日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

台風なんだからと思うのだが

風の音に起こされて、時計を見ると朝5時ごろ。

まだ台風の風強いの? と台風情報を見てみると、ちょうど東京都に最接近している頃だった。

ゆっくり進むが、小さな台風、その後1~2時間ほどで風はある程度落ち着いたようだ。


昨日、JR東日本の関東圏の路線について、8時運転再開予定としている路線が多かった。

でも、台風の風が落ち着いたのは6時すぎだろうと考えると、さすがに8時ってのは厳しいのでは? と思っていた。

やはり厳しかったようで、比較的早かった中央快速線で9時ごろの再開だったようだ。

私鉄・公営で大きな被害がなかった路線もだいたいその程度の再開だったようだ。


もう出勤時刻にはすでに風がだいたい止んでいたし、電車通勤ではないので、いつも通り出勤した。

やはり人は少なかったが、もともと夏休みとか体調不良の人もいたようので、台風のため出勤できない人は1/4ぐらいか。

電車の人で早い人は10時半ごろの出勤だった。ホームは大混雑だったと言っていたが。

その後、順次到着して、出勤できた人で遅い人は13時ごろだったが、電車が動かず全く出勤できない人もいた。

とはいえ、台風を理由にして、在宅勤務にしたり、休暇を取る人はいなかったのだった。

これが意外だったのだが。


そもそも8時再開だとしても、再開してすぐの電車があてになるとは思えず、昼頃までは様子見なんじゃないかと思っていた。

在宅勤務などで午前中は様子見なんていうのはバランスの取れた選択肢かと思ったのだが。

ところが話を聞いてみてわかったのは、そもそも在宅勤務をやろうとしても、

適した環境がないとか、どういう業務が在宅でできるのかわかっていないとか、そういうところに問題があるようだ。

「この職場でそんな機動的に在宅勤務使える人なんて、君を含めて数人ぐらいじゃないの?」とそんな反応だった。

休み明けということで、前日に在宅勤務に向けた業務調整とか、業務用PCを持ち出すなどの対策ができなかったのも影響したかもしれないが……

でも、災害時に有用そうでも平時からノウハウを蓄積しておかないとなかなか厳しいのが実情なんだろうなと。

ただ、平時に在宅勤務にメリットを感じている人こそ少ないという。


あとは、あらかじめ休暇にする人がいなくて、不可抗力で出勤遅れで済ませる人ばかりだったというところも気になる。

なんやかんやと台風の影響を受けずに出勤できた人は多かった。

「電車が動くか、乗れるかというところで心をすり減らすより、休暇にしてしまった方が楽なのでは?」と思ったのだが。

だいたい時間がかかるのは覚悟の上だということのようだけど、それがよくないんじゃないか。


東京都多摩地域ではだいたいそんな具合で、台風が去るのが遅かったことがだいたいの問題。

6~7時台にはすでに気づいていたのでは? と思うのだが、再開見込みが遅れることはなかなか告知されなかった。

それでどうなってるのかなと気になった人がJRのWebサイトにアクセスして、結局アクセス集中で見られなくなってしまったようだ。

そこで思い出したのだ。NHKが警報・避難・河川カメラ・交通情報をWebサイト・アプリで配信していると宣伝していることを。

NHK ニュース・防災アプリ

NHKのWebサイトはそうそう落ちない。

しかも速報性は高いので、各種機関のWebサイトを見ればわかるような情報でも、NHKから見るのが確実な場合があると。

「まとめサイト」みたいなもんだが、公共放送のインフラを生かしたサービスである。


そうも言ってられないのが千葉県である。

台風の経路の都合、強風により大きな被害を受けていて、交通機関も今日中の再開ができなかった区間は多かった。

広域で停電が続いているのも大変で、復旧にはしばらくかかるようである。

あと、困ったのが成田空港で飛行機の発着は大丈夫だが、地上交通がダメという状況。

部分的に復活しているようだが、多くの人を東京・千葉方面に運び出せる状況ではないようだ。

明日朝までにどこまで復旧できるかというところだが、なかなか厳しそうね。


Author : hidemaro
Date : 2019/09/09(Mon) 23:07
日常 | Comment | trackback (0)

Tools