日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

メルペイの端数をつぶす

この週末はいろいろなネタがあったが、まずはこの話から。

メルペイのクーポンがあったので、出かける前に昼食にビックマックでも食べるかと、

楽天スーパーポイントで端数調整して、数十円残る残高を使い切ろうと思ったら、失敗してしまった。

まぁ食べる分には問題なかったし、メルペイのクーポンも使えたんだけど……

(引っ越す美術館と無料入場もできる博物館)


そもそも、メルカリで買い物したときに、キャンペーンに乗じてメルペイの残高を持つことになってしまった。

メルペイを使うとお得だったから

ただ、メルペイの銀行チャージは1000円以上からしかできなかった都合、ずっと端数が解消できずにいた。

NFC/Felica対応になったことでiDでもメルペイが使えるようになって、iDのセットアップはしたので、使える先は増えていたが。

そんな中で発券したのが、マクドナルドで210円以上支払うと、200ポイント付与するというキャンペーン。

ちょうど数十円の端数を減らすにはちょうどいいのではと思った。


当初の目論見はこうである。

  1. マクドナルドで230円ほど、メルカリスマート払いで決済する。
  2. 翌日に200ポイント付与される
  3. 翌月の支払い時に、2.で付与されたポイントとメルペイ残高(約30円)を充当する

メルカリスマート払いは、ポイントで支払うことができるので、

1.の決済がきっかけで付与されるポイントを、1.の支払いに充当するという変なことが出来る。

ただ、これをするためには210円を僅かに越えなければならないが、

マクドナルドのメニューを見てもそんな都合のいいものはなく、それならビックマックだということである。


どうやって390円するビックマックを230円で食べるのか。

そこで考えたのが楽天スーパーポイントを支払いの一部に充当するという方法だった。

ところがこの時点で楽天スーパーポイントは100ポイントもなかった。

じゃあ無理じゃないかと考えるのが普通だが、コンビニで楽天スーパーポイントを買うことができるのだ。

最低1500円から購入できる。購入後の有効期限は6ヶ月、ここがイマイチなのだが。

ただ、幸いにして楽天スーパーポイントを使う予定があったし、FamiPayボーナスの使い所にもよいだろうと。

というわけで、ファミリーマートに行き、FamiPayで1500円払って、楽天スーパーポイントのPOSAカードを購入し、

これを登録してから、マクドナルドに行ったのだった。


ところが最初に書いた通り、この目論見は失敗した。

マクドナルドでは楽天スーパーポイントを使う場合、ポイント全額払いか、ポイントを全部使って残りを他の支払い手段にするか、

どちらかしか選べないので、1500ポイントもある状態で、160ポイントだけ使うことはできなかったのだ。

仕方なく390円全額をメルペイのiDで支払ったのだった。


というわけで、ここ1回で端数をぴったり使い切ることはできなかった。

翌月の支払いには銀行チャージが必要なので、今月中にポイントや現在の残高を差し引いて1000円以上使うことにした。

メルカリスマート払いの決済時に1000円以下でもチャージできるのかはよくわからなかったが、あまり考えずとも1000円以上になるだろう。

幸いというべきか、今月はメルカリスマート払いは5%ポイント付与らしく、たいへんお得である。

ちょうど三井住友カードのiDのキャンペーン分も使い切ったし、引き続きメルペイのiDで決済すればよいと。


これでメルペイ残高はきれいに使い切れるはず。

メルカリスマート払いの決済にポイントを充当できて、なおかつ残高よりポイントの方が優先なので、

ポイントが残るのはなく残高が残るという、良心的ではあるが、やや不気味さはあった。

今後、メルカリで買い物することがあるかもしれないけど、そのときはそのときだ。

プリペイド式電子マネーをむやみやたらと増やしたくないのは、偽らざる本心である。


Author : Hidemaro
Date : 2020/01/14(Tue) 23:39
お金 | Comment | trackback (0)

Tools