日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

ほっそりした特殊な電池

職場で使っているノートPCにはスライタスペンが付けられる。

主にタブレット用途での手書き入力に使うことを想定しているが、僕はマウス代わりに多用している。

なんか最近反応が悪いなぁと思っていたら、全く反応しなくなって、

電池をマルチメーターで測定するとオープン電圧で0.7Vとか信じられない値になっていた。

アルカリ電池なので、定格電圧は1.5Vなのに。こりゃ完全に過放電だな。


そんなわけで交換用の電池が必要になったが、問題はこの電池が単6電池ということ。

単6電池というのも俗称で、というのもJIS規格にはないそうだから。

アメリカの規格でいうところの AAAA というタイプで、単4電池よりもほっそりしている。

JIS規格にないっていうのもあるし、使用頻度が低いというのもあって、なかなか入手性がよくない。


果たして、どうやって交換用の電池を購入すればいいんだろうか。

そんなわけでうちの職場でよく使っている電子部品の通販で探すことにした。

ただ、ジャンル別の検索では単6電池に行き着くのは難しかった。

普通は電子部品を購入するときは部品の型名で調べるわけだから、

ということでもともと入っていた電池のメーカーから相当する型名を調べてみた。


ただ、結果的に言えば単6電池というのは作っているメーカーが限られているようで。

  • GP Battery 25A
  • Energizer E96
  • Duracell MX2500

ぐらいから型名で探すのが早いだろう。

ただ、この中で即納できるのは GP Battery 25A-U2(2本入りパッケージ) だけだった。

元々GP Batteryの電池が組み込まれていたので、その点ではちょうどよかったのだが。


当たり前といえばそうかもしれないけど、電池の型名ってメーカーによって大きく違うんだよね。

GP Batteryの25Aという型名は、ANSI規格の呼び名に合わせているようで、

単3アルカリ電池は15A、単4アルカリ電池は24A、アルカリボタン電池LR44は A76 のようになっている。

ちなみにLR44というのはIEC規格の言い方で、日本のJIS規格の呼び名もIEC規格にあわせてある。

日本メーカーではIEC/JIS規格の呼び名を型名に入れていることが多いようだ。(ex. Panasonic EVOLTA 単3形の型名は LR6EJ )

JIS規格でも正式な呼び名は、単3アルカリ電池はLR6のように定義されていて、その通称として単3形という言い方があると。

IEC規格で言うと単6アルカリ電池は LR8D425 という言い方になるらしい。えらく複雑だな。

一方で、Energizerの命名は規格上の呼び名は考慮していないようだ。

ただ、Energizerは老舗だからか、他社のカタログでもEnergizerの型名のこれ相当という記載はけっこうあるが。


電池なんて簡単に買えそうなもんだけど、特殊な電池はめんどくさいなと思った。

なんとなく買うだけなら、秋葉原の電子部品商から買うのがよさそうな気がしたが、職場で買うのにそういうわけにもいかない。

これで1本あたり100円以上するので、上司も「案外高いね」という反応だった。

小口で即納となると、だいたいどこで買ってもそんなもんだと思いますね。

もちろん業務上必要なものだったし、絶対的な金額自体は高々知れているので問題なく購入できたのだが。


もうちょっと汎用的な電池を使ってくれればなぁと思うんだけど、

ペンにとっては単4電池は重すぎるらしく、軽量で形状がフィットする単6電池が一般的なんだとか。

アルカリボタン電池LR44の方が軽くて入手性がいいんじゃないかと思ったけど、

Energizer E96の放電容量は670mAhぐらいあるようで、LR44の120mAh程度に比べればよっぽど多い。

総合的な判断ではあるんだろうけど、JIS規格にない電池を使うのはどうなんだろと思った。


Author : hidemaro
Date : 2019/08/19(Mon) 23:24
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools