日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

今週の勤務はたった1.5日

今日は午後からお出かけだが、午前中は普通に出勤して仕事をしていた。

しかも、はんだ付けまでするような仕事をしていたという。

これは在宅勤務にしなくてよかったなとは思った。


午後から出かける場合、午前中だけの在宅勤務にすることが多かった。

素っ頓狂な在宅勤務と思ったけど

早朝から勤務を開始しやすいので勤務時間を確保しやすく(有給休暇の節約になる)、

勤務終了後、素早く家を出ることができるというのがメリットである。

今回もそういう想定はあったのだが、これはやめておこうとあらかじめ決断していた。

理由は火曜日が祝日だったことである。


当初、火曜日が祝日であることに対して、昨年4月時点でいくつかのアイデアがあった。

1つは月曜日を休暇にして4連休にする。月曜日は有給休暇取得推奨日でもあった。

これは誰でも思いつくことだが、もう1つ、水・木・金と休暇にして5連休、あるいは月曜までで6連休にするという案もあった。

ただ、この時点では月曜日を休暇にする案を採用して、この日を有給休暇計画取得日として申告した。

有給休暇取得推奨日に出勤して、その後に連休を取るというのは、あまり都合が良くないと考えたためである。

推奨日は誰も出勤しないぐらいがちょうどいいという思いはあった。(実際にはそんなことはないんだけど)


4月時点ではこうだったのだが、後に次の週末に用事(コンサート)が入って関西に来ることになった。

どうせ行くのにとんぼ返りというのももったいないですから、前後に伸ばすことを考えた。

博物館に行くことを考えると、月曜日に滞在してもあまり得るものはないので、ここは移動日として帰宅するのに充てる。

最初は前に2日伸ばして木曜から月曜朝までの滞在で考えたのだが、すると今週の出勤日が水曜1日になってしまう。

そこを回避する案をいくつか考えて、金曜の午前中に在宅勤務するという案もあった。

ただ、それもあんまりだと思い、木曜日は午後から出発にして、金曜朝からあれこれ出かけられるようにすることにした。


こういう事情があったので、せめて木曜午前は通常出勤と考えたのである。

勤務時間も確保しにくい、旅行の出発も在宅勤務の場合に比べて少し遅らせる必要はあったが、職場でないとできない仕事もあるだろうと。

この計画を決めた時点で、この時期にどんな仕事をやっているかはあまり明確ではなかったのだが、

最近はかなりハードウェアによった仕事をやっているので、在宅勤務でやることなんて全くないぐらいだったので、功を奏した。

今日が午前だけの勤務になることを見越して、昨日は(急ぎの仕事だったこともあって)残業して仕事を進めた結果、

現時点で僕がどうしてもやるべき作業は終わらせられたので、気分良く旅行に出ることができた。

できなければ他の人に肩代わりしてもらうことも考えていて、課長も「手に負えなければ○○さんに頼むから」って言ってくれてたが、結果的にはOKだった。


1週間のうち1.5日しか勤務しないというのは、やはり影響も大きかろうということで、

少し早めにチームリーダーと課長には伝えていて、「そこまでするなら1週間まるごと休みにすればよかったのに」と冗談めかして言われたが。

結果的にはこの1.5日勤務で仕事が大きく進んだので、中途半端な勤務も功を奏したなと。

無理なら無理で、他の人がやっただろうという話はありますけどね。

次の出勤は火曜なので、そこまでの間になにかあれば、肩代わりしてやってもらえるように情報は引き継いである。

僕の予想では来週月曜までに事態が動くことはないと思っているんだけど、可能性はあるので。


連休にして出かけることが多い人ではあるんだけど、時にはこういうことも考えていると。

ここまでギリギリの仕事をしたのは初めてだと思うけど、それなりに。

計画的に不在になる場合はまだよくて、インフルエンザなどで急に長期休業に入った場合はなかなか大変である。

とはいえ、そんなときでもなんやかんや肩代わりしてうまくやってるような気はしますね。

インフルエンザになったメンバーの肩代わりで、「○○の尻拭いだよ」と言いながらチームリーダーが作業をしていたのはその一例か。

そういうの見てると、あらかじめ計画されていることなら、なんともならないことはないとは思いますけどね。

もちろん、できるだけ職場への負担が少なくなる工夫はしたいところではあるんだけど、どうにもならない事情というのはありますから。


Author : Hidemaro
Date : 2020/02/13(Thu) 23:47
日常 | Comment | trackback (0)

Tools