日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

1日2回は検温しなさい

勤務先で新型コロナウイルスについて、より具体的な指示がでた。

これまでも中国から日本にやってきた人は、2週間程度在宅勤務などで様子見することという指示があったが、

日本国内でも散発的に感染が見られることから、全員を対象とした指示が出ている。


この指示内容がだいたいこんなことである。

  1. 手洗いを励行すること、特に出勤後と食事前には必ず手洗いをする
  2. 1日2回(出勤前・退勤後)の検温を行うこと
  3. 体温が37.5℃以上があったり、咳やくしゃみのあるときは、体調に応じて休暇を取るか在宅勤務にして2~3日程度は様子を見ること
  4. 家族が発熱などあるときも同様に休暇を取るか(看病を想定?)、在宅勤務にすること

より厳格な風邪の蔓延対策みたいな感じですね。

体温を測定して、微熱以上あるときは少なくとも2~3日は様子を見るというところは特にそうかなと。

風邪っぽいなら、よくなるまで2~3日ぐらいは療養しようというのはもっともな話である。

家族に発熱があれば、というのはやや厳しいと思ったが、一般にリスクは高いと言ってよいでしょう。


ここで想定している感染症としては、一般的な風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルス というところがあろうと思う。

「発熱があっても新型コロナウイルスが原因である可能性はそう高くありません」という注意書きも書かれていた。

一般的な風邪の場合は、微熱程度で2~3日程度で軽快するはずである。

インフルエンザの場合、高熱や節々の痛みなど、特有の症状を伴って、2~5日程度で軽快するだろうと。

新型コロナウイルスの場合、一般的なかぜと類似した症状が1週間程度続いて重症化していくような報告がある。

いずれのパターンであっても、検温などで検出して、まずは会社に出勤しないという対応が取れる。

そのまま、一般的な風邪のように回復すれば2~3日程度で出勤してよいが、

インフルエンザや新型コロナウイルスに特有な症状を検出したら、それぞれ適切な対応をするようにとなる。


もっとも、これで新型コロナウイルスの感染を完全に防げるとは言っていない。

ただ、飛沫感染については、咳やくしゃみといった症状がなければ、大きく広がることは考えづらい。(というのをどこかで見た覚えがある)

排泄物を介した感染もあるかもしれないが、衛生的なトイレが備えられていることを考えれば、そんなにリスクは高くないだろう。

一般的な風邪のように回復した場合は2~3日程度で出勤することもありうるが、

インフルエンザや新型コロナウイルスの症状が軽度な場合、ここで見落とす可能性はありうる。

でも、そこを切り分けるのはどうやっても難しい。(インフルエンザの迅速診断も検出できないケースは少なくないそう)

ただ、軽快して、咳やくしゃみで大きく広がる懸念がなければ、そこの切り分けは重要ではないんじゃないと。


37.5℃以上の熱が4日以上続くような場合は……ということが発表されたときに、

そうなると発熱している人を一律に入場禁止するのが相当な対策ではないかと考えていた。

勤務先がだいたいそういう発想で対策を提示してきたので、僕にとってはなかなか受け入れやすい。

毎日検温するのはめんどくさいなぁと思うけど、追加の負担はそんなもんかな?

職場で「家に体温計ないんだよなぁ」「体調不良で医者にかかるときに体温測定しても体温に表れないから手応えがない」と言っている人がいて、

「それでも体温測定は体調管理の基本ですよ」というと、「じゃあ体温計買うか」なんて言ってたが。


もちろん出勤しなければよいのだが、そうはいっても出勤しての勤務は重要である。

一応、在宅勤務というのは、勤務先ではある程度定着してはいるものの、限界も見えてきているのも事実。

出勤を避けたいときの手段の1つとして呈示することはできるが、万能ではない。

大規模な会議の延期や、会議をやるときの注意事項などもあったが、そういう特別な対策もどれぐらい功を奏するかは疑問である。

そもそも職場で多くの人と顔を突き合わせて仕事をしているのだから。

というわけで、まずは風邪の症状に対して早期に気づいて、出勤を取りやめるようにというのが、もっとも有効な対策でしょう。


この対策をいつまで続けるのかという話はあるけど、検温をして、発熱などあるときは2~3日程度は休むというのは、

一般的に感染症予防として効果的なので、ずっと続けても悪いことはないかなと思う。

今回のコロナウイルス騒動に限らず、インフルエンザ対策とかいう名目で毎冬やるとか、それでもいいとは思いますけどね。

持続可能な対策を根付かせることが、もっとも有効なんじゃないかなと思う。

その点で、この取り組みはバランスが取れていてよいと考えている。


Author : Hidemaro
Date : 2020/02/20(Thu) 22:54
社会 | Comment | trackback (0)

Tools