日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

外国からヤフオクに買いたいと

ヤフオクに本を出品して売っているわけだが、とある業者に落札された。

「海外のお客様のために、代理入札及び配送サービスを行っております」とのことである。

外国から買いたいってニーズがあったのか。日本人か外国人かは知らないけど。

しかし、この本、電子版も出てるので、外国ならそっちの方がよかったのでは? とも。


ちなみにこの業者である。

ゼンマーケット | 日本の購入代行サービス

ヤフオク・楽天市場・Amazon.co.jp・Yahoo!ショッピング などの通販サイトの商品を注文すると、

1点あたり300円の手数料を上乗せして代理購入してもらえる。

その上で、これを送料実費負担で送ってもらうのだが、とりまとめて国際輸送に適した梱包をしてもらえる。

1点あたり300円の手数料はかかるものの、とりまとめて輸送してもらうことで送料が抑えられると。


外国から購入したいというニーズがあるのなら、「海外発送への対応」にチェックを入れればよかったか、

と思ったが、直接、外国の落札者相手と取引するにはいくつか問題があるように思う。

1つが送料設定の問題である。

PayPayフリマへの掲載も考えて、送料出品者負担にしているところだが、これはゆうパケットでの発送を前提としたもの。

さすがに外国への発送ともなれば引き直しが必要だが、送料出品者負担からそんなことできたっけ。

送料落札者負担なら、落札後に送料を決めればよいが、日本国内の送料ならヤフオクは自動計算できるが、外国へはそうもいかない。


もう1つの問題が Yahoo!かんたん決済 の取り消し期間の問題。

Yahoo!かんたん決済では支払後8日後から2日間、返金申請を申し出ることが出来る。

商品を発送していない、もしくは 商品の説明と実際の商品に差異があったとヤフーが認めた場合は、

落札者へ商品代金が返金され、出品者へ商品代金は入金されない。

以前、PayPayフリマで商品を購入したら出品者が全く無反応だったことがあって、このときはそれで返金されている。

ところが、この仕組みが完全に機能するのは入金~商品到着が8日以内で済むことが前提である。

外国宛の場合、なかなかこの期間内に配送が全て完了するのは難しいだろう。


この点においては落札者にとって不利な点が多いと思うが、出品者にとって不利なのは発送が確認されないと取り消されうること。

これに対抗するためには発送したことが追跡システムで確認できる発送手段を使う必要がある。

国内輸送にも言えることかもしれないが、国内の場合、8日以内に相手が受取連絡をしてくれる可能性が高い。

例え、定形外郵便とかゆうメール のような追跡不可能な手段であっても大きな問題はないだろう。

250gの本をマレーシアに送ることを考えると、印刷物・航空便で400円、SAL便で320円、船便で220円だが、

これらはいずれも追跡がないので、いくら安いと言ってもリスクが高い。

書留(補償額6000円なので、内国郵便ではかつての配達記録に近い)を付ければ追跡できるが+410円である。

もっともよいのはEMSだと思うが、このサイズのもので1400円もかかるのだから、困った話である。


これらの問題を考えると、購入代行業者が間に入ってくれるのはありがたいことである。

出品者としては業者の倉庫までの輸送責任を負えば良い。これならほとんど確実に8日以内に受取連絡がされる。

購入者にとっても、とりまとめて梱包してもらうのなら、倉庫から手元までの輸送手段にお金をかけやすい。

ゼンマーケットの送料シミュレータによれば、マレーシアまで3kgのものを送るなら、FedExがもっとも安く3003円となっている。

10点とりまとめれば、300+300=600円のオーバーヘッドとなる。

こうなってくるとゼンマーケットの手数料が高く見えるほどに送料は抑えられるね。


国際輸送になると途端に大変になるからこそ、代行購入サービスには付加価値があるということである。

ゼンマーケットはZenPlusというショッピングモールを運営している。

ここはゼンマーケットを通じて外国へ販売するためのショッピングモールである。

手数料相当は出品者負担である。決済手数料もろもろ包括して10%の手数料だそうだ。

注文があれば業者は倉庫に納入して、そこからの輸送責任はゼンマーケットが負い、送料は購入者負担である。

こういう商流もいいのかも知れんね。自社で外国へ販売するのはいろいろ難しいところもあるでしょうし。


Author : Hidemaro
Date : 2020/01/04(Sat) 18:46
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools