日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

分割されたことにはわけがある

先日、京都に行った時に京博に行き、特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」を見に行った。

見に行ったのは京都に行ったからなんとなく。

実はよくわかっていなかったのだが、予想以上に学びが多かった。


その昔「佐竹本三十六歌仙絵」と呼ばれることになる絵巻物があった。

鎌倉時代に作られた36人の歌人と略歴・代表作を書いた絵巻物だった。

ところが1919年、この絵巻物は1人ずつに分割され、掛け軸に作り替えられた。

そして散り散りになったのだった。特別展のタイトルの「流転100年」はこのことを表している。

時が経ち、所有者も移り変わったが、できる限り集めて展示したのがこの展覧会だった。

多くは重要文化財に指定され、博物館所有になっていたり、国が買い上げて文化庁蔵になっているものも多い。

とはいえ、所有者空欄、おそらく個人蔵という意味だろうが、そうなっているのも未だにあるのは確か。


どうして、絵巻物を分割するに至ったのか?

長らく秋田の久保田藩の佐竹氏に伝来した絵巻物だったが、明治維新後に手放すことになった。

フルセットだと非常に高価なので買える人はごく限られ、所有者が移り変わる中で売るに売れない状態になってしまった。

そこで、1人ずつに分割して掛け軸にして、抽選販売することにしたのだった。

こうすると実業家や美術商にとっては現実的に届く価格になり、掛け軸になったことで茶会などで活用しやすくなった。


ただ、これによって絵巻物ではなくなり、所有者もバラバラになってしまった。

今回、できるだけ集めたものの、京博に集まったのは37点中31点に留まった。

おそらく、こういう懸念は当初からあったんだろう。

だからか、分割前に木版で模本を作成するということをやっていたのだろう。

分割前の状態を忠実に残す模本ということで重要なものである。


現在は分割されたものの多くが重要文化財に指定されている。

これが絵巻物の時点で重要文化財に指定されていたら、分割は許されなかったんじゃないか。

とはいえ、こういう巻物を分割して作り替えると言うこと自体は、歴史的によく行われてきた。

手鑑といって、古筆の断簡を集めてアルバム状にしたものが、かつては古筆の鑑賞、あるいは鑑定に重宝されたという。

大きな巻物などを数行単位で切り取ることで、名筆を現実的に入手できるようにして、多くの人が活用できるようにした。

文化財を破壊する行為ではあるが、文化財を活用するという点では、理にかなったものと考えられてきた時代は長かったんじゃないだろうか。


でも、今にしてみれば、わざわざ切り刻む必要はないよね。

高精細写真を撮影すれば、画面で表示したり、あるいはそこから複製することもできる。

複製するときに、巻物から掛け軸への作り替えというのも可能かも知れない。


とはいえ、容易に複製が作れてしまうとなると、ありがたみがないという話はあるでしょうけどね。

そもそも、佐竹本三十六歌仙絵について言えば、絵巻物まるごと買える人がいなかったというのが問題だったわけだし。

掛け軸にして使いやすくしましたというのは付随的な話で、分割とはいえ本物を入手できることが価値だったんじゃないだろうか。

絵巻物の権利を買い取って、その写真や複製品でIPビジネスをやるんだとか、そういう発想は現代でもなかなかないと思う。

でも、案外おもしろい取り組みかもしれない。限定生産の複製品とかそれなりにプレミアも付くのでは?


こういうことを言えるのは平面物だからってのもあるけど、

最近は3Dプリンタで彫刻の文化財を複製するようなこともやっているよね。

主には仏像など、文化財として価値が認められているが、地域の寺社や自治会で保管していては盗難など不安が多いので、

本物は博物館に保管して、適宜展示して、複製は地域で引き続き活用していくということが行われている。

さっき書いたのとはちょっと観点は違うけど、複製技術が文化財の保存・活用に貢献している一例だよね。

本物を使い続けることが好ましい場合もあるだろうが、現状の活用しにくさを複製技術で解決するのはアリだよね。


Author : Hidemaro
Date : 2019/11/14(Thu) 23:08
文化 | Comment | trackback (0)

Tools