

もっとも、同じ食券で うどん を食べることもできたような覚えがあって、それはその場で出してくれたはず。


現在は弁当売り場にはSuicaが導入されている。現金かSuicaで支払う。

以前は現金で払うしかなかったのだが、毎度現金で払っていてはわずらわしいと食券を売っている。

何枚綴りかになっていて、少しは割安にはなっているのだが、そこまで安くなる印象はなかった。

あと、こういう食券って現金払いの手間を省くためのものなので、キリよく千円単位で綴られているとよさそうだが。

1万円で24枚とか、そういう売り方がいいと思ったのだが、実際には中途半端な金額になっていたはず。

それで支払いがわずらわしい印象があったんだよね。Suica導入されて便利になりましたね。


この弁当も悪くはないが、少し性に合わないというところですかね。

少なくともパンだけ持っていくよりはずっとよい。午後も頑張れそうだ。

食堂が再開するまで、終日働く日にはこの弁当でしょうかね。


Author : Hidemaro
Date : 2020/03/06(Fri) 22:13
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools