日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

軍艦旗を掲げて救援活動

大雨により佐賀県で大規模な冠水が起きて、住民らの救助や、孤立した病院への物資輸送にゴムボートが活躍した。

消防・警察だけでなく、自衛隊もゴムボートを出していたのだが、ちょっと不思議な光景が。

【動画あり】病院の孤立続く 自衛隊が救助開始 大雨から一夜の佐賀県 (西日本新聞)

旭日旗を掲げたゴムボートが救援活動をしている写真が掲載されている。

実はこれは海上自衛隊のゴムボートなのだが、自衛艦に掲げるのと同じ旗を掲げている。

ゴムボートに旗を掲げるというのは珍しい光景だと思う。


そもそも、船はどういうとき旗を掲げる物なのか。

船舶法では、日本船籍の船だけが日本国旗を掲げられ、日本船籍の船は法令の定めにより国旗を掲げるように規定されている。

ここでいう船舶というのは動力を持つ船のことで、手こぎ船 や はしけ は船舶ではない。

船舶法施行細則では、外国の港を出入りするとき、外国貿易船が日本の港を出入りするとき、役所から指示があったときに船尾に国旗を掲げることになっている。

ということは、外航船は港に出入りするときは国旗を掲げる義務があるが、内航船は必ずしも国旗を掲げる義務はないと。

もちろん、日本船籍であれば国旗を掲げる権利はありますから、大型船を中心に内航船でも国旗を掲げていることは珍しくないだろう。


一方で、海上自衛隊の船舶は船舶法の適用を受けないと定められている。

そして、自衛隊の使用する船舶には、自衛艦旗を掲げることが定められている。

ゴムボートが掲げている旭日旗こそが自衛艦旗である。

国際的な慣例で、船が掲げる旗には 商船旗 と 軍艦旗 の2種類があって、商船と軍艦で旗を使い分けるんですね。

日本では国旗と商船旗は同じだが(というか商船旗が国旗になった)、イギリスなど国旗と商船旗が異なる国はけっこうあるそう。

いずれにせよ目的は船の国籍を表すこと。使用先が異なるだけのことである。


海上自衛隊が持ってきたゴムボートは、通常は護衛艦に積載される。

もともと海上で使うことが想定された船で、なおかつ状況によっては海上での実力行使に使われるそうである。

警察・消防のゴムボートもそうだし、陸上自衛隊のゴムボートもそうだと思うけど、河川・湖沼での使用を想定したものであるところ、

海上自衛隊のゴムボートは海上で一人前に活動できる船というのは大きな違いなんだろうと思う。

だから、ゴムボートといえども、自衛艦旗を掲げているんじゃないだろうか。


陸上での災害に対して、海上自衛隊が出動すること自体はありそうだが、

ただ、航空部隊の出動だったり、海上輸送だったり、まさか陸上で「自衛艦」を使うことなんてそうそうあるまい。

なかなか水が引かない中、海上自衛隊の活動は大きな助けになったんじゃないだろうか。

河川事務所がポンプ車を使った排水を進めた結果、今日の午後には、船に頼らずとも移動できる程度には排水が進んだようである。


最大でポンプ車16台を動員して、60時間以上かかったということで、とてつもない状況だったことがわかる。

そもそも、大町町周辺は、海抜ゼロメートル地帯で排水が悪く、雨水を排出するポンプを整備して、浸水害を防ぐようにしてきた。

佐賀・大町一帯、冠水拡大なぜ 海抜ゼロ排水不良に (西日本新聞)

ところが、ポンプが整備されることにより、別の問題が顕在化してきた。

それは、雨水の排出により河川の水位が上がってしまうこと。過去には堤防の決壊に至ったこともあったようだ。

その反省から、六角川では雨水の排出を制限する「調整運転」という仕組みが確立されているようである。

一部地域では浸水害が起きるが、広範囲に洪水被害が出ることが防げるというわけ。

あまり好ましいことではないが、数年に1回、こういうことが発生しているのが実情だそう。


根本対策としては河川の流下能力を向上させることが必要だが、これが難しいそうなのだ。

軟弱地盤かつ有明海の潮汐の影響のため、河道掘削してもすぐに土砂が堆積してしまうんだとか。

六角川について (武雄河川事務所)

比較的効果のある対策が遊水地だったそうで、下流部の洪水対策には一定の効果が出ているようである。

ただ、それ以外の対策はなかなか効果を発揮しきれていないようで、河川事務所の資料には対策方法には調査・研究が必要とまで書かれている。

河川改修には時間がかかるものだが、この地域ではそういう問題だけではないようだ。


Author : Hidemaro
Date : 2019/08/30(Fri) 22:49
社会 | Comment | trackback (0)

悪臭は雨水の通り道からやってくる

市内の商店街で飲食店の建ち並ぶ一つの通りが下水臭いことがあるのは以前から気になっていた。

時に客引きもはびこるような通りだし、歩行者が多い通りにもかかわらず歩行者に優しくない事情もある。

とはいえ、いくら臭くても、客引きが煩わしくても、交通安全上の課題を抱えていても、

うちから最寄り駅の1つに行く合理的ルートだから、仕方なく通るんだけど。


悪臭対策は市も対策に取り組んでいるようで、広報でも時々特集がされていたが、

どうしてこういう問題が起きるのか、明確な理由がやっとわかった。

ビルピット/臭気対策についてビルピットとは (東京都下水局)

地下階から下水を排出するのに ビルピット と呼ばれる貯水槽を使うことが一般的なようである。

このビルピットから下水への排出はポンプで間欠的に行われるのが通常だそうだが、

下水の滞留時間が長すぎると下水が腐敗してしまい、それが悪臭の原因になると。

さらに厄介なことに、この地域は合流式下水道なので、道路に設けられた雨水ますも下水管につながっている。

腐敗した下水を下水管に出したら、その腐敗臭が雨水が流れ込むルートで公共空間に放出されてしまう。

だから、分流式下水道の地域では問題は顕在化しにくいのかもしれない。(それでもマンホールなど放出されうるところはあるが)


対策としては、下水の滞留時間を短くするということが考えられる。

排水周期が長くなりすぎないようにする、低い水位まで排水できるようにする、下水量に対して適正なサイズに貯水量を減らすなど。

あと、設備のメンテナンスを適正に行うだけで改善されることもあるようだ。

厨房排水など、油分が多すぎる排水はグリストラップなど、前処理を行う設備を設けなければならない。

本来はここでトラップされた固形物や油分は、定期的に清掃して取り除く必要があるが、

メンテナンスが行き届かず、ここで腐敗が進んでしまうこともあるようだ。

ビルピットも定期的な清掃が必要だが、実情によっては清掃回数を増やすなどの対応が必要になる。


合流式下水道の下水管と道路に設けられた雨水ますがつながっているというのは、

原理的には当たり前のことだけど、言われるまで気づかなかった。

とはいえ、新鮮な汚水であれば、ここから臭気が上がって来ることはあまりないよう。

より下水の質が問われるということだけのようだ。

別に分流式なら許されるとかそんなことはないんですけどね。ただ、合流式よりは条件はよいので。


原因となる建物の特定はなかなか難しいらしく、行政も手を焼いているのが実情なんだとか。

商店街と市が一丸となって対策を進めた結果、地域によってはかなりの改善効果が出ているようである。

問題の通りもゆくゆくは改善されるのかも知れないが、原因によっては大がかりな対策が必要で時間がかかるかもしれない。

なにしろ行政側が直接対策できるわけではなく、建物所有者がやらないといけないことなので。


Author : Hidemaro
Date : 2019/08/30(Fri) 00:05
社会 | Comment | trackback (0)

Tools