日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

外国でお金がない!

Twitterで外国旅行中に手持ちの現金が尽きて、追加両替に走ったが、それも足りず、

さらには利用可能額残が少なく、クレジットカードも使えなくなり……という話が話題になっていた。

結果的には同行者に融通してもらい、無事に帰国したようでなにより。

旅慣れた同行者がいてよかったんだけど、なかなか危うい話である。


手持ち現金が不足したのは、現地でかかる費用を読み違えたからだそう。

もちろん、クレジットカードで賄える分がおおければ。手持ち現金を読み違えても救えたかもしれないが。

両替も1つのハードルではあって、街中の両替所が少なくて困ったとか。

結局は空港に行って両替することで、追加両替が出来たが、日本円の手持ちも十分ではなかった。

クレジットカードも頼りにならなかった。

利用可能額の認識に問題があって、キャッシングは枠がそもそもなし、ショッピングも想定外に使われていた。

学生だったそうで潤沢な利用可能枠は割りあてられないのも無理はないが……


いろいろな誤算が積み重なったわけだけど、追加両替に困った以外の問題は国内でも起きかねないこと。

旅行先で想定以上に現金を使うことは、僕も経験したことである。

でも、多分、日本国内でここまで深刻な問題になることはない。

なぜならば、銀行口座から出金できるから。

今どきはセブン銀行やE-netと提携している銀行が多いので、毎日・ほぼ終日、コンビニで容易に引き出せる。

ほとんどの銀行はゆうちょ銀行と提携している。ATM営業時間は問題かも知れないがゆうちょ銀行ATMは数は多い。

ゆうちょ銀行以外の主な金融機関のATMはMICSで接続されている。

全業態で相互接続とはいえないが、都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫が相互接続なら困るケースは少ないでしょう。


いずれにせよ、無理なく、その地域のATMで現金を引き出せれば、外国旅行中にお金に困ってもなんとかなりそう。

そこで国際的なATMネットワークがあるわけだが、CirrusとPLUSですかね。

CirrusはMastercardのATMネットワーク、PLUSはVISAのATMネットワークである。

クレジットカードやデビットカードの裏面を見ると、CirrusかPLUSのマークが付いていることが多い。

MastercardとVISAなら自明だと思うが、JCBはCirrusと提携している。

日本国内ではクレジットカードのキャッシングと、国際ブランドのデビットカードぐらいしか対応していないが、

世界的に見ると、一般的なキャッシュカードがCirrusやPLUSに対応していることも多い。

地域によっては国内のATMネットワーク提携すらCirrusやPLUSに頼っていることもあるようだ。

MastercardはMaestroというデビットカードも提供していて、日本のJ-Debitみたいなデビットカードシステムも併用している。


どうして日本の銀行のキャッシュカードは国内ネットワークだけなんだろうと思ったかも知れないが、

磁気ストライプの仕様が日本独自なんだよね。

実際、国内の銀行の発行する国際ブランドのデビットカードを見てみると、磁気ストライプを分けている。

もっとも、国内キャッシュカード用の磁気ストライプなんて、今まで使ったことあったかな?

というのも、世のATMのほとんどICチップ対応で、ICチップは国内キャッシュカード・デビットカード・国際キャッシュカード共用なんだよね。

スルガ銀行がVISAデビットだけど、J-Debitとして1回使ったのは確かだが、ATMでは1回あったかなかったか。もう何年前だ。

そう考えるとキャッシュカードのCirrus・PLUS対応もわりと現実味のある話だと思うが。


手数料の問題はあるものの、外国でもキャッシュカードでお金を引き出せれば安心感は強い。

それも1枚だけだと何らかの都合で使えない可能性もあるが、複数あればリカバリーがきく。

現状でも国際ブランドのデビットカードは普通に作れるようになったが、まだ特別なカードである。

国際ブランドのデビットカードはクレジットカードに使われ方が類似していることもあって、15歳以上など年齢制限があるのが普通だ。

通常のキャッシュカードは年齢制限がないし、J-Debitもキャッシュカードさえあれば当然使える銀行が多い。

国際ブランドのデビットカードを作るのが特に難しいとまでは言えないけど、標準とならないことには理由があるんじゃないかと。


このことから学ぶことはいろいろあると思うけど、何においても予備は重要ですね。

現金にも予備があれば良いし、クレジットカードにも予備があるとよいし、国際キャッシュカードもあるとよい。

旅行中の盗難対策で、分けておいておくのもよい対策である。

使用頻度の低いクレジットカードを複数持つことには抵抗のある人もいるだろうし、

クレジットカードがあれば使用機会がガクッと落ちる国際ブランドのデビットカードを持つのは無意味と思うかも知れないが、

こういうときには助けてくれるんじゃないでしょうか?


Author : hidemaro
Date : 2019/09/18(Wed) 23:06
お金 | Comment | trackback (0)

Tools