日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

今さら料金所を作った

近畿自動車道長原IC・阪和自動車道松原ICに料金所が設置されたらしい。

近畿圏の新たな高速道路料金について (NEXCO西日本)

いや、もともと料金所はあったんですけど、無人の料金所に箱を置いてあるだけで、基本的にはここで料金を払う車はいない。

別に料金を逃れているというわけではない。正当に払わないケースがほとんどだから。


ことは1969年の西名阪道路(現在の西名阪自動車道)の開通の頃にさかのぼる。

現在の松原JCTの場所には、松原ICが設置されていて、府道中央環状線に立体交差で接続していたらしい。

1980年には阪神高速松原線と接続、西名阪から直進すれば阪神高速に入れるようになった。

この時点では、松原ICは阪神高速との接続点であるとともに、一般道に接続するインターチェンジでもあった。

その後、近畿自動車道・阪和自動車道が中央環状線の上空にできることになり、西名阪自動車道とも接続することになった。

このとき、松原ICの中央環状線に接続するランプウェイを転用することになり、名前も松原JCTに改名された。

一般道への接続を失った松原IC あらため 松原JCTだが、代替として近畿自動車道に長原IC、阪和自動車道に松原ICが設けられた。

そのような経緯があったので、西名阪自動車道からの車は、西名阪の均一料金だけで両ICを利用できるようにした。

同様に近畿自動車道からの車は、松原JCTを通り過ぎて阪和道・松原ICまで、阪和自動車道からの車は近畿道・長原ICまで均一料金で使えるようにした。


基本的には、両ICを利用する車は、松原JCTを通過して各方面へ向かう車と同じ扱いでよい。

長原IC→西名阪方面なら松原本線料金所で料金が徴収されるし、近畿道→松原ICなら、近畿道に入るときに料金を払っている。

ところが、次のようなケースは料金が徴収できない。

  1. 長原IC~松原ICだけの利用
  2. 阪神高速~松原ICの利用
  3. 阪神高速~長原ICの利用(2015年にランプウェイが新設された)

2,3は気づいていない人も多いかも知れないけど、NEXCOの通行料は普通には払っていない。

これらのケースに該当する場合は、自主的に料金を払えるように、無人料金所を設置していたというわけ。

2017年以前は近畿道・阪和道は均一制だったが、1,2,3のケースでは西名阪の均一料金を料金箱に入れることになっていた。

松原JCTで接続する路線のうち、もっとも通行料金が安かったのが西名阪だったから。

2017年以降は対距離料金になったので、長原IC~松原ICの距離に対応する料金を現金で払うことになっていた。


わざわざ、料金所を新設した理由は定かではないけど、これまであまり好ましくない状態ではあった。

松原IC~長原ICだけを高速道路使う人がいたかはわからないけど、

阪神高速から両ICという利用でNEXCO分を払わない人はそれなりにいたんじゃないか。

ETC車に限れば、やろうと思えば料金徴収できたんだろうけど、現金車の穴を防がない状態でETCだけ徴収というわけにもいかない。

係員を置くに見合うほどの増収になるかはわからないけど、それでもやるべきという判断があったんだろう。


なお、現金車の場合は、両ICから入る場合は、長原IC~松原ICに相当する料金(普通車220円)を払う。

そしてレシートが通行証になっているので、阪神高速に入る場合以外は、次の料金所で見せると差額の支払いになる。

逆に両ICから出る場合、いずれかの通行証を見せれば通行料金の支払いはないが、

通行証が呈示できない場合、すなわち阪神高速から来た場合は、普通車で220円の支払いになる。

入口料金所は料金を徴収しても、従来から料金を払っていたケースでは差額徴収になるので、合計は変わらない。

出口料金所は阪神高速から来た車を引っかけるだけという、なんとも微妙な料金所である。


NEXCO西日本といえば、第二神明道路にも料金所の新設計画がある。

料金所が間に合わない

第二神明道路は今年3月までは、2区間の均一制料金だったが、その間にどちらの料金区分にも属さない区間があった。

この区間から東側・西側どちらに走っても、どちらかの均一料金の支払いで済むということなのだが、

料金所配置の都合、玉津~伊川谷・大蔵谷については無料通行できるようになっていた。

2020年度に料金所を新設して穴をなくす予定だそうだが、今のところはそのまま。

第二神明道路については、通行料金が安すぎたので、段階的な通行料金引き上げを行っている。

第二神明全体の料金引き上げに対応した料金所新設なので、こちらはそれなりの理由があるんだけど。


長原IC・松原ICも、第二神明の一部区間も、均一制の弊害を減らすための工夫だったんだよね。

それがETC時代になって、そもそも均一制が時代遅れだとかで、遅ればせながら穴を防ぐことになったと。

ETC時代に現金車用の料金所を作るなんて矛盾してない? と思うけどね。


Author : hidemaro
Date : 2019/09/19(Thu) 23:16
交通 | Comment | trackback (0)

Tools