日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

イオンカードの勧誘の背景か

イオングループの小型スーパーがあって、よく買い物してるんだけど、

こんな小さな店でイオンカードの勧誘をしている人がいて、ちょっと驚いていた。

間違えなくイオングループの店舗なんですけどね。


なんでこんなことしているのかなと思ったら、店内にWAON POINTについての告知があることに気づいた。

WAON POINTカード特典変更のお知らせ (イオン)

ピンク色のWAON POINTカードを呈示して買い物している人もいるが、

まずこれが4月から現金以外の支払いでポイントが付かなくなる。まぁこのカード出してる人は大概現金払いだけど。

そして現金払いではWAONボーナスポイントが積算されないこと。

この店では関係ないが20日・30日の割引対象外となることが書かれている。


おそらく、WAON POINTの制度変更を機にイオンカード作らないかということなのだろう。

確かにイオンカード あるいは WAON で払えばこれらの不都合はない。

このこと自体はこの店に限ったことではないが、これまで小型店舗での勧誘活動はあまりやってこなかったのか、

あまりやってこなかったところにスタッフを派遣することの意義はそういうことだろう。

興味を持っている人もいたようで、口座振替設定めんどくさいようなというような人に、

それならイオン銀行の口座を同時開設すればいいですね、というようなことを言っていてなるほどと。


イオンカードをすでに持っている僕にとっては、勧誘自体は全く関係ない話だが、

実はイオンカードでのWAON POINTの積算にとっても影響がある。

現在、イオンカードを呈示してSuicaで支払うのが通常だが、このような場合は4月からポイントが積算されなくなる。

WAON POINTの制度ができる以前に戻るだけのことなのだが、悩み所がWAONボーナスポイントである。

基本ポイントよりもボーナスポイントの方が大きいんですよね。

2017~2019年に付与されたWAONポイントのうち、6割ぐらいはボーナスポイントと推定される。


どうしたもんかなぁと。選択肢は次の3つだろうと。

  1. WAON(イオンカードからオートチャージ)で支払う
  2. イオンカードで支払う(iDも同等)
  3. これまで通りSuicaで払う(WAON POINT対象外)

実はWAONのポイント付与率はかつては0.5%だったが、現在はイオンでの付与率は1%まで引き上げられている。

かつてはSuicaにビューカードからチャージしたときに付与される1.5%と比べてはるかに悪いと考えていたが、

WAONで付与率が1%になると、Suica残高の心配が要らなくなるのは実は楽ではないかという考えもある。

イオンカードセレクトでイオン銀行チャージにして0.5%積み増せば、ほとんど並びますからね。

実際、WAONオートチャージって便利ですからね。というわけで1.は検討に値する選択肢ではある。


2.のイオンカードで支払うというのは、1.とあまり変わらない気がするが、ポイント制度が違うんですよ。

WAON POINT相当が全てときめきポイントとして積算されるんですよ。

最大の問題は交換単位が1000ポイントからであること。ここまで貯めないとどうにもならんと。

実はこれが問題で、イオンカード利用時のポイントは現状は何にも使えていない。

じゃあ、ときめきポイントに集約すれば使い切れるのではという考えもあるけど、

結局は交換先ってWAONチャージだよなぁとか思うと、それはイオンカードへの集約とは言えないのではとも。

端数切り捨てがなくなるかなと思ったけど、ときめきポイントの計算は明細単位っぽいので期待できない。


WAON・イオンカード以外の支払いで、WAON POINTが付与されるのは、これまでのイオンのやり方からすると変だと思ってた。

20日・30日の割引対象も、WAON POINTカードの呈示でOKなのはちょっと大盤振る舞いという思いはあった。

(もっとも、その後イトーヨーカドーではアプリ呈示でハッピーデーの割引対象になってたので、そんなもんかとも思ったが)

基本的にはWAONを使っていただきたいということなんじゃないかと思うし、それがいいと思いますけどね。

そういう自前の決済手段への集約で、できるだけコストを抑えたいと。それはごもっともな話かなと。

そこが気に入るかは利用者次第だが、僕はその通りだと思うし、一貫性があってよいと思う。


ちなみにイオングループでのSuica利用は、昨年実績ではSuica利用全体の4割程度を占めていた。

これが抜けるとSuica・ビューカード利用はけっこう減りますね。

Suicaチャージはほとんどがオートチャージで済むようにしてるが、

週末に出かけないとスーパーでの買い物で残高が減りすぎることもしばしばあった。

そんなときに使えたSuicaインターネットサービスもなくなる予定だから、どうしたもんかなぁと。

モバイルSuicaの併用も考えてたが、WAONへの移行も1つの考えだなと思った。意外とSuicaは万能ではない。


Author : Hidemaro
Date : 2020/02/11(Tue) 23:03
お金 | Comment | trackback (0)

Tools