日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

PiTaPaとPayPayはSuica残高を救う

名古屋から先、PiTaPaポストペイエリアでは電車・バスの利用に専らPiTaPaを使っている。

交通機関によっていくらか割引があるのもさることながら、残高を気にしなくて良いというのが最大のメリット。

それで今いくらぐらいになってるのか、PiTaPa倶楽部で確認してみたら、

これは今旅行中1万円超えするなというほど。たくさん乗りましたね。


そう考えるとSuicaじゃ追いつかないなと。

Suicaは関東圏ならばオートチャージが効くが、近畿圏まで来てしまうとクレジットチャージできるところがない。

(名古屋駅前のビックカメラにはVIEW ALTTEが設置されているのでSuicaクレジットチャージができるが、近畿圏にはない)

Suicaは最大で2万円まで詰められるが、交通機関だけで1万円超である。

それ以外の買い物にも使うことを考えるとなかなか厳しいか。


この手が使えるのがPiTaPaポストペイエリアが広がる近畿圏に限った話とは言えるが、

一方で、他の地域の旅行の場合、JRの乗車券をクレジットカードで購入しておいて、それで周遊することが多い。

なので、ICカードで支払うのは、主には市内交通なのでそんなに高くはならないかな?

バスだと金額かさむこともあるけど、それがICカード非対応であることも多いので、それもそれで関係ないという。


買い物という点では、SuicaからPayPayへのシフトが進んでいる。

金額的に大きな近所のスーパーでの買い物はSuicaを優先して使っているが、これは普段の生活で金額が多いという話。旅行中はそうではない。

特にファミリーマートとローソンでは(Quoカード消費中は別として)Suicaを使うことが多かったが、最近はPayPayにシフトしている。

旅行中だともうクレジットチャージ出来ないSuica残高を心配するよりは、どこでもチャージができるPayPayの方が安心感はある。

クレジットカードならそれもそれで気にしなくて良いが、サインレスではない限りはPayPayの方がスピード面では勝てそうという考えもある。

旅行中、それでもやっぱりSuicaを使いたいシーンもあるのだから、そっちを優先した方がよいということ。


PiTaPaとPayPayの両ばさみで、Suicaの残高の消費は抑えられて、まぁ安心感はあったかなと。

確かにSuica、利用できる店舗はわりと多くて、決済スピードもわりと速くて、便利ではあるんだけど、残高が気になるのは困った話。

それでも普段はオートチャージもあるし、かまわないとは思うんだけど、ひとたびオートチャージできる場所から離れてしまうとね。

残高詰めておけば、そのまま全国各地で使えるだけでも便利ではあるんですけどね。

そりゃPiTaPaポストペイは便利だけど、導入しにくい事情もまぁわかるので。


Author : hidemaro
Date : 2019/11/04(Mon) 20:32
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools